飲みすぎた… 二日酔いの直し方 食べ物やツボ、対策・予防方法まとめ

UPDATE

二日酔いの治し方を症状別に紹介!調子に乗って飲みすぎたあとの二日酔い、辛いですよね。効果的に治す方法をまとめました。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

調子に乗って飲みすぎて、、注がれるお酒が断れず、、、

ツラーい二日酔いは一刻も早く治したいですよね。

実は二日酔いは症状によって直し方が違ってくるんです。

 

 

頭痛、だるさ、吐き気がある場合

これは脱水症状が出ているのでスポーツドリンクやお茶で水分をたくさん摂りましょう。

低血糖症状でもあるので、糖分を含んでいるフルーツジュースも効果的です。

 

この症状はアセトアルデヒドが原因になっています。

アセトアルデヒドを分解する食べ物としてはしじみ、ゴマ、卵がよいでしょう。

 

 

ズキズキとする頭痛だけの場合

これは血管が拡張し過ぎて起きる頭痛なので、コーヒーや牛乳を飲んで血管を収縮させることで改善できます。

 

 

胃酸が出過ぎによる吐き気

この場合は胃酸を抑える効果のある生姜を摂ります。料理に入れてもよいでしょう。

もしこれでも効かない場合は、胃薬を飲んでください。

 

 

メタノールによる二日酔い

ウイスキーやブランデーを飲んだ時の二日酔いはメタノールが原因です。

メタノールの含まれていないミネラルウォーターで水分を摂りましょう。

逆に症状が重くなるのは、メタノールが入っているフルーツジュースや人工甘味料のアスパルテーム入り飲料なので注意しましょう。

 

 

二日酔いに効くツボ

 

百会(ひゃくえ)

左右の耳と頭の中心点にあるツボです。二日酔いの頭痛に効果を発揮します。

 

 

合谷(ごうこく)

http://s3-ap-northeast-1.amazonaws.com

親指と人差し指の付け根が交わる位置よりやや上の場所。頭痛や吐き気に効果があります。

集中力にも効くと言われています。

 

 

二日酔いにならないための対策

 

空腹でアルコールを飲まない

 

空腹時、胃はかなり早いスピードでアルコールを吸収します。

肝臓でアルコールの代謝も進まず低血糖症が飲酒前から始まってしまい、翌日も続きます。

 

 

脂肪を摂っておく

 

飲む前に脂肪の多い食事をしておくとアルコールが胃ですばやく吸収されるのを防ぎます。

海外では飲む前にオリーブオイルやバターを摂っておく習慣があるほど。

居酒屋ではドレッシングオイルたっぷりのサラダを先に食べるとよいでしょう。

ちなみに昔から知られている牛乳は効果がありません。

 

 

ドリンク剤に頼る

 

それでも二日酔いになりやすい人は、ウコンやヘパリーゼ、ノ・ミカタ、などを先に摂っておきましょう。

いずれも肝臓に効いて新陳代謝を良くしてくれます。

SHARE THIS ARTICLE

RELATED POST

LATEST NEWS

2017.10.16

極寒フィッティングルームも! CANADA GOOSE日本初の旗艦店が千駄ヶ谷にオープン

2017.10.10

コムデギャルソン×コンバース 100周年を記念したChuck Taylorが発売予定

2017.10.06

【10/7発売】SUPREME×STONE ISLAND2017 コラボアイテム一覧

2017.10.05

2017年-18年最新! 最新&最注目のメンズスニーカー20選

2017.09.21

隈研吾がデザインした絶景カフェ「COEDA HOUSE」が熱海にオープン

2017.09.19

2017-18秋冬 ハイエンドブランドのメンズアウター23選