大注目のテスラ「モデル3」のインテリアデザインはこんな感じ

UPDATE

日本の自動車勢力図も一気に変わりそうな大本命がインテリアデザインを公開!

スポンサーリンク

スポンサーリンク

 

ランボルギーニやブガッティ、マクラーレンなどを凌ぐ0-100km/h加速 2.5秒を記録し、世界最速の加速力を持つ「モデルS」をリリースし、高級車界で革命を起こしたアメリカのテスラ・モーターズ。

 

このほどそのテスラ社からリリースされる初の大衆車、「Model 3(モデル3)」のインテリアデザインが公開されました。

 

 

コンパクトながら大人が5人乗車可能なModel 3(モデル3)は、1回の充電で約345 kmの航続距離が達成される見込み。100 km/hまでの加速は6秒以下で達成し、EV車ならではの加速力はこのモデルでも十分発揮される見込みです。

 

 

 

タッチスクリーンはモデルSの縦長型から、横長のタイプに変更。フロントガラスが大きく、視界はかなり良好そうです。もちろんEV車のためエンジンにあたる部分がなく、室内空間も広く、ボンネットも側もリアゲートも荷室になるでしょう。

 

価格は$35,000 USD(約390万円)からで、ここに米国からの輸送費が加算されます。しかしEVは補助金が出るので、実際の購入価格はこれより安くなるかも知れません。

 

現在アメリカでは30台が先行して納車され、日本では現在予約すると2018年に乗ることが出来るようになりそうです。

 

TAG

SHARE THIS ARTICLE

RELATED POST

LATEST NEWS

2017.08.17

HOUSE OF HOLLAND×UMBRO(ハウスオブホランド×アンブロ)コラボレーションアイテム

2017.08.16

YEEZYの新作「WAVE RUNNER 700」ほか新作アパレルなどが登場!

2017.08.15

サンゴと海、人類の危機に迫るドキュメンタリー「チェイシング・コーラル」

2017.08.15

クリア不可能と言われる伝説のクソゲー「たけしの挑戦状」のスマホ版が本日リリース

2017.08.15

【全ジャンルまとめ】 Supreme 2017秋冬コレクション展開商品&ルックブック

2017.08.11

鮮やかなカラーリングのNIKE AIR MAX WOVEN「PIXEL」