【話題作はこれ!】レア&人気沸騰の最新スニーカー35足をご紹介!

2016.12.25(Sun)

今希少価値が高いのはどんなモデル?
SNS上での人気度やコラボレーションの意外性、ファッションにおける合わせやすさ、デザイン性などを踏まえ、話題になったスニーカー30足をピックアップ。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

 

Rihanna×PUMA(リアーナ×プーマ)クリーパー

rihannaxpuma

世界的な歌姫であるアメリカ人アーティスト、リアーナとプーマがコラボレーションを行ったモデルCREEPER(クリーパー)。

プーマを代表するベーシックな人気モデルであるSUEDE(スエード)のソールをぶ厚いオリジナルソールに変更し、オリジナリティあるカラーリングでアレンジしたものです。

写真は日本国内で5月に発売されたモデルで、これ以外のカラーリングや、素材がヴェルヴェットに変更されたモデルもあり。

アメリカではYEEZYを抑え2016年ベストスニーカーに認定されました。デザインがシンプルなので合わせやすく、希少性もそれほど高くないので、人と違ったスニーカーがほしい、なんて方はネット通販などで手に入れてみてはいかがでしょう。

 

 

 

Onitsuka Tiger×Publish(オニツカタイガー×パブリッシュ)

107

日本を代表するシューズメーカー、オニツカタイガーがカリフォルニアのカジュアルストリートブランド、パブリッシュブランドとコラボレーションを行ったモデル。

スウェード素材でブーツのようなルックスながら、軽量で耐久性に優れたスニーカーそのものの利便性も両立。大人っぽいデザインでスニーカーに抵抗感のある方でもさらっと着こなせそうです。

カラーはネイビー、カーキの2色。定価は¥14,000。中古市場にもなかなか出てこない入手しづらいスニーカーとなっています。

 

 

 

Onitsuka Tiger x ANDREA POMPILIO(オニツカタイガー×アンドレア・ポンピリオ)

オニツカタイガー×アンドレアポンピリオ

オニツカタイガーとミラノコレクションのブランド、アンドレア・ポンピリオのコラボレーションライン。

今シーズンで2回目となるコラボレーションのうち、コーディネートしやすい白黒のカラーリングのタイプをご紹介。

ソールが厚めでスタイリングしやすく、足長効果もあり。定価は¥18,360。

このコラボレーションは定番で毎シーズン展開されているので、人と被りにくいスニーカーをお探しならチェックしてみてはいかがでしょう。希少性はなく購入しやすいです。

 

 

 

 

Packer Shoes x atmos x BOUNTY HUNTER x Reebok(パッカーシューズ×アトモス×バウンティハンター×リーボック)

バウンティハンタースニーカー

人気シューズセレクトショップや日本のストリートブランドなど、4社が共同で企画したリーボック インスタ・ポンプフューリーの限定コラボモデル。

 

アッパーにはフルグレインレザーを使用し、ポンプと踵部分にはバウンティーハンターのロゴが施されたエクスクルーシブなアイテムです。ビニールトイも付属し、2016年4月29日より発売されました。

 

流通量がかなり少なく、入手困難なモデルとなっています。

 

 

 

 

SOLEBOX ADIDAS CONSORTIUM(ソールボックス×アディダス コンソーシアム) ウルトラブースト アンケージド

SOLEBOX ADIDAS CONSORTIUM ULTRA BOOST UNCAGED

アディダスでは世界各国の有力スニーカーショップなどとコラボレーションする企画“adidas Consortium Tour(アディダス コンソーシアム ツアー)”と呼ばれるものを行っています。これはその企画でリリースされたスニーカーの3作目。

 

ベルリンのスニーカーブティック「SOLEBOX」をパートナーに迎えたこちらのモデルは、スムースウールとスウェードを組み合わせたグレーのアッパーとレッドのソールのコントラストが特徴で、リリース時にちょうどウルトラブーストの人気が拡大していたこともあり、瞬く間に完売しました。

 

現在は定価(24,000円)の倍以上の価格で取引されています。希少価値はかなり高め。

 

 

 

Fear of God×VANS(フィア オブ ゴッド×ヴァンズ)

fogvans

昨今の人気である「ラグジュアリーストリート」と呼ばれるファッションの潮流において、2015年~2016年に一大ブームを巻き起こしたブランド「Fear of God(フィア オブ ゴッド)」とヴァンズがコラボレーション。

 

このフィアオブゴッドは定価約10万円のデニムに一時30万円以上の値が付くなど異常とも言える熱狂ぶりでした。当然そのブランドとヴァンズがコラボレーションしたともなれば、話題性は充分。ヴァンズの人気モデルである SK8-HIとEraが特別なカラーリングでリデザインされ、一時は10万円以上の価格に高騰。

 

現在でも入手しずらい状況が続きますが、あまりの人気ぶりに早々に偽物が出現。購入は要注意です。

 

 

 

 

VANS×NINTENDO COLLECTION(ヴァンズ×ニンテンドーコレクション)

VANS×NINTENDO COLLECTION

人気シューズブランドVANS(ヴァンズ)と任天堂の人気ゲーム「スーパーマリオ」がコラボレーション。

 

ファミリーコンピュータやマリオ、ピーチ姫、キノコなどをあしらったスリップオン、ローカット、ハイカットのスニーカーの他サンダルやバックパック、Tシャツなどもリリースしました。ソールの「GAME OVER!」もアクセントになっていて可愛らしいコラボ商品ですよね。定価はヴァンズらしく¥3,780~とお値打ち。

 

発売当時かなり話題になりましたがリアルにコーディネートしにくいのか、価格は高騰していなく手に入れやすい。

 

 

 

 

NIKE(ナイキ)エアプレスト・ウルトラフライニット

nike%ef%bc%88%e3%83%8a%e3%82%a4%e3%82%ad%ef%bc%89-air-presto-ultra-flyknit

2000年に登場したNIKEの軽量シューズ「エア プレスト」がその洗練されたデザインはそのままに、フィット感が高く柔らかなオリジナルのフライニット素材になってリリース。まさに「スニーカーとソックスの間のような」絶妙な履き心地がクセになる一着で、希少性とかは関係なく普通に使いやすいおすすめのスニーカーです。

 

発売当初は¥19,440だったものの、定価が¥11,664(税込)に改定され、さらに自分の好きなカラーリングにデザインできる「NIKE ID」に対応した事も後押しし、2016年最もメジャーになったスニーカーのひとつと言えるでしょう。希少性はなく普通に購入できますが、地方のスニーカーショップなどでは取り扱っていないお店も多いかもしれません。

 

 

 

 

adidas NMD × A BATHING APE(アディダス NMD×アベイシングエイプ)

%e3%82%a2%e3%83%99%e3%82%a4%e3%82%b7%e3%83%b3%e3%82%b0%e3%82%a8%e3%82%a4%e3%83%97

熱狂的なファンを持つストリートブランドのエイプらしい、ポップな迷彩柄が施された2016年11月発売の限定カラーのアディダス NMD。

シューズとともにトラックジャケット、ダウンジャケットも同時展開されました。

定価の倍ほどで取引されており、入手はやや難しいです。

 

 

 

 

adidas × mastermind Japanan(アディダス×マスターマインドジャパン)NMD XR1

アディダス・オリジナルスのブーストソールを搭載した人気モデル、NMDにドメスティックブランドのmastermind Japanan(マスターマインドジャパン)が別注をかけたブラック×ホワイトのクールな限定モデル。シュータン部分やシューレース脇にスカルマークが施されているのが特徴。根強いファンを持つマスターマインドのアイテムだけに定価28,000円に対し8万円前後の価格まで価値が高騰。

 

国内だけでなく海外でも話題となり、入手するのにそれなりのお金を積まなければいけないモデルとなりました。

同時にアディダスの「チュブラーインスティンクト」も別注デザインで発売されました。

 

 

 

 

 

 

NIKE(ナイキ) エアジョーダン 1 レトロハイ OG TOP3

air-jordan-1-high

多くの人を魅了するエア ジョーダン 1の人気カラー、「CHICAGO」、「BRED」、「ROYAL」のカラーウェイを集めて一足に集約したまさかのニューアイテム。左右非対称なカラーリングが目を惹き、発売前から大きな話題に。

 

価格 ¥17,280に対し3万円前後の価格で流通しているところです。エアジョーダン 1の復刻版はこのカラーリングに限らず、「ホワイト×レッド」、「ブラック×レッド」、「ブラック×ブルー」など多くの商品の価格が高騰しており全体を通して入手がやや難しいです。

 

 

 

 

 

Orphe(オルフェ)

orufe

発表と同時にファッション界のみならず様々なメディアで話題となった、ソール部分にコントロール可能なLEDが内蔵されているスマートフットウェア。

約100個の個別制御可能なフルカラーLEDを搭載し、足の動きを感知する9軸センサー、Bluetoothモジュールが内蔵。

スマートフォンアプリを使用し自分好みに光り方や音を調整出来たり、アニメーションを変化させることが可能です。

バッテリーはmicro USBケーブルによる充電式。定価は44,712円。こちらは希少性というより、発売時数々のメディアで取り上げられ話題となりました。

 

オルフェ2

 

 

 

 

以上30足をご紹介しました。今後も注目のニューモデル発売時には記事を更新していきます。それでは!

 

SHARE THIS ARTICLE

RELATED POST

LATEST NEWS

2017.05.23

ブラッド・ピット主演のネットフリックス独占映画「ウォーマシーン」が公開

2017.05.21

adidas by Raf Simons 2017年秋冬スニーカーのプレオーダーが開始

2017.05.18

ジャスティン・ビーバーの2017年度版ライブグッズが公開

2017.05.17

クールビズからアウトドアまで。 これからの季節に最適なポロシャツが登場!

2017.05.17

【5月20日発売】シュプリーム×ギャルソン×ナイキ コラボ「AIR FORCE1」

2017.05.16

MHL別注のコンバース・オールスターが発売

POPULAR POST