アパレルショップに行く前に確認したいファッション用語

UPDATE

今さら聞けないファッション用語について基本的な部分をおさらいしておきましょう。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

お店で使えるファッション用語

お店で最低限耳にするようなものだけチョイスしました。

 

基礎用語

・アウター

コートやジャケット、ダウンなど、羽織りもの系全般を指す

 

・トップス、インナー

Tシャツやシャツ、パーカーなどアウターの下に着るもの

 

・パンツ

下着のパンツではなく、ズボンのことを指すことが多い

 

・ボトムス

ズボンのこと

 

・セットアップ

アウターとボトムを個別に組み合わせられる形式で売っているスーツ。

もしくは別売りだがセットのようになっている洋服全般のこと

 

・ワードロープ

洋服を入れるクローゼット。手持ちのファッションアイテムを指す場合も。

 

・homme

男性、メンズのこと。

 

シルエット

・Aライン

「A」の文字の通り、上半分を細く、下半分をゆったりめにした洋服、着こなし

 

・Iライン

「I」の文字の通り、上から下まで細身でスッキリした服、着こなし方

 

・Vライン

「V」の文字通り、上半身をゆったりさせ下半身を細くする難しい着こなし方

 

・スキニー

肌に張り付くような細身のこと

 

・テーパード

主にパンツを指し、腰回りはゆったりして、裾に向かって細くなっていくこと

 

・クロップド

7分丈や8分丈など短い丈のこと

 

・バギー

極端に太いシルエット

 

アイテム名

・ジレ

ベストのこと

 

・バミューダ

膝丈の短パン

 

・なめし革

腐らないように加工された革。タンニン、クロスなどどの素材でなめしたかで見た目や手触りが変わってくる。

 

・パテント

エナメルのこと。光沢と耐久性がある

 

・ボウタイ

蝶ネクタイのこと

 

テイスト(雰囲気)

・マリン

水兵服から着想を得たようなスタイル

 

・ノームコア

2014年NYを発祥に流行しているスタイル。究極の普通(ノーマル+コア)という意味です。

最近のスウェットや無地の服の多さもこのトレンドです。

 

・モカシン

革一枚の紐や留め具がないもの

 

・スリッポン

紐や留め具がない足をすべり込ませて履く靴の総称

 

・ラバーソール

ゴムの靴底

 

・ウイングチップ

靴先をW型に切り替え、装飾を施したもの

 

サイズ表記

・トップス

※右にいくほど大きいサイズになります。

XS<S<M<L<XL<XXL

34<36<38<40

42<44<46<48<50

同じショップ内でもサイズ表記が異なる場合が多く、試着するのが一番です。

 

・シューズ

基準のサイズを25.5とすると、

フランス製の靴は41

アメリカは8

イギリスは7

となります。数字が増えるほどサイズが大きくなるのはどこも同じです。

アメリカサイズとイギリスサイズを間違えると履けない場合があるので注意が必要です。

 

SHARE THIS ARTICLE

RELATED POST

LATEST NEWS

2017.10.16

極寒フィッティングルームも! CANADA GOOSE日本初の旗艦店が千駄ヶ谷にオープン

2017.10.10

コムデギャルソン×コンバース 100周年を記念したChuck Taylorが発売予定

2017.10.06

【10/7発売】SUPREME×STONE ISLAND2017 コラボアイテム一覧

2017.10.05

2017年-18年最新! 最新&最注目のメンズスニーカー20選

2017.09.21

隈研吾がデザインした絶景カフェ「COEDA HOUSE」が熱海にオープン

2017.09.19

2017-18秋冬 ハイエンドブランドのメンズアウター23選