メルセデスベンツから電動ルーフトップの新型「SLC」が発表 従来のSLKからデザインを一新

2015.12.17(Thu)

デザインが大幅に変更となったメルセデスベンツの電動ルーフトップ「SLC」!

スポンサーリンク

スポンサーリンク

15

http://www.autocar.jp/

 

2016年1月に米国で開催されるデトロイトモーターショーを前に、ベンツの電動ループトップオープンカーとして人気の「SLK」がモデルチェンジし、「SLC」としてリリースされる事が発表されました。

 

メルセデスベンツは従来の「Gクラス」などの名称を順次変更しており、SUVは「GL」、4ドアのクーペは「CL」、ロードスターは「SL」が頭につき、価格とスペック順に「S」>「E」>「C」>「B」>「A」の順で続きます。

 

つまり今回のSLCはロードスターのCクラス車格、という事になります。価格は従来通り500万円~の見込み。

 

 

従来のSLK

16

http://www.goo-net.com

 

 

新型SLC

17

http://www.autocar.jp/

グリル、バンパー、ヘッドライト、フロントマスクを中心に改良が加えられ、最新のメルセデスのスポーツタイプに寄せたデザインになっています。

バンパーやテールライトなども刷新。対してインテリアはステアリングホイールやセンターコンソール以外は従来のデザインを踏襲しています。

 

http://m.proxypy.org

http://m.proxypy.org

トランスミッションは従来のSLK55の7速オートマティックから、コンフォート、スポーツ、スポーツ・プラス、エコ、インディビデュアルの切り替えを持つ9速の「G-トロニック・オートマティック」に変更。

その他エンジンにも従来とは異なる変更が加えられています。

欧州仕様では、ガソリンエンジンの「SLC180」、「SLC200」、「SLC300」、ディーゼルエンジンの「SLC250d」の基本4グレードで展開されるそうです。

 

http://www.autocar.jp/

http://www.autocar.jp/

 

ハードトップルーフは、最高40km/h以内であれば走行中でも開閉が可能。

 

http://www.autocar.jp

http://www.autocar.jp

 

出典:F1-Gate

 

 

SHARE THIS ARTICLE

RELATED POST

LATEST NEWS

2017.05.23

ブラッド・ピット主演のネットフリックス独占映画「ウォーマシーン」が公開

2017.05.21

adidas by Raf Simons 2017年秋冬スニーカーのプレオーダーが開始

2017.05.18

ジャスティン・ビーバーの2017年度版ライブグッズが公開

2017.05.17

クールビズからアウトドアまで。 これからの季節に最適なポロシャツが登場!

2017.05.17

【5月20日発売】シュプリーム×ギャルソン×ナイキ コラボ「AIR FORCE1」

2017.05.16

MHL別注のコンバース・オールスターが発売

POPULAR POST