【ビジネス&カジュアル】チェルシーブーツ(サイドゴアブーツ)のメンズブランドまとめ

UPDATE

メンズブーツの中でも履きこなしやすく日本の生活様式にも合ったチェルシーブーツ(サイドゴアブーツ)。リーズナブルなものから高級品、ストリートやSNSで人気の商品まで。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

 

 

チェルシー(サイドゴア)ブーツとは

ブーツの中でも比較的シャープなフォルムでオンオフ問わずに使え、両サイドに伸縮性のあるゴアが施されたサイドゴアブーツ。このゴアとヒールタブを使い着脱が容易になっている仕様は、自宅で靴を脱ぐ習慣があり居酒屋や飲食店でも靴を脱ぐお座敷席が多い日本の生活様式にも合っており、サイドジップブーツや紐靴に何かと煩わしさを感じていた方や、スニーカー派にもオススメ

 

Barking Dog Shoes

日本においてはサイドゴアブーツの名称で親しまれ、海外ではビートルズを始めとした当時流行の最先端であったロンドンのチェルシー地区でモッズスタイルを好んだ若者に広く愛用されていたことから、今日まで「チェルシーブーツ」の愛称で親しまれています。

 

 

履き口が狭くトゥに向けてシャープなシルエットになっていくため、特に細身のデニムとの相性が抜群。

 

スーツスタイルに合わせるサイドゴアブーツはフォーマル感としては低く、外しとして捉えられる。

 

 

サイドゴアブーツを買うなら?

様々なブランドが一堂に会する伊勢丹や阪急、三越、松坂屋などの百貨店シューズコーナーがオススメ。オンラインなら説明が非常に丁寧に記載されており、全国各地に店舗も構えるトレーディングポストや、国内定価よりも価格が大幅に安い場合が多く、無料配送で1週間程度で手元に届く海外通販のMR PORTERもオススメ。関税がかかるかどうかは正直なところ運しだいです。

 

 

 

 

チェルシーブーツのブランドまとめ

フォーマルに使えるものから、ストリートシーンで人気のものまで、チェルシーブーツ(サイドゴアブーツ)の代表的なブランドをピックアップしています。

 

 

MEDUSE(メデュース)

フランスの老舗シューズファクトリーUMO(ウモ)のラバーシューズラインとしてスタートし、近年日本でもヒットしたMEDUSE(メデュース)はスタイリッシュなフォルムのサイドゴアブーツながら雨の日にも使えるラバー製なので、普段ドレスシューズを愛用するものの雨の日に履く靴に困っていた人にとってはとても嬉しい。最近ではビームスやユナイテッドアローズのほか、ファッションビル系列の店舗でも似たようなシューズが展開されているので、いくつか試してみて好みの形を選べるようになっています。

 

 

参考価格:¥7,344

通販サイト

 

 

 

 

Dr.Martens(ドクターマーチン)

8ホールブーツや外羽根のプレーントゥシューズが人気のDr.Martens(ドクターマーチン)の隠れた人気商品がサイドゴアブーツ。マーチン独自開発の軽量で疲れにくいエアクッションソールや、光沢感が出るよう丹念に磨かれた革質はそのままに、細身で着脱しやすいサイドゴア仕様に。ステッチは定番のイエローのほか、ソール部分まで含めてブラックに統一されたモデルも合わせやすい。デザインとしては完全にカジュアル向け。

 

 

 

参考価格:25,920円

公式サイト

 

 

 

 

SANDERS(サンダース)

靴の聖地、イギリスのノーサンプトンで1873年に設立され、イギリス国防総省向けのシューズ製造も手掛ける名門ブランド、SANDERS(サンダース)。履くほどに足へと馴染んでいくグッドイヤーウェルト製法ながら抑え目な価格設定が魅力で、サイドゴアブーツは一見してストレートチップシューズのようにも見える3本のレーンステッチが施されたタイプがほかのブランドには見られない特徴。

 

 

 

このほかスウェードアッパー&クレープソールのサイドゴアブーツも人気商品のひとつ。

 

 

参考価格:¥57,240

通販サイト

 

 

 

 

 

Blundstone(ブランドストーン)

安全靴やワークブーツの製造で知名度の高いオーストラリア・タスマニア島発祥のブーツブランド。オイルをしみ込ませたウォータープルーフのレザーと独自開発の高機能ウレタンフォーム「ポロン」を使った衝撃吸収ソールが特徴で機能性の高さに定評あり。

 

 

ブーツ自体はややボリューミーで、ワークパンツ、ワイドパンツとの相性も良いでしょう。一方でワークブーツがルーツなだけあり見た目からは意外な軽量性。通常ヒール部分にある指を入れるタブが前後両方に配置されているのも特徴です。

 

参考価格:¥24,840

通販サイト

 

 

 

 

GRENSON(グレンソン)

「コストパフォーマンスの高い高級靴」の代表格でもある1866年にイギリスのノーサンプトンシャー州で設立されたグレンソン。手間のかかるグッドイヤーウェルト製法のシューズにこだわる同ブランドのチェルシーブーツはカジュアルなスウェードタイプが豊富にランナップ。全体的にシャープで細身のシルエット。

 

 

参考価格:¥35,469

通販サイト

 

 

 

 

G.RODSON(ジー ロッドソン)

シューズデザイナーとして有名なジェラール・セネ氏がパリで構えていたセレクトショップオリジナルのシューズブランド。製造元のロンドンの工場が閉鎖されたことによりブランドが終了したものの、インドネシアのジャラン・スリワヤ社の復刻版製造によりブランドが再開。現在はBEAMSのドレスウェアを扱う店舗を中心に日本国内でもシューズを展開中。

グッドイヤーウェルテッド製法と質のいい革を使いながらリーズナブルな価格なので、これから本格ブーツが欲しい方にも最適です。

 

シューズは高さが抑えられ履きやすく、ワイズがやや狭めのシャープなデザイン。デニムのほかスラックスとの相性も◎。

 

 

参考価格:¥41,040

通販サイト

 

 

 

 

REPRESENT(リプレゼント)

ストリートファッションの愛好家を中心に人気のロンドンのウェアブランド、REPRESENT(リプレゼント)のオリジナルチェルシーブーツ。スキニーシルエットのデニムやジョガーパンツなどとコーディネートするためシャープなデザインに仕上げられており、ソールは通常のタイプと厚めのクレープウェッジソールタイプが展開。全てイタリアのカーフスエードやレザーを使用し、製造もイタリアのアンコーナにて行われています。ブラウン、ライトブラウン、グレーなどスウェードの色味も豊富。

 

 

国内では原宿のセレクトショップなど一部店舗でのみ展開。クオリティの割に価格も安いので海外通販で輸入してしまうのも手。

 

 

参考価格:£235.00

公式サイト

 

 

 

 

 

Jalan Sriwijaya(ジャラン スリウァヤ)

近年ドレスシューズ界でユニオンインペリアルとともにコストパフォーマンスの高さが支持されているJalan Sriwijaya(ジャラン スリウァヤ)はインドネシアのシューズファクトリーブランド。アッパーとウェルト、インソールを手作業で組み合わせるハンドウェルテッド・グッドイヤー製法を採用し、アッパーはフランスの高級靴メーカー、ジェイエムウエストン社の子会社である「デュプイ社」のものを使用。

木型やカラーリング、素材も豊富に揃い、百貨店を始め日本国内でも手に入れやすいので、ビジネス・カジュアル問わず本格靴のファーストチョイスとしてオススメ。

 

 

参考価格:¥34,000

公式サイト

 

 

 

 

A.P.C(アーペーセー)

フランス発のカジュアルブランドとして、そのベーシックなデザインと質の高さが人気のA.P.C(アーペーセー)のサイドゴアブーツ。このブランドのブーツはイギリスのサンダース社が製造を手掛けていることでも知られています(このブーツがサンダース社のものかどうかは未確認)。丸みのあるトゥデザインが優し気な表情を持ち、合わせるパンツを選ばない汎用性の高い一足でしょう。

 

参考価格:¥50,426

通販サイト

 

 

 

 

 

COMMON PROJECTS(コモン プロジェクツ)

ニューヨーク発祥のデザイナーズシューズブランドとして人気のCOMMON PROJECTS(コモン プロジェクツ)。日本ではセレクトショップ・トゥモローランドなどが扱ったことで人気に火が付き、ワンランク上の上質な革を使ったシューズブランドとして特にカジュアルシーンで高い知名度を誇ります。

 

ブランド定番のスウェードチェルシーブーツはファッションアイコンであるカニエ・ウエスト氏が愛用していたことでSNSを中心にも人気が拡大。ダメージ加工つきのスキニーデニムと合わせるブーツとして定番アイテムに。サイドゴアの下部分にはロット番号が表示され、このブーツだと見分けがつきやすい仕様。

 

 

参考価格:¥49,706

通販サイト

 

 

 

 

BOTTEGA VENETA(ボッテガ ヴェネタ)

ややシャープながら伸縮性のあるアッパー素材と、スタックレザーを採用したソールが特徴のBOTTEGA VENETA(ボッテガ ヴェネタ)の「フォールトレッキング ブーツ」はカジュアル向け高級ブーツの代表作のひとつ。ヒールタブまで同色のレザーを使い、高級感を損なわないディティールにも注目。

 

 

参考価格:¥73,776

通販サイト

 

 

 

 

SAINT LAURENT(サンローラン)

大胆な高めのヒールや、トゥにかけてシャープに伸びていくフォルムが人気のSAINT LAURENT(サンローラン)のサイドゴアブーツはスウェードとポリッシュレザーの2タイプ展開。

 

最新モデルではトレンドに合わせやや先端のシャープさを抑え、トゥにかけても程よいボリュームのあるモデルが登場。ソールもクレープを採用しよりナチュラルな雰囲気に。

 

 

参考価格:¥86,681

通販サイト

 

 

 

 

 

PARABOOT(パラブーツ)

ソールまでラバーで覆われたシューズ作りをきっかけに世界的成長を遂げたフランスのシューズブランド、PARABOOT(パラブーツ)。こちらのモデル「MANEGE」はアッパーを一枚革で仕立て、丸みのあるフォルムやステッチが同ブランドらしいカジュアルな印象を持つサイドゴアブーツ。ややワイド気味のスラックスやウールパンツなどと相性が良いはずです。

 

参考価格:¥78,840

通販サイト

 

 

 

 

 

CROCKETT&JONES(クロケット&ジョーンズ)

1879年に靴の聖地イギリス・ノーザンプトンで設立され、ドレスシューズの中でもその美しさと高い技術により人気を博しているCROCKETT&JONES(クロケット&ジョーンズ)。「世界で最も多くの木型を持つ」と言われるこのブランドでは必ず自分に合った一足が見つかると言われていますが、こちらのショート丈のサイドゴアブーツ「CRANFORD」はシーンを選ばず活躍できる屈指の人気モデルの一つ。

 

参考価格:88,560円

通販サイト

 

 

 

 

 

Tricker’s(トリッカーズ)

主にハンティングなどに使用されてきた耐久性の高いカントリーブーツが有名なイギリスのTricker’s(トリッカーズ)。同ブランドらしいウイングチップデザインのサイドゴアブーツ「HENRY 」はヒールを含め20cm近い高さのあるボリューミーなスタイル。

 

 

 

参考価格:87,480円

通販サイト

 

 

 

 

 

ENZO BONAFE(エンツォ ボナフェ)

グッドイヤーウエルト製法、ハンドソーン・ウエルト製法、ボロネーゼ製法など、様々な技法を使った靴づくりを50年以上に渡り行う、イタリア靴の巨匠的存在、エンツォ・ボナフェ。こちらはエレガントな印象を受けるラウンド気味のトゥ部分が特徴的な「CARY GRANT」のBEAMS F別注モデル。かなりショートな丈にデザインされているのでスーツスタイルにもマッチ。

 

 

参考価格:¥106,920

通販サイト

 

 

SHARE THIS ARTICLE

RELATED POST

LATEST NEWS

2017.06.27

スーパーファミコンミニが国内発売。2017年10月5日、価格は7,980円に

2017.06.26

【2017年最新】 夏にオススメのチルアウト・ハウスミュージック80選

2017.06.22

国内セール前に要チェック! 海外最大手通販サイト「MR POTER」でセールスタート

2017.06.21

John Elliott x NikeLab(ジョン エリオット×ナイキラボ) 2カラーのVandal High

2017.06.19

アディダスがミニマルなジャーマントレーナー「BW ARMY」を発売

2017.06.19

国内最大のVR体験施設「VR ZONE SHINJUKU」が歌舞伎町にオープン

POPULAR POST