ハイブランド程高くはないけど質のいい革財布ブランドまとめ

UPDATE

大人の男性に人気のベーシックなデザインの質のいい革財布ブランドを集めました。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

 

比較的リーズナブルな価格で購入できる、ハイクオリティな財布ブランドをピックアップ!

ルイ・ヴィトン、ベルルッティやエルメスなど、ハイブランドの財布は一度は手に入れてみたいものの一つ。

ただ価格が非常に高かったり、ブランド物の財布そのものに抵抗がある方もいますよね。

 

本記事ではブランドネームが話題になることは少ないながら、革の質や製法などに強いこだわりを持っていたり、独自のデザインが他にはない魅力を持つ財布ブランドなどをご紹介していきます。主張しすぎないけどさりげなくいい財布を持ちたい、そんな方はぜひチェックしてみてください。

 

 

L’arcobaleno(ラルコ バレーノ)

イタリア内で高級ブランドの革製品の生産も手掛ける名門ファクトリーブランドのオリジナルライン。

クオリティーを保つため革の調達から加工、縫製まで全工程を自社で生産し、高品質ながらハイブランドにはないファクトリーブランドならではの価格を実現しています。

 

http://emme.jp/

 

ビームスやシップス、トゥモローランド、バーニーズニューヨークなど国内有力セレクトショップの取り扱いも多く、別注モデルなどもリリースしています。キメ細やかな革と独自の色使い、カードホルダー部分の独特の窪みなどがデザイン的特徴。

コンパクトでマチが薄めのスッキリした財布が多く、通常の財布だと嵩張って嫌だ、という方にもおすすめです。

 

通販サイト

 

 

 

 

Felisi(フェリージ)

1973年にイタリアで設立された鞄およびレザーグッズのブランド。伝統的なデザインを用いながら、細部に現代的で洗練された要素を取り込み、特にビジネスマンを中心に人気の高いブランド。

丹念に鞣された艶のあるレザーが高級感抜群で、特にリザード革やクロコ革のテイストを取り入れた型押しレザーの商品が人気。

 

 

余計なデザインアクセントがなく、あくまでシンプルなデザインに徹している点も魅力的です。ハイブランドにも劣らないクオリティの高さ。阪急、伊勢丹、三越などの百貨店や、ユナイテッドアローズ、エディションと言ったセレクトショップの定番商品。

 

301

 

 

通販サイト

 

 

 

 

 

PELLE MORBIDA(ペッレ モルビダ)

http://shopping.c.yimg.jp

ベーシックなデザインと耐久性のある革素材で作ったカバンやクラッチバッグなどが人気の日本のレザーグッズブランド。

やや丸みを帯びた上品なデザインや、鞄の中でかさばらない薄マチの作りなどがビジネスマンを中心に支持されています。

 

 

長財布も2万円台で手に入るので、カバンやバッグと共にコーディネートしてみるのもいいですね。すべての商品がジャパンメイド。

 

 

 

通販サイト

 

 

 

 

GANZO(ガンゾ)

「オンラインストア最高級の革製品」をコンセプトに、日本人の職人が世界中から仕入れた最高級素材を使ってハンドメイドで作る革製品ブランド。その人気から現在では表参道や六本木など、高級ブランド店が並ぶエリアに直営店を展開するまでに成長。

 

22

 

高級革靴にも使われるホーウィン社のシェルコードバンレザーや、重厚なJ&Eセジュイック社のブライドルレザーなどを使用。

特に表面に蝋を塗ることで質感や革の耐久性を高めたブライドルレザーの財布は使い込むほどに表面の白い粉が取れていき、独特の艶のある革へと変化していきます。革の成長過程も楽しめ、より愛着が増していきそうですね。

 

 

公式サイト

 

 

 

 

FARO (ファーロ)

日本人の企画により日本の革職人が手作りで製作する、財布を中心とした革製品ブランド。

革そのものの質とともに縫製・加工技術が素晴らしく、ディティールを細かくチェックしても全くスキのない完璧なモノ作りが評価されています。

 

 

目利きバイヤーの多い阪急などの百貨店や世界的セレクトショップ・バーニーズニューヨークなどでも取り扱われ、そのコストパフォーマンスの高さは折り紙付き。リーズナブルな財布のほかにかなり珍しい象革の財布や、クロコダイルレザーを使った高価格帯の商品も取り扱っています。

 

薄マチの財布が多く、モデルによっては小銭入れがないものや、容量が少ないものもあり、小銭入れを別に用意したり、クレジットカード中心の買い物スタイルの方に特にオススメ。

 

通販サイト

 

 

 

 

WILDSWANS(ワイルドスワンズ)

国内ブランド向けに商品製作を行ってきた日本の革工房が展開するオリジナルブランド。

ステッチやコバ(革の側面)の処理など細かな部分まで丹念に作業し、製品としてのクオリティの高さが革マニアを唸らせることで人気ブランドに。

イタリア、アメリカ、ベルギーなど、財布に使う革素材によってそれぞれ最高の産地から仕入れた牛や馬、エイ、ワニなどの革を使った多彩な財布を展開しています。

 

http://www.imperials09.com

 

革そのものの質の良さはもちろん、耐久性が高く、長く愛用できることも評価されています。通常展開されている商品のほか、パターンオーダーをする事も可能です。

 

26

 

 

公式サイト

 

 

 

 

IL BISONTE(イル ビゾンテ)

グッチ、サルバトーレ・フェラガモなどの発祥の地でもある革製品の加工で有名なイタリアのフィレンツェで創業した革製品ブランド。

丹念に鞣された柔らかく味のあるレザーに、バッファローの型押しが施された財布やバッグで有名。

 

 

購入時からシワ感やユーズド感があり、しっとりと手に馴染む感覚があります。日本各地に直営店があるほか、有名百貨店やセレクトショップ、雑貨店などでも展開される商品ラインナップは価格が抑えめかつ、ハイクオリティです。

 

 

通販サイト

 

 

 

 

 

LAST CROPS(ラストクロップス)

このページでもすでに紹介しているWILDSWANS(ワイルドスワンズ)の立ち上げ人のひとり、鴻野氏が設立した革財布ブランド。

肉厚で質のいい革はベルギー産が中心で、縫製はミシンによる手作業で行い、一度糸を通さずに穴を空けてから再度ミシンで糸を通す「空打ち」という非常に技術力が要求され手間のかかる作業を経ているため、糸がなかなかほつれない耐久性などを獲得しています。

 

http://img05.shop-pro.jp

 

写真左のような「無染色」の財布がある事も特徴。有名雑誌「BIGIN(ビギン)」で取り扱われてから人気がさらに拡大し、コアなファンを拡大し続けています。

 

公式サイト

 

 

 

REN(レン)

優しげな革の風合いと、長年使いこんだような味わいのあるレザーを購入時から楽しめる、東京・蔵前を拠点とするバッグ及び財布ブランド。

 

ベーシックでナチュラルな雰囲気のある財布はほとんどが2万円台で展開されていて、価格面でもリーズナブル。カードホルダーや小銭入れの容量も多く、使い勝手の良さも支持されています。

 

 

通販サイト

 

 

 

 

Wallet COMME des GARCONS(ウォレット コムデギャルソン)

日本を代表するデザイナーズブランド、コムデギャルソンの革小物をリリースする専門ライン。

ポップなカラーリングやシャイニーなガラスレザーなどのカラーリング、独創的なエンボス加工など、コムデギャルソンらしい独特のデザインが特徴です。ベーシックなものより人と差を付けたい、という方におすすめ。

 

使い勝手のよいラウンドジップウォレットが特に人気商品。財布は2万円台~5万円前後の価格帯です。

 

通販サイト

 

 

 

Whitehouse Cox(ホワイトハウスコックス)

1875年に創業された伝統的なイギリスの財布ブランド。耐久性が高くヨレにくい、イングリッシュブライドルレザーを使った財布コレクションが有名です。蝋を表面にコーティングした「ブライドルレザー」のシリーズも豊富に展開。

 

 

財布の表側と内側で革の色を分けている商品が多いのも特徴のひとつ。百貨店やユナイテッドアローズを中心とした有名セレクトショップの定番商品。

 

通販サイト

 

SHARE THIS ARTICLE

RELATED POST

LATEST NEWS

2017.10.16

極寒フィッティングルームも! CANADA GOOSE日本初の旗艦店が千駄ヶ谷にオープン

2017.10.10

コムデギャルソン×コンバース 100周年を記念したChuck Taylorが発売予定

2017.10.06

【10/7発売】SUPREME×STONE ISLAND2017 コラボアイテム一覧

2017.10.05

2017年-18年最新! 最新&最注目のメンズスニーカー20選

2017.09.21

隈研吾がデザインした絶景カフェ「COEDA HOUSE」が熱海にオープン

2017.09.19

2017-18秋冬 ハイエンドブランドのメンズアウター23選