維持費的には結局損!? 徹底解説クリーンディーゼル自動車のおすすめ人気モデル8選

2016.01.04(Mon)

ハイブリッドカーや電気自動車とともに最近人気の、燃費のいいクリーンディーゼル車。結局コストはほとんど変わらないですが、どのようなモデルがあるでしょうか??

スポンサーリンク

スポンサーリンク

 

ディーゼルエンジン車

燃費がいい、発進した瞬間の力強さがいい、と最近注目されているのがディーゼルエンジン車。

ハイブリッドや電気自動車より運転している感覚もあるし…というのが選ばれている理由でしょうか。

本記事ではまずディーゼルエンジン車の特徴と維持費などを比較しつつ、最近人気のモデルをチェックしていきたいと思います。

 

 

気になる燃費と維持費!その違いは?

8

ディーゼルエンジン車の特徴としてまず挙げられるのが、ガソリンやハイオクではなく安価な軽油であること、そして燃費性能がガソリン車より優れている点が挙げられます。

しかし、維持費が安いからお得、という訳ではありません。ディーゼルエンジンの車の方が車両価格が高いからです。

 

マツダCX-5を例に計算してみましょう。(※本文内の燃費はJC08モードのメーカー公表値です)

 

①ガソリンエンジン CX-5 20S

車両本体価格:2,446,200円

燃費:16.4km/ℓ

 

②ディーゼルエンジン CX-5 XD

車両本体価格:2,835,000円

燃費:18.4km/ℓ

 

月間1000キロ乗る場合

▪ガソリン代

①ガソリン車        6,707円

②ディーゼル車   5,163円

差額の1544円×12か月=年間18,528円ディーゼル車の方がお得

(リッターごとの単価はガソリン110円、軽油95円で計算)

 

▪エンジンオイル代(年間)

①ガソリン車 4,000円

②ディーゼル車 7,000円

差額の3,000円ディーゼル車の方が損

→オイルはディーラーで依頼した場合の平均です。

→PM(微粒子物質)を除去するフィルターが装着されているクリーンディーゼル車の場合、エンジンオイルが高くなります。

 

▪クリーンディーゼル補助金

ディーゼル車 車両本体価格が-120,000円(一括購入の場合)

※クリーンディーゼル車の場合自動車取得税と重量税が免除されるので、車両本体価格は実質ややお安くなります。

 

 

 

<車両本体価格の差>2,835,000円-2,446,200円=388,800円

<クリーンディーゼルの補助金分>388,800円-120,000円=268,800円

<年間維持費の差>18,528円-3,000円=15,528円

<何年乗ればガソリン車に追いつくか>268,800円÷15,528円=17.3年

 

 

つまり、マツダのCX-5に限った場合、ディーゼルエンジン車に乗る事でガソリン車の元を取る事はほぼ不可能です。

もちろんこれは年間の走行距離や車種によるのですが、ディーゼルエンジンかガソリンエンジンかで迷った場合、燃費性能だけで考えると結果的に損する場合が多いという事です。

 

 

気になる車種のガソリン・ディーゼル車を比較する場合は、「実際の乗り心地が好みかどうか」と、「ディーゼル・ガソリンで燃費性能にどれだけ差があるのか」、「ガソリン車とディーゼル車の車両価格の差」をチェックしてみましょう。2WDか4WDかでも結構違いがあります。

 

乗り心地に関してはディーゼルの車の方がパワフルかつ穏やか、しなやかなんて評価もあります。一方でエンジン音がうるさいなんて話もありますが、こちらも車種によりまちまちです。一般的には走り出しの加速はディーゼルの方が早く、エンジンを掛けてから一定のスピードに乗るまでがとてもスムーズです。

 

ちなみにオプションや装備は同じグレードならディーゼルでもガソリンでも変わりません。

 

クリーンディーゼル補助金の対象車種、補助金額はこちら

CEV

 

という事で、ここからはクリーンディーゼル車の人気&おすすめモデルをご紹介していきます。

 

 

マツダCX-3 XD

4

CX-5に比べて取り回しやすいサイジングのコンパクトSUV。ディーゼルエンジン特有の「ガラガラ音」を低減させた「ナチュラル・サウンド・スムーザー」が全車種に搭載されています。軽快な走りと燃費の良さも魅力的です。

価格面を重視するならCX-5よりCX-3の方がコストパフォーマンスの面ではよいと言えます。

 

価格:2,376,000円~

総排気量:1,498

燃費:23.0

公式サイト

 

 

 

マツダ アテンザ ワゴン XD

6

マツダ・アテンザはボディ上部の気流とフロア下の気流を最適にバランスさせるデザインを採用しています。これにより高速時の走行安定性、静粛性、燃費性能が増加しています。また、力強く走ることが出来るスポーツモードや無駄を抑えた運転が可能になるインテリジェント・ドライブ・マスター(i-DM)や減速エネルギー回生システム「i-ELOOP(アイ・イーループ)」など多彩な機能も搭載。

同様にセダンタイプもありますがワゴンではファミリーやレジャーシーンにも幅広く活用出来ます。

 

価格:¥3,175,200 ~

総排気量:2,188

燃費:19.6

公式サイト

 

 

 

ボルボ XC60 D4

7

スウェーデン発祥のプレミアムカーブランドVOLVO(ボルボ)。充実の室内空間と使い勝手の良さが人気のSUVタイプ。

特に安全機能が豊富で、交通の流れに合わせて加速・走行・減速・停止まで自動でコントロールする全車速追従機能付ACC、フロントビューカメラ、センサーによるハイビーム調整、パーク・アシスト、高性能ミリ波レーダーセンサーによる死角の障害物通知、LKA(レーン・キーピング・エイド)、衝突事故を防ぐフルオートブレーキなどを搭載。徹底的に歩行者とドライバーを守ります。

販売台数が多いのはワゴンタイプのV40です。

 

価格:¥5,390,000~

総排気量:1,968

燃費:18.6

公式サイト

 

 

 

BMW 320d&X3

17

BMW3シリーズの直列 4 気筒 BMW ツインパワー・ターボ・ディーゼル・エンジン搭載モデル。

力強い走りと滑らかな乗り心地が選ばれています。比較的リーズナブルな価格でハイクラス感も。

 

▼SUV好きならX3もパフォーマンスと価格、取り回しやすさのバランスが良好。

ディーゼルエンジン車

 

▪BMW 320d

価格:¥5,060,000~

総排気量:1,995

燃費:19.4

 

▪BMW X3 xDrive 20d

価格:¥6,140,000~

総排気量:1,995

燃費:18.6

公式サイト

 

 

 

BMW2シリーズ アクティブ&グランツアラー

27

BMWのアクティブ&ファミリー向けライン。BMWならではの高級感と圧倒的な燃費性能が特徴。

アクティブツアラーは5人乗り、グランツアラーは3列シートの7人乗り。ディーゼルとガソリンの価格差も小さく、コストパフォーマンスは最強クラスではないかと思います。

 

▪218d(アクティブツアラー)

価格:¥3,630,000~

総排気量:1,995

燃費:22.2

公式サイト

 

▪218d(グランツアラー)

価格:¥3,890,000~

総排気量:1,995

燃費:21.3

公式サイト

 

SHARE THIS ARTICLE

RELATED POST

LATEST NEWS

2017.04.25

ゴアテックスを使用した完全防水のコンバース チャックテイラー

2017.04.25

SUPREME × NIKE(シュプリーム×ナイキ) AIR MORE UPTEMPOがついにリリース

2017.04.24

GW~夏のデートや遊びで使える 東京おすすめカフェレストラン20選

2017.04.21

世界初の「透明なコーヒー」が発売開始

2017.04.21

リゾートビーチ×音楽×サンセット 「CORONA SUNSETS FESTIVAL 2017」

2017.04.21

KEEN UNEEKのmita sneakers別注2017年モデルが発売

POPULAR POST