【インナーにも工夫を】ダウンジャケット&ダウンベストのメンズコーディネート案

UPDATE

ダウンジャケットのコーディネート案をファッションブランドのルックブック、海外スナップ、wearなどからピックアップしました。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

 

冬のワードローブ定番のダウンジャケットをオシャレに着こなすスナップ&ルックブックなどを厳選紹介。

羽織って終わりになりがちなダウンジャケットも、コーディネートテクニックひとつで洗練されたワンランク上の着こなしに。

タイトなデニムとカットソーを合わせて終わりなコーディネートだけでなく、様々なインナーを組み合わせたスタイリングや、ダウンベストの着こなしも掲載しています。

 

 

スウェット、インナーダウンを合わせたスポーティーなスタイル

スリムなシルエットのスウェットやジョガーパンツを合わせると、冬場のちょっとした外出にも楽チンなスポーティーな着こなしに。インナーダウンをパンツと同系色でまとめてセットアップ風にし、同系色のダウンコートでグラデーションをつけた洗練されたスタイルです。

%e3%83%80%e3%82%a6%e3%83%b3%e3%82%b8%e3%83%a3%e3%82%b1%e3%83%83%e3%83%88%e3%83%a1%e3%83%b3%e3%82%ba%e7%9d%80%e3%81%93%e3%81%aa%e3%81%97%ef%bc%94

kithnyc

 

 

インナーダウンを取り入れたコンサバティブな着こなし

秋冬らしいツイードやウールのジャケットのインナーに薄手のダウンジャケットをイン。グレーと相性のいいブルーのシャツで爽やかにまとめたスタイルです。スニーカーだと外しすぎ感があるので、シックな革靴をチョイス。

%e3%83%80%e3%82%a6%e3%83%b3%e3%82%b8%e3%83%a3%e3%82%b1%e3%83%83%e3%83%88%e3%83%a1%e3%83%b3%e3%82%ba%e7%9d%80%e3%81%93%e3%81%aa%e3%81%977

pinterest.com

 

 

インでもアウトでも着こなせるカラーレスのダウンジャケット

最近多いノーカラーのカーディガン風ダウンジャケットを使ったスタイル。全体をモノトーンでまとめ、インナーのホワイトをアクセントに。

%e3%83%80%e3%82%a6%e3%83%b3%e3%82%b8%e3%83%a3%e3%82%b1%e3%83%83%e3%83%88%e3%83%a1%e3%83%b3%e3%82%ba%e7%9d%80%e3%81%93%e3%81%aa%e3%81%9718

style.notsplit.jp

 

 

ベーシックなブルーデニムと合わせる

ベーシックなスタイリングの場合、サイジングが命。デニム、ダウンジャケットともにタイトフィットのものを選ぶと、「適当に組み合わせた感」がなくなります。

%e3%83%80%e3%82%a6%e3%83%b3%e3%82%b8%e3%83%a3%e3%82%b1%e3%83%83%e3%83%88%e3%83%a1%e3%83%b3%e3%82%ba%e7%9d%80%e3%81%93%e3%81%aa%e3%81%9722

store.nanouniverse

 

 

大人の男性に似合うダウンコート

人気ブランド「HERNO(ヘルノ)」のダウンコートを使った着こなし。ベージュやカーキのカラーリングを取り入れると大人っぽく、落ち着いた男性を印象付けられます。面積の大きいダウンコートはシューズの色味を合わせることで全体でスッキリとまとまった印象になります。

%e3%83%80%e3%82%a6%e3%83%b3%e3%82%b8%e3%83%a3%e3%82%b1%e3%83%83%e3%83%88%e3%83%a1%e3%83%b3%e3%82%ba%e7%9d%80%e3%81%93%e3%81%aa%e3%81%9716

www.tokyolife.co.jp

 

 

小顔男子にオススメのAライン

男性でも真似できそうなレディースのダウンジャケットコーデ。スポーティーで丈の短いダウンに、ゆったりとしたボトムとややボリュームのあるスニーカーを合わせた。だらしなく見えないよう、パンツの色味を濃いめにして引き締めるのが鉄則。

%e3%83%80%e3%82%a6%e3%83%b3%e3%82%b8%e3%83%a3%e3%82%b1%e3%83%83%e3%83%88%e3%83%a1%e3%83%b3%e3%82%ba%e7%9d%80%e3%81%93%e3%81%aa%e3%81%9733

ukblackpride.org.uk

 

 

スウェットパンツ&スニーカーを合わせたラフなスタイル

ナイキのスニーカーやスウェットパンツなど、下半身はスポーティー、上半身はハイネックニットで上品さを取り入れたスポーツ&きれいめの中間スタイル。こちらもスウェットパンツはなるべく細身のものを。

%e3%83%80%e3%82%a6%e3%83%b3%e3%82%b8%e3%83%a3%e3%82%b1%e3%83%83%e3%83%88%e3%83%a1%e3%83%b3%e3%82%ba%e7%9d%80%e3%81%93%e3%81%aa%e3%81%9734

wear

 

 

ローファーやスラックスを合わせた大人の休日スタイル

デニムやスウェットほどカジュアルになりすぎず、スーツのようにカッチリしすぎない、9分丈のスラックスとローファーを組み合わせたコーディネート。厚手のソックスを合わせて足元からの防寒対策も抜かりなく。

%e3%83%80%e3%82%a6%e3%83%b3%e3%82%b8%e3%83%a3%e3%82%b1%e3%83%83%e3%83%88%e3%83%a1%e3%83%b3%e3%82%ba%e7%9d%80%e3%81%93%e3%81%aa%e3%81%9737

acoustics

 

 

ダウンベストを取り入れた2種類のコーディネート

セットアップ、スタジャンとそれぞれ特徴の違うウェアにダウンベストを合わせたコーディネート。暗い色をチョイスしがちなダウンジャケットの配色のご参考に。ジャケットのインナーはヘンリーネックやノーカラーシャツの方が今っぽい着こなし。

%e3%83%80%e3%82%a6%e3%83%b3%e3%82%b8%e3%83%a3%e3%82%b1%e3%83%83%e3%83%88%e3%83%a1%e3%83%b3%e3%82%ba%e7%9d%80%e3%81%93%e3%81%aa%e3%81%9717

Rocky Mountain Featherbed

 

 

ロングジャケット+インナーダウンスタイル

暖かみのあるツイードや厚手のウールとダウン素材は相性抜群。ダウンならではのスポーティーなツヤ感がキメキメになりすぎず、程よいカジュアル感をもたらしてくれます。地域や生活スタイルによってはこれで冬も越せそう。

%e3%83%80%e3%82%a6%e3%83%b3%e3%82%b8%e3%83%a3%e3%82%b1%e3%83%83%e3%83%88%e3%83%a1%e3%83%b3%e3%82%ba%e7%9d%80%e3%81%93%e3%81%aa%e3%81%978

theidleman

 

 

スポーティーなダウンブルゾンを羽織ったスタイル

テーラードジャケット+ダウンジャケットを組み合わせたスタイル。フード付きのダウンだとゴワゴワしてしまうところを、襟が高めで丈の短いスポーティーなダウンジャケットでカジュアルダウン。ニット帽とマフラーの色合わせも効いてます。

%e3%83%80%e3%82%a6%e3%83%b3%e3%82%b8%e3%83%a3%e3%82%b1%e3%83%83%e3%83%88%e3%83%a1%e3%83%b3%e3%82%ba%e7%9d%80%e3%81%93%e3%81%aa%e3%81%9712

notey.com

 

 

インナーダウンでカラーアクセントをつけたスタイル

ブローグシューズや濃い目のデニム、アダルトな印象のチェックジャケットなど、ともすれば老けて見えてしまいそうな組み合わせに、バーガンディのダウンジャケットをコーディネート。シューズはもう少し濃いブラウンの方がフィットするでしょう。

%e3%83%80%e3%82%a6%e3%83%b3%e3%82%b8%e3%83%a3%e3%82%b1%e3%83%83%e3%83%88%e3%83%a1%e3%83%b3%e3%82%ba%e7%9d%80%e3%81%93%e3%81%aa%e3%81%9721

fashionbeans

 

 

ユニクロのダウンでも真似できそうなスポーツ&モードスタイル

素材や色の切り返しがない、スポーティーでモダンなデザインのダウンジャケットに、スキニーデニムやドクターマーチンなどを合わせたユースなコーディネート。シューレースのホワイトがアクセントに。

%e3%83%80%e3%82%a6%e3%83%b3%e3%82%b8%e3%83%a3%e3%82%b1%e3%83%83%e3%83%88%e3%83%a1%e3%83%b3%e3%82%ba%e7%9d%80%e3%81%93%e3%81%aa%e3%81%9714

lookbook.nu

 

 

オールブラックでまとめたダウンジャケットスタイル

ダウンジャケットからインナー、キャップに至るまで最近人気のオールブラックでまとめた着こなし。ソックスとスニーカーのソールのみホワイトを使い、重すぎない印象に。

%e3%83%80%e3%82%a6%e3%83%b3%e3%82%b8%e3%83%a3%e3%82%b1%e3%83%83%e3%83%88%e3%83%a1%e3%83%b3%e3%82%ba%e7%9d%80%e3%81%93%e3%81%aa%e3%81%9715

lookbook.nu

 

 

ブレザー型ダウンを使ったスマートな冬のスーツスタイル

最近各ファッションブランドから豊富にリリースされている、「ブレザー型ダウン」を使った着こなし。アウターとして羽織ることでインナーのスーツがまるでカーディガンのように見えるから不思議。スーツとの色合わせを考えつつ、冬のスーツスタイルに遊び心ある着こなしを取り入れてみては。

%e3%83%80%e3%82%a6%e3%83%b3%e3%82%b8%e3%83%a3%e3%82%b1%e3%83%83%e3%83%88%e3%83%a1%e3%83%b3%e3%82%ba%e7%9d%80%e3%81%93%e3%81%aa%e3%81%9732

Lubiam

 

 

カーキのダウンコートを使った、落ち着いた大人のコーディネート

ベージュ、オレンジなど、カーキと相性のいいカラーリングでまとめたカラーバランスの参考になるコーディネート案。アースカラーを使ったコーディネートなので全体でメリハリを出すのが難しいところを、チェックシャツで首元にアクセントをつけたり、レザーブーツで足元を引き締めることで解決。

%e3%83%80%e3%82%a6%e3%83%b3%e3%82%b8%e3%83%a3%e3%82%b1%e3%83%83%e3%83%88%e3%83%a1%e3%83%b3%e3%82%ba%e7%9d%80%e3%81%93%e3%81%aa%e3%81%9741

beams

 

 

迷彩ダウンジャケットを使ったコーディネート

カナダーグースやノースフェイスといったダウンジャケットの定番ブランドでも人気の迷彩柄をコーディネートしたスナップ。ブルージーンズとのコーディネートならアメカジっぽく、グレーのジョガーパンツやスタン・スミスを合わせれば最近の着こなしっぽいスポーティーカジュアルに。

BEAMS

 

 

ネイビーのダウンジャケット+グレーのパンツ

ネイビーと相性のいいグレーのパンツを合わせたダウンジャケットのコーディネート。インナーは足元のスニーカーに合わせてホワイトのニットや、スラックスに合わせてグレーのジャケットを羽織り、脱いだらセットアップ、というのもオシャレです。

EDIFICE

 

 

SHARE THIS ARTICLE

RELATED POST

LATEST NEWS

2017.06.26

【2017年最新】 夏にオススメのチルアウト・ハウスミュージック80選

2017.06.22

国内セール前に要チェック! 海外最大手通販サイト「MR POTER」でセールスタート

2017.06.21

John Elliott x NikeLab(ジョン エリオット×ナイキラボ) 2カラーのVandal High

2017.06.19

アディダスがミニマルなジャーマントレーナー「BW ARMY」を発売

2017.06.19

国内最大のVR体験施設「VR ZONE SHINJUKU」が歌舞伎町にオープン

2017.06.19

80年代の「パッチンブレス」を復刻したBALENCIAGAのブレスレット

POPULAR POST