【中身は最新】光岡自動車のレトロデザインカー

2015.06.10(Wed)

1968年創業の光岡自動車は、見た目は完全にレトロカーのハイブリッド車など、3車種の現行モデルを持つ個性的な自動車メーカーです。

スポンサーリンク

 

スポンサーリンク

光岡自動車とは

光岡自動車は1969年に新車・中古車販売の会社としてスタートした自動車メーカー。

BUBU(ブブ)という店舗名称で全国展開するに至り、1982年に「BUBUシャトル」を販売した事により本格的にカーシリーズの展開を開始。

現行の自動車メーカーとは一線を画すデザイン・コンセプトで車好きの中では知られた存在です。

 

「レトロカーのデザインは好きだけどインテリアやシステムが古いのはなあ」という方にグッと刺さる3車種が現行モデルとして販売されています。

 

 

流儀(リューギ)

クラシックな外装で高級感のある流儀。オリジナリティあふれるデザインながらハイブリッドモデルもあり、インテリアは最新のもの。

縦型のラジエーターグリルに円型ヘッドライトが実にレトロ。

中はこの通り最新型インテリア。もう少しレトロなデザインでもいいかも知れない。

 

全長 mm 4,510
全幅 mm 1,695
全高 mm 1,460

総排気量 L 1.496
最高出力
<ネット> kW[PS]/r.p.m. 80[109]/6,000

 

車両本体価格 ¥2,214,000~

 

 

ビュート

マーチをベースにしたレトロデザインのコンパクトセダン。

遊び心のある曲線的なデザインは街で注目されるに違いない。「その車どこのですか?」なんて知らない人から声を掛けられそう。

 

クラシカルな内装は雰囲気抜群。ウッドパネルの優しい表情が魅力的。

 

全長 mm 4,515
全幅 mm 1,680
全高 mm 1,550/1,560

総排気量 L 1.198

最高出力 kW(PS)/rpm 58(79)/6,000

 

車両本体価格 ¥2,278,800~

 

 

ヒミコ

伝統的なクラシックスポーツカーのデザインを見事に再現したのがヒミコ。流れるように美しいルックス、フルオープンで風を感じる様はとても優雅に見えるでしょう。大量生産の自動車メーカーではなしえない姿です。

 

 

 

内装、外装の組み合わせで481種類のカラーバリエーションが用意されています。

 

全長 mm 4,575
全幅 mm 1,725
全高 mm 1,270

総排気量 L 1.998

最高出力(ネット) kW<PS>/rpm 119<162>/6,700

 

車両本体価格 ¥4,914,000~

 

MITSUOKA GALLERY 麻布

http://www.hokkoku.co.jp

2015年春に新しいブランドコンセプトの発信として、麻布にギャラリーが開設されています。

自動車の展示販売のみならず、アート作品をはじめとする様々なコンテンツの展示を行っています。

 

6月からは アート写真を楽しむリアルスペース「IMA CONCEPT STORE」とのコラボレーション・アートフォト展を実施中。

開催期間 : 2015年6月1日 ~ 2015年7月31日

 

お近くに住んでいる方は個性豊かなクルマを見に訪れてみてはいかがだろうか。

 

東京都港区麻布台2丁目3-3

東京メトロ日比谷線「神谷町駅」より徒歩5分。

定休日:毎週火曜・第一水曜

営業時間10:00~19:00

 

出典・参照元:http://www.mitsuoka-motor.com/

 

SHARE THIS ARTICLE

RELATED POST

LATEST NEWS

2017.01.23

HTC EURO リバーシブル仕様のスカジャケット

2017.01.23

注目の高機能シューズ「adidas EQT」シリーズの新作一挙16モデルが1/26に発売!

2017.01.23

ロサンゼルスで販売中のアメリカで最も高額な約280億円の邸宅

2017.01.23

ジュンヤ・ワタナベ&サカイ 2ブランドがノースフェイスとコラボアウターを発表

2017.01.22

AMERICAN RAG CIE×WILD THINGS 撥水&ストレッチ素材の春仕様セットアップ

2017.01.20

「T2 トレインスポッティング」公開日が4月8日に決定、公式サイトもオープン!

RANKING