人間にいじめられながら、しっかり任務を遂行する人型ロボット「アトラス」の作業風景

スポンサーリンク
TREND
スポンサーリンク

いずれ人間に置き換わり数々の仕事をこなしていくとも言われるロボット。中でもアメリカのボストン・ダイナミクス社の二足歩行ロボット「アトラス」は実用化に最も近い存在?

 

ちょっと笑ってしまいそうなコミカルな作業風景が公開されました。

62

こちらがボストン・ダイナミクス社の愉快なロボットシリーズ。一番右は「かなり不気味」と世界中で揶揄された犬型ロボット。

 

63

こちらがアトラスさん。歩き方もメチャカワなのでぜひ動画で見てください。

 

 

自分でドアを開けて…

64

 

作業場まで雪道を歩きながら移動。途中転びそうになりますがしっかりと体制を立て直す。

65

 

職場では時代遅れの人間にイジめられながらも、しっかりと任務を最後まで遂行します。頑張れ。

66

 

 

アトラスさんの勇姿はこちらから。

Atlas, The Next Generation

 

 

アトラスとは?

http://nge.jp

http://nge.jp

アメリカのロボット会社ボストン・ダイナミクスが国家機関である国防高等研究計画局(DARPA)の予算や監督のもと開発した災害地域での人命救助を主な目的とした2足歩行ロボット。

飛行機用のアルミニウムやチタンで出来ており、人間が生存出来ない環境での活動も想定されています。

身長は180センチ、体重は150キロ(動画のものはおそらくより小型のタイプ)

現在はGoogleの傘下で開発が進行しています。

 

出典:Boston Dynamics

 

タイトルとURLをコピーしました