放送事故インタビュー 若手商社マンの実態とモテるのかどうかについて

UPDATE

大企業で活躍する20代の若手サラリーマンの実態をインタビュー形式でお伝えするシリーズ記事。第2回目は、誰もが耳にしたことのある超大手の商社マンに赤裸々インタビュー。表から裏まで突っ込んだ放送事故ギリギリ(アウト)のインタビューです!転職・就職活動のご参考にも。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

なかなか聞けない裏話

就職・転職を控える人は特に気になる業界の裏話。

年収や仕事の嫌なところ、会社の雰囲気、私生活などなど。

でも親しい友人・先輩じゃないとなかなか本音で色々と教えてはくれないもの。

就職サイトや説明会では聞けないことまでぶっちゃけ記事にしたい!

という事で、インタビューを敢行しました。

エリートならではのありえなすぎるエピソード満載。

※本文中の写真は本人・企業とは関係ありません。

 

大手総合商社U君

U君は現在20代後半。かの日本の最高学府を卒業後、大手商社に就職。都内で勤務している。

 

以下、対談形式。D=インタビュワー U=U君

 

D:こっちがインタビューをお願いしたのにご飯まで奢ってくれるとはさすが!稼いでるねー(笑)

普段はどんな仕事をしてるの?

 

U:商社って大きく分けて投資部隊と物流部隊があるんだけど、後者の方だね。毎日デスクに張り付いて市況商品の売買をしてるよ。

 

D:結構社内で業務することが多いんだ?営業にはあまり行かないの?

 

U:アポが入ったら行くけど、そんなに頻度は多くないかな。かなり歯車というか、ピースがかっちりはまったような決まりきった仕事だから、営業して売り上げ拡大を目指す、とかってのはないんだよね。忙しすぎて無駄な外出が出来ないっていうのもある(笑)

 

D:接待が辛いイメージがあるけど、どうなの?

 

U:接待は結構あるよ。これは人によるけど、俺は接待と社内の飲みで平日の夜はほとんど埋まってるね。

でも、頑張って盛り上げて一気飲みとか、カラオケで盛り上げてとかそんなのは全然ない。

仕事の情報収集とプライベートの話が中心で、フランクな会食って感じかな。2次会もあまり行かないし。

接待が辛い話は他でもあまり聞かないよ。

 

D:毎日飲むのはさすが体力あるなあ。勤務時間は毎日どんな感じ?

 

U:定時前の8時くらいに出社して、平均して退社は8時くらい。もっと早い日もあるけど、忙しいと終電も全然あるね。昼飯を買いに行く時間すらない日もあったな(笑)

 

D:やっぱり忙しいイメージはそのままだね。

 

U:総務とか管理部門は全然そんなじゃないよ。まったりやりたい人はそういう部署に配属されれば天国かも。給料も変わらないし。

 

大学時代と、入社のきっかけ

D:学生時代はバリバリスポーツもやってたし、学歴も最高だし、エリートだよねえ。今の会社以外の可能性はなかったの?

 

U:商社自体、新卒採用においては学歴主義だからね。他の大手企業もそうだとは思うけど。

学生時代は理系だったから、企業の研究開発部門か、大学に残ってアカデミックな分野を突き詰めていくっていう選択もあったよ。

ただ、前者は全然魅力を感じなかったし、大学で研究開発するには研究費がなかなか降りない現状がある。

あとは、本当に勉強オタクが毎日コツコツ研究し続けていたから、結構遊んでた自分には無理だと思った(笑)

 

文系就職の方が楽しいと思って、コンサルティングの大手を目指してたんだけど、縁がなくてね。マッキンゼーとかBCGとか。

商社に受かったからそっちに行ったって感じ。

 

就職時のイメージとはかい離があった

D:商社の特徴とか、働き甲斐についてはどう思う?特にスケールの大きな夢のある仕事、っていうのは新卒採用でも企業が強く押し出しているポイントだよね。

 

U:商社は言わば何でも屋さんで、色んな業界に潜りこんで、企業として手薄い所をカバーしながら仕事の手助けをしていくんだよね。ビジネスのインフラとも言うのかな。泥臭い、地味な仕事が多いよ(笑)。あとすごく細かい。

取引先はその業界のリーディングカンパニーであるはずなのに、よく相手から質問が来たりするんだよね。知恵袋のごとく気軽に問い合わせが来たりする。そっちがプロじゃないの?っていう(笑)

 

そういった意味では社内でも全然やっている事が違うから、最初の配属が結構重要かな。

 

D:縁の下の力持ちみたいな存在なんだね。

 

U:途上国に投資してインフラ整備したり、社会貢献度の高い仕事は多いけど、あくまで会社としてスケールの大きなことをしている、っていう事で、個人としてやりがいを持てるかは別問題。雑用みたいな細かい仕事が多いから。その点はイメージと違ったかも。

 

D:転職組も結構いるんだよね?どんな人?

 

U:転職はかなりのエリートか、専門分野に特化した人じゃないと難しいね。外資系金融から来る人が多いイメージ。プレイヤーとして日常業務に携わりたいっていう理由が多いらしいよ。あとうちの会社は子会社がかなり多いけど、そこから本社に配属される人も結構いるね。

転職で来た人の方が優秀な人は多いかも知れない。

 

組織の問題点や不満

 

D:今の会社に対する不満とか問題点とかは?

 

U:やっぱり、あくまで下請というか、縁の下の仕事なんだよね。

絶対に特定の業界でリーディングカンパニーにはなれないし、組織も硬直化しているから動きも良くない。チャレンジ精神がないっていうのかな。株主への説明もつかないしね。

自分の判断で出来る事、チャレンジ出来るタイミングってあまりないから、商社で夢を追いかけるのは難しいと思うよ。

 

あとこれは絶対載せて欲しいんだけど、「名刺にあぐらをかいた人間が多すぎる!」ってこと。

だって、たかが1年とか数か月の就職活動で今の会社に入っただけでさ、あたかも自分がサラリーマンの頂点で、カーストの最上位で、有能な人間だと思ってるんだよ(笑)

日本企業の中では年収も高い方だと思うけど、傍で見ていて特別優秀な人はそんなに多くないよ。

立ち回るのが上手で、実はなにもやっていないっていう人も多い。でも口だけは達者で、ワイドショーのコメンテーターみたい。

 

D:なんとなく想像がつくけど、そうなんだ(笑)

 

金と女

D:ちょっと固い話が続いたから、金と女について聞いてみようか(笑)まずお金だけど、結構もらってるよね?

 

U:20代後半で1千万超えるかな。俺もそのくらい。残業代も含めてね。好待遇だから辞める人も少ないよ。

 

D:やっぱり大手マスコミと広告代理店、商社は20代でも高給の代表格だね。

 

U:外資と比べたらそこまでだけどね。

 

D:その後の出世とか賃金の推移はどうなの?

 

U:管理職になると2千万円を超えてくるね。課長とか室長とかっていう肩書で。40代半ばくらいかなあ。

若いうちにドカンともらえて、そのあとはゆるやかに上昇していく感じ。でも海外赴任するとすごいよ。

 

D:商社の海外赴任ね。具体的には??

 

U:住宅費はほぼ全額出るし、その地域の最高級の住宅なんだよ。これは安全面を考慮してっていう側面もあるけど。

給料以上の住宅手当がついて、暖炉付きとかプール付きの家に住んでる人もいる。

 

D:海外赴任手当みたいなのは?

 

U:ニューヨークとかロンドンとか、大都市ではあまり。それより途上国のアフリカとかインドは手当が手厚いね。物価が安くていくらでも遊べるし、1年で1千万貯金も出来なくはないんじゃないかな。

 

D:現地で女の子を買ったり、ハプニングバーみたいなところに行く話は聞いたことあるけど。

 

U:もう、何でもやり放題だね(笑)。好きな人には天国だと思うよ。高給貰って性欲も発散し放題。東南アジア組は多いね。

 

商社はパーティーがスゴイ

D:女の子関連の話題はかなりありそうだから突っ込んでみよう。合コンはよくあるんだよね?

 

U:多いねー!引く手あまたでいくらでもできるよ。しかも女の子達もかなりユルユル。相当レベル高い子以外はみんな簡単にお持ち帰りしてるね。

 

D:やっぱり商社マンっていうエリート感とお金、人間的な魅力もあるのかな。

 

U:学歴がいいのもあるけど、やっぱりしっかりした人が多いからね。ダメな遊びをしている人も多いけど、根本的にはモテそうな要素が多いのかな。

自信満々だし。でも本当に気持ち悪いヤツでも好き放題遊んでるよ(笑)

 

D:やっぱりはじけたイケイケの人が多いんだね。

 

U:必ずしもそうではないかな。どこの会社もそうだと思うけど、根はまじめであまりはしゃがない人も多いよ。

 

D:パーティーの相手はどんな人が多いの?

 

U:銀行の窓口、大手企業の受付とか一般職、ナースが多いね。あとは電通とか、IT系の有名な会社ともよくやってる。

スッチーも結構多い。スッチーはお高くとまってるから固い雰囲気の飲み会が多いね。

 

D:スッチーって昔ほど幻想を抱かれるような職業じゃないと思うけど、どう?

 

U:うん。別にスッチーだからって特別可愛い訳でもないし、話が面白い訳でもないよ。

飛行機の上にいるだけでやってることは飲食店と変わらないし(笑)でもプライドの高さはちょくちょく見え隠れする。

 

社会人よりは女子大生の方がノリもいいし、人気があるね。遊ぶ分には。

まあ、やっぱり本当にいい女の子はなかなか合コンには来ないね。肩書に興味津々の人も多いしさ。

昔聞いた名言なんだけど、「一度ベンツに乗ったら軽自動車には乗れない」って、金持ちしか相手にしない女の子がいたね(笑)

 

D:あと印象に残ってるイベントとかエピソードは?

 

U:パーティが凄いんだよね。ハロウィンとかクリスマスみたいなさ。

六本木のパーティースペースとかを貸し切るんだけど、音楽をきちんと流す人もいて。

男が30人で、女の子が100人超えてたりとか(笑)みんな両脇に女の子を抱えてて、アソコをその場で慰めてもらったり、好き放題やってさ。

特に若い社員は元気だからすごいよね。超乱れてるよ。

 

D:すごいな(笑)そういう所に来るのも社会人の女の子?

 

U:イベントコンパニオンとかキャンギャルをしてる人が多いかも。チャラい社員がナンパしまくって集めてくるんだよね。あとは学生も多いかな。

よく顔を出す人と、怖くてもう2度と行かない、って人にわかれるね。

 

D:年に数回しかないイベントはみんな気合入れまくるわけね。さすがだわ。他にエピソードは?

 

U:バスツアーが一番すごいかも。そういうアダルトビデオあるじゃん?やりまくりバスツアーみたいな。あれも実際行われてるよ。

朝いち集合して、温泉街行きながらバスの中で始まって、着いたあともバスの外とか、宿の中とか、やり放題。

 

D:アレってビデオの中だけじゃなくて、実在する話なのか(笑)

 

U:ローション相撲とかね。そういうイベント好きでよく顔を出してる女の子もいるよ。

 

D:もちろん少数派ではあると思うけど、街ですれ違う人を見ながらいろいろ妄想しちゃうね(笑)

 

最後に

D:なかなか色々なネタが出てきたけど、書くのも大変だからこれくらいにして、最後に今後のキャリアとかライフプランはどうかな?

 

U:やっぱり商社マンは歯車だし、うまく回ることは出来るけど、回す側にはなれないんだよね。

もちろん出世とか今後の社会の流れもあると思うけど。大体先が見えていて面白くないね。

だから欠かさず勉強して、もっともっと広い世界に飛び立ちたいかな。「前途洋々」を座右の銘にして、現状に満足しないでやっていくよ!

 

 

エリートながら様々な不安や葛藤もあるU君。特定されそうなエピソードは省いたが、優秀さを物語る数々のエピソードに加えネタも豊富で経験豊富な男だ。

 

商社業界、いかがだろうか?

 

SHARE THIS ARTICLE

RELATED POST

LATEST NEWS

2017.10.16

極寒フィッティングルームも! CANADA GOOSE日本初の旗艦店が千駄ヶ谷にオープン

2017.10.10

コムデギャルソン×コンバース 100周年を記念したChuck Taylorが発売予定

2017.10.06

【10/7発売】SUPREME×STONE ISLAND2017 コラボアイテム一覧

2017.10.05

2017年-18年最新! 最新&最注目のメンズスニーカー20選

2017.09.21

隈研吾がデザインした絶景カフェ「COEDA HOUSE」が熱海にオープン

2017.09.19

2017-18秋冬 ハイエンドブランドのメンズアウター23選