【定番~専業メーカーまで】夏のおすすめメンズ香水10選

UPDATE

野外イベント、街歩きなどで汗をかくことも多い春夏の季節。汗のにおいを打ち消して爽やかに乗り切り、好印象を与えるためのフレグランスを定番から~香水専業ブランドまでまとめてご紹介していきます。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

 

 

少し街を歩いただけで汗をかいてしまい、においも気になる夏の季節。そんな気を付けたいシーズンには印象を爽やかに、清潔感を演出してくれるフレグランスが最適ですね。

 

冬の時期には暖かみのあるムスクやアンバー、バニラを使った香りが合うように、ジメジメとした夏にはシトラスやレモンなどの柑橘系や、ジャスミン、ミントなどすがすがしい香りが良く合います。

 

 

一方で気を付けたいのがつける量。日本の夏はとても湿度が高くジメジメしますが、これによって鼻の粘膜が潤い、香りに対して敏感になります。

つまり普段よりも「つけすぎに注意しなければならない」ということ。甘い香りやスパイシーな香りは特に重たく感じやすいので、自分で香っているかわからなくても、何プッシュもつぎ足すのはオススメできないですよ。

 

本記事では夏の定番ともいえる名作香水や、独自のオススメ香水をピックアップしてご紹介していきます。

好みの香りを探しに街へ行ってもなかなか一度にいろいろとかぎ分けるのは難しいですから、迷ってしまう方はサンプルを購入してみるのもオススメです。

 

 

SERGE LUTENS(セルジュ ルタンス) ロー セルジュ ルタンス

香水を題材にした映画まで公開されるほど、フレグランスに関する文化・歴史が深いフランス。そんな同国で2007年に「香りの巨匠」と認められ芸術文化勲章を受賞した、調香師であるセルジュ・ルタンス氏による香水専業メーカー。

 

同メーカーの中でも夏のシーズンに合う「ロー シリーズ」で最も人気の香りがこちらです。シトラスやアクアノートといった定番ともいえる爽やかな香りながら、決して強調せず、清潔感を漂わせるようなバランスはさすが。

 

参考価格:¥ 13,000

通販サイト

 

 

 

 

John Varvatos(ジョン ヴァルヴェイトス) アルティザン ブルー

夏のオススメメンズ香水ジョン

シトラスとフレッシュハーブの目の覚めるような組み合わせに、ウッディのアクセントが効いた爽快感あふれる2016年新作のフレグランス。

一つ一つのボトルにナチュラル素材でハンドメイドされた装飾がほどこされていて、さながら海に眠る財宝をイメージしたかのよう。

 

参考価格:¥4,210

通販サイト

 

 

 

 

Tom Ford(トムフォード) コスタ アズーラ

夏のオススメメンズ香水コスタ

ビジネススーツや紳士向けの高級デイリーウェアだけでなく、香りのジャンルごとに異なる世界的調香師を招きフレグランスを展開するTom Ford(トムフォード)。

こちらはビーチからリゾートホテルのプールまで、優雅な夏のアクティブシーンを彩ってくれそうなみずみずしいハーブ系のフレグランス。

シーウィードやセロリシードのトップノートにレモンやラベンダーが加わり、ラストはベチバーやバニラなどウッディ調に。みずみずしさに始まり、爽やかな甘みへと変化していく香りです。

 

参考価格:¥ 45,850

通販サイト

↓トムフォードのサマーフレグランスの中でも最も有名なものと言えば通称「ネロリ」。

 

 

 

 

 

Salvatore Ferragamo(サルヴァトーレ フェラガモ) アクアエッセンツィアーレ

夏のおすすめメンズ香水フェラガモ

レモンリーフやミントなどグリーンな香りにシトラスやマンダリンを加えた、ほのかに甘く香りつつ、フレッシュな爽やかさもあるのがこちらの香水。

ベーシックで万人受けしやすくつけたてはライトですが、カスカロンやローズマリー、ラベンダーなども香ってきて甘く大人な雰囲気もあります。ラストはウッディ系。

 

 

 

 

 

AQUA SAVON(アクアシャボン) ホワイトコットンの香り

夏のオススメメンズ香水アクア

香水を普段つけない方でも手軽な価格で挑戦できる爽やかなシトラスのオードトワレ。

レモンやライムなど夏の日差しを思わせる香りからジャスミンの優しげな香りへと移行し、ラストはムスクやアンバーなど落ち着いた香りへと変化していきます。

 

 

 

 

 

 

CREED(クリード) アバントゥス

爽やか&フルーティーな夏らしい香りなら断然チェックしたいのがアバントゥス。

アップル、パイナップルなどフレッシュで清潔感がある香りからジャスミン、パチョリ、ムスク、オークモス、バニラなど徐々に男性的なセクシーさを感じる香りへと変化していきます。素材の良さか、調香の絶妙さなのか、価格は高いものの既存のフレグランスとは一線を画した質の高さです。

 

参考価格:¥34,560

 

 

 

 

 

CHANEL(シャネル) アリュールオム スポーツ

爽やかでいて、程よくスパイシーなカジュアルさを感じる香水にはよく「〇〇スポーツ」というネーミングがつけられていますが、この香水も汗をかく夏のレジャーシーンやスポーツの後にさりげなく纏いたい、男女ともに好印象を与えられる香り。

 

発売から10年以上経つ現在でも夏場によく売れているそう。シシリアオレンジ、チュニジア産ネロリのフレッシュさに、トンカビーンズやペッパーが加わりキリッとした印象に。

 

通販サイト

 

 

 

 

HERMES(エルメス) テールド エルメス

エルメスの香水と言えば爽やかなユニセックス系ジャンルとして「ナイルの庭」が非常に有名ですが、こちらの「テールド エルメス」はより男性らしい、官能的でウッディな香りが特徴。

 

夏の日差しをイメージさせるようなシトラス、ローズ、ゼラニウムなどのシャープで爽やかなフローラル系の香りから、シダー、ベチバーなどの暖かみのある香りへ移行。甘さが抑えられているため飽きが来づらく、長く愛用できる香りと言えるでしょう。

 

 

 

 

 

DAVIDOFF(ダビドフ) クールウォーター

1988年に発売され、30年近くの歴史を誇る名作香水

 

甘さがなく、フレッシュで爽快、スパイシーさのある香りなので、どちらかと言えば渋い雰囲気を演出するような大人のフレグランス。オレンジ、ラベンダー、ペパーミントなどのトップノートに、ラストはアンバー、ムスク、サンダルウッドなど落ち着いた雰囲気に。始めはつけすぎるとにおいがきついので注意です。

 

長く定番のため価格も安く販売されているので、お試しになってみては。

 

 

 

 

 

ACQUA DI PARMA(アクア ディ パルマ) コロニア

1916年に創業し、100年以上の歴史を誇るイタリアを代表するコスメ&フレグランスメーカーであるACQUA DI PARMA(アクア ディ パルマ)。

 

中でもブランドを代表するシーンを選ばないフレグランスがこちらの「コロニア」。ラベンダー、パチョリ、サンダルウッド、ローズマリーなどを調合した爽やかで夏に最適な柑橘・フローラル系フレグランスです。

 

 

 

TAG

SHARE THIS ARTICLE

RELATED POST

LATEST NEWS

2017.07.27

SAINT LAURENT(サンローラン)から2017年秋冬の新作バッグ7商品が登場

2017.07.26

8/5発売! adidas Originals × Alexander Wang シーズン2

2017.07.25

Casbia x Champion(カスビア×チャンピオン)のラグジュアリーなコラボスニーカー

2017.07.24

イギリスの新鋭 MURA MASAのデビューアルバムが配信中

2017.07.20

BALMAIN×Beats(バルマン×ビーツ) コラボヘッドフォン&イヤフォン

2017.07.19

ユニクロ×J.W. アンダーソン 2017秋冬 メンズ&レディースアイテムが公開