ゲーム内を実際に歩ける歩行型VRデバイス「Virtuix Omni」が国内発売!予約受付を開始

UPDATE

リアルなゲーム体験が加速。『Virtuix Omni』の予約受付が開始されました。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

 

まだまだ当分先だと思っていた「ゲーム内を実際に走ったり歩いたり出来るVR」が国内で正式に予約開始となりました。

ゲームとしてだけでなくダイエットや運動にもなりそうな近未来の体験は7月から9月にかけての出荷後に可能となります。

 

 

 

クラウドファンディングで莫大な予算を集めた「Virtuix Omni」

歩けるVRデバイス2

今回発売が決定した「Virtuix Omni」は、米Virtuix社製の歩行型VRデバイス。自分の足で実際にゲーム内を走ったり、歩いたり、かがんだりすることが可能なようで、CES2016でも非常に高い注目を浴び、クラウドファンディングでは開始数時間で目標額の15万ドルを達成しました。

 

 

▼バトルフィールドを実際にプレイする様子。

 

 

「Virtuix Omni」では機器の上を歩くために専用のシューズやトラッキングデバイス、転倒防止用のハーネスなどを装備。

歩けるVRデバイス3

 

歩けるVRデバイス4

360度全方位でプレイヤーの前進や後退・回転などの動作に対応しており、バーチャルリアリティ(VR)ヘッドマウントディスプレイ(HMD)「OculusRIFT」「HTC Vive」「Gear VR」等と組み合わせて使用することによって没入感のあるゲーム体験が楽しめる。

 

ヘッドマウントディスプレイは別途購入する必要があり、「Virtuix Omni」はあくまでプレイヤーの動きをゲーム内に反映させるシステムとなっています。

 

Virtuix Omni

 

代理店は株式会社ドゥモアが務め、予約受付が既に始まっています。

予約商品には本体、専用シューズ1足、トラッキングポッド、ハーネスが付属。7月末までに予約すると138,000円(内税)、通常価格は168,000円(内税)となっています。

 

 

⇒(6/29加筆) 株式会社ドゥモアは代理店契約を結んでいる訳ではないようです。送料込みでも公式サイトで購入すれば11万円程度のため、直接入手する方がよさそうです。

 

 

 

Virtuix Omni

予約受付開始:2016年6月27日
出荷開始予定:2016年7~9月(大幅に遅れる場合があります。)

販売方法:直営店「ドゥモア・ショップ」の完全予約制
対応デバイス Oculus Rift、HTC Vive、Gear VR、XBOXなどのワイヤレスコントローラ、パソコン
本体サイズ W140×L139×H89cm
本体重量:130kg
ユーザー対象身長、体重 142~195cm、130kgまで
ハーネスサイズ 小/中/大
小 ウエスト 60~73cm
中 ウエスト 76~94cm
大 ウエスト 97~112cm
シューズサイズ 21.95/22.78/23.5/24.4/25.4/26/27/27.9/28.6/29.4/30.2/31cm
接続方法 Bluetooth
機能 ゲーム、バーチャルリアリティ(VR)空間での360度全方位の歩行、走行、方向転換、かがみ、ジャンプなどの操作
セット内容 本体×1、専用シューズ×1足、トラッキングポッド×1セット、ハーネス×1
保証 90日保証(初期不良交換、無料修理、無料交換対応。保証期間終了後は有償。)

 

ドゥモア・ショップ

公式サイト(英語)

 

 

SHARE THIS ARTICLE

RELATED POST

LATEST NEWS

2017.07.20

BALMAIN×Beats(バルマン×ビーツ) コラボヘッドフォン&イヤフォン

2017.07.19

ユニクロ×J.W. アンダーソン 2017秋冬 メンズ&レディースアイテムが公開

2017.07.18

Comme des Garcons Homme Plus ×NIKE 2017秋冬 ダイナソーAF1が登場

2017.07.14

THE NORTH FACE × JUNYA WATANABE の17年秋冬コラボウェアが発売スタート

2017.07.13

スーツに合わせるNMD? 名門ヘンリー・プールとアディダスによるコラボモデルが登場

2017.07.13

リーボックのAlien Stomper(エイリアン スタンパー)に新色2カラーのセットが登場