リーズナブルでオシャレな定番メンズブーツブランド15選

UPDATE

リーズナブルで合わせやすく、デザイン性に優れた「コストパフォーマンスの高い」ブーツブランドをご紹介していきます。多くの商品が定番として認識されているのでコーディネートの参考例も多めに見つかりますよ。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

 

秋冬のファッションアイテムの定番と言えばブーツですが、スニーカーに比べて価格は高くなりがち。そこで、ブーツ初心者にもおすすめしたいリーズナブルな価格が魅力の15ブランドの商品をピックアップしていきます。

アンダー1万円から3万円前後まで、質よし、デザイン良し、合わせやすく、価格が安くてかっこいい「コストパフォーマンスの高い」ブーツだけを選んだので、ブーツ初心者の方はぜひお買い物のご参考に。

 

 

Timberland(ティンバーランド) 6-Inch Boot

Timberland(ティンバーランド) 6-Inch

かつてはBボーイが履く靴というイメージだったTimberland(ティンバーランド)のブーツも、今や定番商品として多くの人の間で定着。

人気のイエローヌバックのモデルのほか、合わせやすいブラック、個性的なレッド、グレーなどワントーンで統一されたカラーリングの商品が最近は人気。バランスの取りやすいフォルムだけでなく、防錆・防水・耐油性加工が施され、カジュアルな街着にはもちろん、アウトドアでも十分な機能性を発揮します。

Timberland(ティンバーランド) 6-Inch Boot2

 

¥19,440

通販サイト

 

 

 

Dr. Martens(ドクターマーチン) 8 EYE BOOT

8 EYEブーツ

ファッション界の永遠の定番商品と言えばイギリスのDr. Martens(ドクターマーチン)の「8 EYE BOOT」。「8 EYE」 はシューレースホールが縦に8つ配置されているところから。程よいボリューム感とシャープさのバランスが細身のパンツINから太めのパンツをOUTする着こなしまで相性抜群。

 

質の高いフルグレインのスムースレザーを使用しているため、見た目以上に履きやすく、定期的に手入れをすることで長く愛用できるのも魅力的。

イエローのステッチが気になる人は、ホワイトやブラックのベーシックなタイプを。通常定価は2万5千円前後、Amazonなどではより安く購入できます。

8 EYEブーツ2

 

Dr. Martens(ドクターマーチン)

 

公式サイト

 

 

 

 

Clarks(クラークス) デザートブーツ

Clarks Originals(クラークス オリジナル)

1825年にイングランド南西部の小さな町でスタートし、180年以上の長い歴史を持つ「Clarks」。履き心地の良さ、合わせやすいベーシックなデザイン、機能性と耐久性はもはや歴史が証明済み。

シンプルな構造とクレープソールによる独特の歩行感覚は疲れにくさを重視し、日常での快適な使用を約束してくれます。カジュアルなファッションからジャケパンのようなドレスカジュアルまで汎用性も高し。

 

¥24,840

公式サイト

 

 

 

 

NIKE(ナイキ) SFB フィールド 15cm キャンバス

Nike(ナイキ) SFB フィールド 15cm キャンバス

NIKEの放つミリタリーブーツラインSFB(エスエフビー)は第2次世界大戦中の兵役経験に基づきデザインされたもので、本格的なミリタリーブーツのデザイン性はもちろん、荒れた環境やクイックネスを要求されるシーンでも快適な履き心地と軽量性を確保し着用者をサポート。

入荷されると同時に完売することも多い人気シリーズです。

Nike(ナイキ) SFB フィールド 15cm キャンバス2

 

¥19,440

公式サイト

 

 

 

Jalan Sriwijaya(ジャラン スリウァヤ) チャッカブーツ

Jalan Sriwijaya(ジャラン スリウァヤ)

高級ブランドのシューズにも使われるフランス「デュプイ社」のレザーを使用し、手間のかかるハンドウェルテッド・グッドイヤー製法を採用する、ドレスシューズ界でNO.1のコストパフォーマンスを誇るJalan Sriwijaya(ジャラン スリウァヤ)。

 

ビジネス用のプレーントゥからスウェード素材のカジュアルローファー、チャッカブーツなどドレスよりのシューズは一通りラインナップ。ソールを張り替えることで半永久的に使えるグッドイヤー製法なのもポイントで、良いものを長く愛用したい、かつ予算は抑えたいという人に最適。

Jalan Sriwijaya(ジャラン スリウァヤ)ブーツ

¥30,000 + TAX

公式サイト

 

 

 

ILSE JACOBSEN HORNBAEK(イルセ ヤコブセン ホーンバック) レインブーツ

イルセ・ヤコブセン

1993年にデンマークの女性デザイナー、イルセ・ヤコブセンによって設立され、現在世界25か国以上で展開されているレインウェア・ブーツを中心としたライフスタイルブランド。

レインブーツはロング、ミドル、ショート丈とスタイルに応じて選ぶことができ、定番のブラックからベージュ、グレー、ネイビー、イエローまで豊富なカラー展開。石油製ゴムを一切使っていないためニオイもなく、しなやかな履き心地が特徴。

レインブーツと言えば「長靴のようなデザイン」が一般的であるものの、レースアップブーツのディティールを取り入れる事で普段着でもコーディネートしやすくなっています。

 

¥23,760円(ショート丈)

通販サイト

 

 

 

Rothco(ロスコ)ミリタリーブーツ

Rothco(ロスコ)ブーツ2

1953年に設立され、ミルスペックモデル(軍規格)の耐久性と品質を持ちながら低価格の老舗ブランド。

本格ミリタリー仕様ながらデザインはファッショントレンドを抑えたものになっており、余計な装飾やカモフラージュ柄などが施されていないシンプルなデザインが人気。海外セレブが愛用したことでファッションアイテムとして広く知れ渡る存在になっています。

 

Rothco(ロスコ)ブーツ

 

見た目以上の軽さも特徴の一つで、デイリーユースにも最適。

Rothco(ロスコ)ミリタリーブーツ2

 

¥6,264円~19,980円

通販サイト

 

 

 

PADRONE(パドローネ)サイドジップブーツ

PADRONE(パドローネ)サイドジップブーツ

ファッション性が高く比較的低価格なシューズブランドの代表格。ブーツは着脱のしやすいサイドジップやサイドゴアのタイプが多く、日常での使用にも最適で、上品な革の質感も魅力的です。ほとんどのシューズはセメンテッド製法のため、購入時からとても履きやすい一方、履くほどに足に馴染んでいく感覚は希薄で、オールソール交換も困難なので、数年履いて使い捨てるような使い方になります。

 

 

¥34,000 +(TAX)

通販サイト

 

 

 

meduse(メデュース)

meduse(メデュース)

1905年に創業したフランスの老舗シューズファクトリー『UMO』が手がけるラバーシューズライン。

サイドゴアで履きやすく、ベーシックで曲線的なラインが上品な雰囲気を与えてくれ、雨の日にもオシャレを楽しみたい人に最適なブーツ。

 

meduse(メデュース)1

豊富なカラーリングと低価格が魅力的です。

 

¥7,020

公式サイト

 

 

 

CAMINANDO(カミナンド)

CAMINANDO(カミナンド)ブーツ

日本企画で商品開発を行い、生産はメキシコなどの人件費が安いところで行うことで低価格を実現しているシューズブランド。

国内の様々なセレクトショップと共同で商品を開発し、トレンド感のあるデザインのシューズをリーズナブルな価格で提供してくれるのが嬉しい。

CAMINANDO(カミナンド)ブーツ2

ブーツ類はほとんどが2万円台です。

 

 

通販サイト

 

SHARE THIS ARTICLE

RELATED POST

LATEST NEWS

2017.10.16

極寒フィッティングルームも! CANADA GOOSE日本初の旗艦店が千駄ヶ谷にオープン

2017.10.10

コムデギャルソン×コンバース 100周年を記念したChuck Taylorが発売予定

2017.10.06

【10/7発売】SUPREME×STONE ISLAND2017 コラボアイテム一覧

2017.10.05

2017年-18年最新! 最新&最注目のメンズスニーカー20選

2017.09.21

隈研吾がデザインした絶景カフェ「COEDA HOUSE」が熱海にオープン

2017.09.19

2017-18秋冬 ハイエンドブランドのメンズアウター23選