メンズレザーダブルライダースおすすめブランドまとめ

UPDATE

リーズナブルからハイブランドまで、人気継続中のレザーライダースジャケットのおすすめブランドを一挙ご紹介していきます。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

 

一着欲しい、上質なレザーライダース。

同じダブルライダースでも、ジップを開けて着るとシングルのように見えたり、ネクタイやシャツが合いそうな仕立てのいいものだったりと、ブランドやデザインによって種類は様々。とっておきの一着を見つけてみては。

 

nano・universe(ナノ・ユニバース)

nano・universeライダース

毎シーズンリーズナブルな価格で大人気のナノ・ユニバースのレザーウェアシリーズ。シングルからダブル、ノーカラーまで様々なタイプが展開されます。

 

nano・universe Mens(ナノユニバースメンズ)のDOUBLE RACING JACKET(ライダースジャケット)|ブラック

肩と袖に配されたキルティングパッチにより、レザーが本来が持つ無骨な印象がより引き立ちつつ、タイトなサイズ感でハード過ぎない。今期は中綿に軽さと暖かさが特徴のINVISTA(インビスタ)社製Thermolite(サーモライト)を用い、インナーが薄着になっても優れた保温性を発揮する、嬉しい快適機能もあります。

 

ライダースの予算が3万円~5万円くらいなら、STUDIOUS、ナノ・ユニバース、ユナイテッドアローズ、エディフィス、HAREあたりで袖を通してみて比較検討したいですね。

 

 

参考価格:¥39,900
通販サイト
Amazonで探す

 

 

 

BLACK by VANQUISH(ブラック バイ ヴァンキッシュ)

BLACK by VANQUISHライダース

ブランド設立時より”BLACK”をテーマに掲げ、若者のファッションシーンを牽引してきたMURDER LICENSE(マーダーライセンス)がブランド10周年を機にBLACK by VANQUISH(ブラック バイ ヴァンキッシュ)と改め数多くのファッションアイテムを展開中。

 

BLACK by VANQUISH(ブラックバイヴァンキッシュ)のベジタブルゴートレザーダブルライダースジャケット(ライダースジャケット)|ネイビー

ベジタブルタンニン鞣しを施したゴートスキンで仕立てたダブルライダースジャケット。

ディティールがハード過ぎないのでファッションにも合わせやすく、手の届きやすい価格も魅力的です。

タイトなサイジングも今風で嬉しいですね。

 

参考価格:¥56,700

通販サイト

Amazonで探す

 

 

 

ZARA(ザラ)

ZARAライダース

スペイン発祥の世界的ファストファッションブランド・ZARA。

 

170

リアルレザーではない商品が多いため、細かい部分での質感では劣るものの、柔らかな着心地や価格面での安さを感じさせないクオリティはさすがの一言です。ベーシックに着こなせる余計なデザインがないのも嬉しい。

 

裏地がムートンになったものやスウェード製など、タイミングによって様々なレザージャケットが展開されます。基本的に売り切れたものは再生産をしないため、欲しいものが見つかったタイミングですぐに購入するのがオススメ。

 

参考価格:15,990 JPY

通販サイト

 

 

 

Magine(マージン)

Magine

洋服のシルエットと素材との調和が基本コンセプトの日本のファッションブランドMagine(マージン)。

ベーシックで合わせやすいデザインのウェアが揃い、日本人体型にも合うサイズ感でリリースすることで人気。

 

Magine(マージン)のSHEEP SEMI VEGITABLE LETHER W RIDERS:シープセミヴェジタブルレザー ダブルライダース(ライダースジャケット)|ブラック

上質なシープ皮革を職人により手作業で染め上げ、ベジタブルタンニングで鞣した、ライダースジャケット。

 

 

参考価格:¥61,560

通販サイト

 

 

 

GUILD PRIME(ギルド プライム)

GUILD PRIMEライダース

マッキントッシュフィロソフィーや過去バーバリーブラックレーベルなどを展開してきたアパレル企業「三陽商会」のオリジナルブランド。

 

 

タイトなシルエットで洗練された、メタリック感のあるライダース。深い色合いのブラウンのほか、ブラックもあります。

 

参考価格:¥79,920

通販サイト

 

 

DIESEL(ディーゼル)

DIESELライダース

ご存知日本国内にも数多くの店舗を持つ、イタリアのファッションブランドDIESEL(ディーゼル)。

ライダースはレザーものから得意のデニムを加工したタイプまで毎シーズン個性あふれる商品を展開しています。

 

DISELRIDERS

丹念に鞣されたレザーのハリ感が上質感を漂わせる印象のライダース。

やや袖が長いですが日本人にも着こなしやすいサイズ感の商品が揃っています。

 

参考価格:¥121,725

通販サイト

Amazonで探す

 

 

 

MR.OLIVE(ミスターオリーブ)

MR.OLIVEライダース

日本人に合うタイトなサイズ感とUSED加工のクオリティに定評のある国内ブランドMR.OLIVE(ミスターオリーブ)。

 

MR.OLIVE(ミスターオリーブ)のTWICE DYED COW LEATHER / VINTAGE CRAFT DOUBLE SPORTS RIDERS(ライダースジャケット)|詳細画像

Aランクの1mm厚の柔らかさを持ったカウハイドを使用。

なんといっても職人の手作業によるシェービング&オイル加工で、長年着込まれたユーズド感が再現されているのが素晴らしいです。
裏は中綿キルト仕様で保温性もしっかりあります。この価格帯では随一の完成度じゃないかと思います。

 

参考価格:¥99,360

通販サイト

 

 

BLUE WORK(ブルーワーク)

BLUE WORKライダース

ベーシックで大人らしい高級感のあるアイテムが揃うセレクトショップtomorrowlandのオリジナルブランドBLUE WORK(ブルーワーク)。

 

Edition MENS(エディションメンズ)のBLUE WORK カウシュリンク ライダースジャケット [CAFFE RACER](ライダースジャケット)|ブラック

キメが細かく引き締まった幾つもの染色や、加工をオリジナルで組み合わせた程よい艶と高級感のある細かいシボ感が絶妙です。
内側のキルティングにはオリジナルのチェックのブロード生地で、ブリティッシュスタイルがベース。

 

参考価格:¥102,600

通販サイト

 

 

schott×URBAN RESEARCH(ショット×アーバンリサーチ)

schott×URBAN RESEARCHライダース

1913年からその歴史が続き世界の革ジャケ史に大きな影響を与えてきたSchottと、セレクトショップ・アーバンリサーチの定番コラボレーションライン。

 

URBAN RESEARCH MENS(アーバンリサーチメンズ)のschott×URBAN RESEARCH 別注STAND RIDERS ONE STARS(ライダースジャケット)|ブラック
JAPANサイズに加え、インナーのキルティングを外す事でよりコンパクトな仕上がりになります。ハード過ぎない綺麗めな形も美しいですね。

Schottは様々なブランドとコラボレーションしているので、幾一通販サイトや公式サイトをチェックしてみてください。

 

参考価格:¥102,600

通販サイト

Amazonで探す

 

 

 

ROTAR(ローター)

ROTARライダース

モデル、俳優、ミュージシャンとしても活躍する大柴裕介氏がデザイナーを務めるドメスティックブランド。

モーターサイクル、スケートなどのカルチャーから影響を受けたウェアデザインに定評があり、男らしい武骨なデザインが多い。

 

ROTAR(ローター)のROTAR RIDERS GT (W)(ライダースジャケット)|グリーン

肩から袖にかけてのキルティング風のパッチが男らしい一着。素材から細部に至るまでこだわった確かなクオリティーと、日本人の体形に合わせ熟慮された国内生産のオリジナルシルエットで多くの支持を受けています。
カラーリングも絶妙で、バリエーションがいくつかあります。男くさいアメカジアイテムが豊富に揃うブランドで、レザージャケット以外のウェアも非常に魅力的です。

 

参考価格:¥100,440

通販サイト

 

SHARE THIS ARTICLE

RELATED POST

LATEST NEWS

2017.09.11

ヴェトモン×リーボックの新たなコラボシューズ「Genetically Modified Pump」が発売

2017.09.08

バレンシアガ注目の新型スニーカー、「トリプル S」がついに発売

2017.09.06

カラーアレンジ可能なVAPORMAXの日本限定モデル「TOKYO」が発売

2017.09.02

FOGの2017年秋冬コレクション「Monochromatic Essentials」が9月9日発売

2017.09.01

THE NORTH FACE×BEAMS 初のコラボレーションウェアが9月16日発売

2017.09.01

ポルシェ・カイエンが2度目のフルモデルチェンジ