【20代大手企業社員の実態①】外資系製薬会社MR N君 接待あり?激務?

UPDATE

大企業で活躍する20代の若手サラリーマンの実態をインタビューしてお伝えするシリーズ(予定)記事。第1回目は、誰もが一度は耳にしたことのある外資系製薬会社で働くN君。転職・就職活動のご参考にも。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

なかなか聞けない裏話

 

就職・転職を考えている人は特に気になる業界の裏話。

働き方とかお金の話、業界の雰囲気などなど。。

親しい先輩や知人が近くにいればいいけど、それでも聞きにくいことも多いもの。

 

就職サイトや説明会では綺麗事しか言わないし…

 

そんな悩みを抱えていた学生時代を思い出し、思い切って現場の若い社員にいろいろ聞いちゃおう!

 

ということで、

企業での働き方はもちろん、合コンやお金、普段の生活まで赤裸々に話してもらいましたよ!

※本文中の写真は企業とは関係ありません。

 

外資系製薬会社のN君

http://medicine-life.com

N君はDP運営者の古い友人でもあり、東京のそこそこ有名な大学を卒業後、製薬会社に就職。

MR(医薬情報担当者)として関東で勤務している。

 

以下、対談形式。 D=インタビュワー、N=N君。

 

D:どんな仕事をしてるの?

 

N:医師・薬剤師・看護師に自社の医薬品の特徴や副作用の情報提供とか、逆に使ってもらった時の患者さんの反応とかの情報収集だね。

簡単に言うと先生に「使ってください」って医薬品を売り込む事が多いかな。

 

D:なんでその仕事に?

 

N:基本的に安定している業界だし、今の会社も潰れる事はないって思ったのがきっかけ。

だいたいこの業界は経営破たんはなくて、買収されるか合併になるから。

景気の変動に左右されづらいのもあるね。景気悪いから病院行かないなんて人はいないでしょ?

あとは他の業界に比べて待遇がいい。給料も家賃補助も福利厚生も、他の業界に行った人に比べて全然優遇されてるなって感じることが多いよ。

そういう現実的な理由だね。

 

D:普段は車の運転が多いんだよね?

 

N:そうだね。毎日違う病院に出入りしてるから、スケジュールを立てて病院回りをするよ。オフィスには行かない事も全然あるね。

 

昔の「接待」、「激務」のイメージはまったくない

D:やっぱり製薬業界って聞くと接待が激しかったり、医院長の言いなりだったり、激務ってイメージがあるけどどう?

 

N:昔の印象でそういうイメージってあるよね!でもうちの会社の場合はそんなこと全然ないよ。

業界では「接待」って言葉自体がもう死語になってるし、急に呼び出されるなんてまったくない。

休みも取れるし、自分のペースで仕事も出来るから、人と話すのが嫌いでない限りはイメージより全然楽だと思う。

院長とデキてる女性MRがいたことは知ってるけど(笑)

 

D:(笑)やっぱり働き方はかなり自由なんだね。

 

N:訪問先のスケジュールも自分で決めるから、本当に自分次第。常に全力でこなし続けなきゃいけないような緊張感ではないかな。

 

D:帰宅時間は?

 

N:まちまちだけど、8時には家にいるかな。もっと早い時も全然あるよ。

 

20代でロレックス。待遇はやはり良かった

 

D:待遇とか、お金の面ではどう?

 

N:給料自体は特別高い訳じゃないけど、営業活動の日当がもらえて結構な額だし、家賃補助が大きいね。自由に使えるお金はかなり多いよ。

20代後半の平均年収の1.5倍以上はもらってるね。家賃補助は8~9割出るから、いいとこに住めてるし。

同年代でもロレックス新品で買う人も多いよ。営業所に高級外車で来る人も昔はいた(笑)

海外旅行とか車、ゴルフみたいなお金のかかる趣味の人が多いね。

 

D:なんとも羨ましい。。

 

この業界での転職・就職について

D:そいえば、今の会社は転職で入ったよね。

 

N:そう。地元で就職したんだけど、もっと給料を上げたかったし、関東圏で採用がある会社に転職した。

MR→MRの転職だよ。

 

D:MRの転職ってどうなの?

 

N:経験者が優遇される感じだね。最近は業界の体質も改善されてるから転職希望者も多いし、狭き門になってきてるみたい。

転職で入る場合は希望の勤務地に配属できないかも知れないね。特に未経験者は。しかも、一度配属されたらなかなか異動は少ないかも。

 

D:MRの資格がない人がいきなり製薬会社に入れるの?

 

N:それも結構少ないね。MRの派遣会社っていうのが結構あって、そこに一度就職して、コントラクトMR(派遣MR)として働く感じかな。

そこから派遣先企業の正社員になるパターンが多い。コントラクトMRは資格がなくても出来るし、勤務地は結構選べるよ。

 

メリットはやはり沢山

D:今の会社・製薬業界に入って感じたメリットは?

 

N:さっきも言ったけど、待遇がいいところかな。あとは自由に時間を使えるところ。でも新薬の勉強とかもしなくちゃいけないけどね。

考え方がグローバルだし、教育制度が豊富なのもいい。

長期休暇なんてすごく取りやすいよ。

あといいマンションに住める(笑)

 

D:勉強はしなくちゃいけないけど、あまりあるメリットはあるね。あとは車の運転が苦手・嫌いでも難しいね。病院回りだし。

 

学生時代はどんな感じだった?

 

D:学生時代はどう過ごしてた?

 

N:授業とバイトの繰り返しかな。単位はきちんと取ってたし、授業もちゃんと出てたよ。

飲み会とかはしょっちゅうで、飲んだくれてたけどね。勉強より飲んだ記憶しかない(笑)

 

D:知ってた(笑)

 

女性関係、社内の嫌な所まで!!

 

D:合コンとか、女性関係のモテ具合はどう?

 

N:MRっていう職業を知っている人は、お金を貰っているって知ってるし、結構遊べるね。

看護師とか薬剤師の合コンが結構あるよ。すぐ結婚する人と、全然結婚しない人に分かれて、遊び人のほうが多いね。

普段サラリーマンを接待してるコンパニオンの人なんかにも評判はいいよ。ただ遊び人なイメージを持ってる人もいる。

ゲスなキャバクラ遊びとか風俗が好きな人も結構いるよ。

 

D:会社の嫌な所は?

 

N:そんなにないけど、組織変更とか人の出入りが激しいね。
あとは高い給料をもらってダラダラしてる(できない)奴がいる。聞く話だけど内資系の製薬会社にはかなり多いらしい。

待遇がいいし、それに甘んじてる感じ。

 

将来について

 

D:これからの人生とかキャリアプラン、やりたいことは?

 

N:いい成績を残してもっといい会社にステップアップしたいっていう意欲があるよ!自由に使える時間で自分の好きなことを勉強して、会社に勤めなくてもいいような投資とか英語とかをもっと学びたい。いつかはサラリーマンを辞めて世界中を旅したいよ。

 

まとめ

製薬会社の好待遇、時間的な余裕、裁量の効く勤務実態が分かりました。

もちろん企業にもよるけど、もっとステップアップするための選択肢として、色んな可能性がある働き方だな、と感じましたね。

N君は遊びは大好きだけど、普段はやることもきっちりやる性格なのもいいんだろうなあ…

また、就職や転職の際は最初の勤務地が結構重要とのこと。

 

製薬業界のMR、あなたはいかがでしょうか?

SHARE THIS ARTICLE

RELATED POST

LATEST NEWS

2017.10.16

極寒フィッティングルームも! CANADA GOOSE日本初の旗艦店が千駄ヶ谷にオープン

2017.10.10

コムデギャルソン×コンバース 100周年を記念したChuck Taylorが発売予定

2017.10.06

【10/7発売】SUPREME×STONE ISLAND2017 コラボアイテム一覧

2017.10.05

2017年-18年最新! 最新&最注目のメンズスニーカー20選

2017.09.21

隈研吾がデザインした絶景カフェ「COEDA HOUSE」が熱海にオープン

2017.09.19

2017-18秋冬 ハイエンドブランドのメンズアウター23選