【面倒?嬉しい?】嫉妬心の強い女性の見分け方

UPDATE

気になるあの女の子。付き合ったり深い仲になったらどんな性格なんだろう??気になることも多いですよね。恋人や深い関係の人と付き合っていく上で避けられない感情の中に、「嫉妬」があります。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

嫉妬の本質は??

 

嫉妬。男女関係で言えば、いわゆる「ヤキモチ」。嬉しい面もありますが、彼女に毎回アレコレ言われたり、心配されていると結構面倒に感じてしまいますよね。必要以上の束縛に繋がる場合もあります。

嫉妬は、異性だけでなく同性でも起こりうるもの。本質的には、「自分のプライドが傷つけられること」によって起こる感情であるとも言われています。

「上司や仲間に褒められたり、好かれているアイツ。イライラ…」なんて感情は、「自分は評価されていない」と考えている裏返しでもあるのです。

また、男女関係に関わらず、嫉妬は必ずしも悪いものではありません。向上心や自分を振り返るために必要な事もあると思います。

 

それでは、具体的な見分け方を説明していきましょう。

 

 物事の原因を他人に見出す人

例えば、悪い物事の原因が、自分ではないと思い込む傾向が強い人。うまくいかない事や嫌だったことの原因として、他の何かを批判したり引き合いに出す人は、例えば忙しくて会えない日が続いたとき、「他に恋人や気になる人がいるに違いない!」などと想像力を働かせ、嫉妬心を抱き攻撃してきたりします。

 

噂話が好きな人

「あの人はああで、あの人は…」なんて、噂話が好きな女性。いい事を話すのならいいですが、ネガティブな他人の話が好きな人は多いもの。

大体はその場の優越感に浸りたいという考えであったりします。優越感に浸ることでプライドを保ちたいのです。

このタイプは周りに対する態度とは裏腹に自己評価が低い人が多く、自分を卑下したり、褒められることを求めている傾向が強いため、厄介です。

 

財産・名誉・ブランドにこだわる人

一流であること、もしくは一流のものを追い求めたり、身に着けたりする事はとてもいい事です。ただ、他人の財産や名誉などの価値だけに気を取られると、自己評価がなかなか高まらなかったり、不要な競争心が生まれやすくなります。つまり、嫉妬心も増大していくのです。

 

自分の主張がない人

他人に合わせたり同調する人は、一見穏やかで優しい性格であると思うかも知れません。しかし、付き合いたて、出会いたてでもないのにこういった傾向が強い人は、集団の輪や仲間意識、何より一緒にいることを重要視する傾向が強いため、予定をキャンセルされたり、イベントに誘われなかったりすると、たちまち不機嫌になり、嫉妬心が増幅してしまいます。ただ、相手にそれを言えない場合も多いです。

 

いかがでしょうか。言わずもがな、女性だけでなく男性にも当てはまります。嫉妬は必ずしも悪いことではありませんが、今回は少しネガティブな例を紹介しました。自分に自信がない人、他人と比較する傾向が強い人はあてはまりそうです。注意深く相手のことを観察して、自分に会った女性と付き合いたいですね。

 

SHARE THIS ARTICLE

RELATED POST

LATEST NEWS

2017.10.16

極寒フィッティングルームも! CANADA GOOSE日本初の旗艦店が千駄ヶ谷にオープン

2017.10.10

コムデギャルソン×コンバース 100周年を記念したChuck Taylorが発売予定

2017.10.06

【10/7発売】SUPREME×STONE ISLAND2017 コラボアイテム一覧

2017.10.05

2017年-18年最新! 最新&最注目のメンズスニーカー20選

2017.09.21

隈研吾がデザインした絶景カフェ「COEDA HOUSE」が熱海にオープン

2017.09.19

2017-18秋冬 ハイエンドブランドのメンズアウター23選