流星数NO.1。夏の夜の風物詩「ペルセウス座流星群」今年の見ごろは8/12、/13

スポンサーリンク
TREND
http://i.ytimg.com
スポンサーリンク
http://i.ytimg.com

http://i.ytimg.com

毎年夏休みの一大イベント、「ペルセウス座流星群」。

「○○流星群」が多くてよくわからない、という方もいるかと思いますが、ペルセウス座流星群は流れ星の数が最も多く、深夜の星空を眺めれば簡単に流星を確認することが出来ます。

1月の「しぶんぎ座流星群」、12月の「ふたご座流星群」と共に「三大流星群」と呼ばれるもののひとつ。

夏の夜なので、冬場のような鑑賞の辛さがないのもいいですね。

今年の条件は!?

https://www2.city.kurashiki.okayama.jp

https://www2.city.kurashiki.okayama.jp

流星群の極大時期は8月13日の15時ごろ。ただしこの時間は日本だと日中に当たるため、観測することが出来ません。

その前後の夜間、12日の0時~明け方まで、14日の0時~明け方までが最も見ごろとなります。

また、月齢は新月に近く、月明かりが鑑賞を阻むことがないので、条件は良好、と言えます。

見る方向

月明かりもほとんどなく、方角によって見え方が変わる事もほぼありません。さすが流星数NO.1。どの方角から、どこからでも鑑賞できます。

まとめ

・ペルセウス座流星群は流星数が一番多い。

・8月12日と13日の深夜0時から明け方までが見ごろ

・どの方角を見ても同じように見える

ご自宅やお近くの公園、または星空観賞にドライブに出かけてみてはいかがでしょう?

国立天文台ホームページ(ペルセウス座流星群)

タイトルとURLをコピーしました