【リーズナブル~高級&上質まで】レザーリュック(バックパック)ブランドまとめ

UPDATE

レザーの質感が美しく、スタイリングをが大人っぽく仕上がるバックパックを一挙ご紹介。購入前にぜひともチェックしたいブランドをまとめています。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

 

ファスト~ハイエンド系までレザーリュックをまとめてご紹介!

26

両手が自由に使えて重い荷物の持ち運びもラクなバックパック。近年は洗練されたデザインのものが続々登場していますが、中でもレザー製の商品はリュックにありがちな子供っぽさも払しょくしてくれ、大人っぽいコーディネートが楽しめるファッションアイテム。

本記事では日本国内から海外ブランドまで、レザーリュックの購入前にチェックしたいブランドをメンズレディース問わずまとめて掲載していきます。

 

 

PORTER(ポーター)

日本の鞄メーカーである「吉田カバン」のオリジナルブランドとして国内で有数の知名度を誇るPORTER(ポーター)。

その名前の由来はホテルの荷物運搬係(ポーター)から、鞄の事をよく知っている人、という意味で名づけられています。

ベーシックなデザインでコーディネートしやすく、内ポケットなど「ここについていて欲しい」という消費者の使い勝手を意識した作りはさすが。

写真はブランドの定番商品である「タンカー」シリーズのレザーバックパック。

男女問わず使えるデザインですが、もともとレザー製バッグの展開は少なめです。

 

 

参考価格:¥52,000

公式サイト

 

 

 

 

BREE(ブリー)

BREE(ブリー)は1970年創業で、50年近い歴史を誇るドイツを代表するバッグブランドです。ドイツ製の時計や洋服、その他工業製に代表される特徴は、シンプルでいて機能的、耐久性のある丁寧なモノづくりです。日本とよく似た特徴ですね。

レザー製バッグのバリエーションはデザイン&カラーリングともに非常に豊富で、デザインもシンプルなものが多いのでメンズレディース関係なく飽きが来ず、長く愛用できるのが強み。価格も比較的リーズナブルなので、一度チェックしてみては。

 

参考価格:¥49,680

通販サイト

 

 

 

 

HERZ(ヘルツ)

「丈夫な鞄に仕上げる」をテーマに、流行を追いかけない、普遍的で味わいのあるバッグを作り続ける1970年代スタートの日本の鞄ブランド。

軽く、丈夫で、使い込むほどに味わい深くなっていく鞄が持ち味で、特にブラウン、ベージュ系のナチュラルカラーのレザーリュックを豊富に展開しています。

 

 

 

参考価格:37,800 円(写真下右)

公式サイト

 

 

 

 

FURLA(フルラ)

レディースバックパック ¥42,281

 

1927年にイタリアのボローニャで生まれた伝統的なイタリアン革製品ブランド。イタリア製の質のいい革を使い、意外性のあるカラーリングや加工を施したリュックが人気で、特に女性の知名度が高め。

 

イカロ バックパック 111,240円

 

最近はメンズのバッグも展開しているので、デザインの好みが合えばカップルで持ってみるのもいいかも知れません。

 

公式サイト

 

 

 

 

ZARA(ザラ)

フェイクレザーのリュックやボストンバッグの商品展開が豊富なのがスペインのファストファッションブランド、ZARA(ザラ)。

多くの商品がリアルレザーのように見えるポリウレタン素材で作られており、その分コストパフォーマンスも抜群。海外コレクションなどを参考にトレンド感あるデザインの商品が揃っているので、予算に応じてぜひチェックしたいですね。

 

 

参考価格:¥4,790

公式サイト

 

 

 

 

FILSON(フィルソン)

1897年に創業した、アメリカ製の素材と製造にこだわる老舗のバッグ及びアパレルメーカー。

男性向けファッション誌や「一生使いたいバッグ」といったようなムック本などの掲載定番ブランドで、品質に絶対の自信があるからこそ可能な「永久修理保証」をウリとしています。

 

 

写真のリュックサックは厚手で丈夫なコットンとレザーを組み合わせたブランドの定番商品。このほかウォータープルーフでアウトドア利用もできるオールレザーのリュックなども展開されています。

 

 

参考価格:¥40,250

公式サイト

 

 

 

 

 

Creed(クリード)

学生から社会人まで幅広い層に支持される日本のレザーバッグ専門ブランド。厚口の牛革にクロームとタンニンのコンビネーションなめしを施したレザーを使用するなど、独特のツヤ感や使い古したような風合いが特徴。

 

POINT バックパック ¥38,880

 

特にカジュアルなファッションとの相性がよく、価格も高すぎないので初めてのレザーリュックとしてもオススメ。メンズ雑誌での紹介頻度も高い。

 

公式サイト

 

 

 

 

DECADE(ディケイド)

日本人デザイナーが手掛ける全て日本製のバッグブランド。

こちらの商品は素材にソフトタッチのオイルドカウレザーを使用したオールレザーリュックサック。通常のレザー製品よりも雨シミやキズに強い、表面をロウでコーティングしたパラフィン加工が特徴。これにより表面にツヤ感も出ています。

 

 

同じく日本製のCreed(クリード)と特徴が似ているので、手に取ってみたときの使いやすさやデザインでどちらかを選ぶ方も多いようです。

 

参考価格:¥37,800

公式サイト

 

 

 

 

Kawa-Kawa(カワカワ)

Kawa-Kawa(カワカワ)は1967年創業の日本のハンドバッグ製造・卸を行う株式会社ナカハシが手掛けるオリジナルバッグブランド。

牛革を中心とした上質な素材を使い、製造は日本のみで行い、普通のバッグとは異なる個性的なデザインやディティールが特徴です。

 

2WAYリュック559 ¥49,680

 

メンズ・レディースを特に分けず、ユニセックスで使えるレザーバッグを展開しているので、個性的なアイテムをお求めの方はぜひチェックしてみるといいかも知れません。

 

通販サイト

 

 

 

 

PELLE MORBIDA(ペッレ・モルビダ)

ファッション誌を初め様々な媒体・分野で活躍する干場義雅氏がクリエイティブディレクターを務める日本の革小物ブランド。

オールレザーでラグジュアリー&美しいシルエットのレザーバッグは手の届きやすい価格帯ながら格別に上品な雰囲気が魅力。

 

 

インパクト抜群のレッドのほか、ブラック、グレー、ネイビー、ブラウン、ライトブルーなども展開。飽きがこず、長く愛用できそうなベーシックなデザインもいいですね。

 

参考価格:¥58,320

通販サイト

 

 

 

 

aniary(アニアリ)

こちらも男性向けファッション誌の掲載定番である日本製のレザーバッグブランド。

独特のアンティーク感ある質感がありつつ、革質がしなやかでキメが細かいのでカジュアルだけでなく、ビジネスでも使える品のよさがあるのが特徴。

 

バックパック01-05000 ¥59,400

 

定番のブラックやブラウンに加え、イエローやレッド、ネイビーなどカラーバリエーションの豊富さも魅力です。

 

 

参考価格:¥70,200

公式サイト

 

 

 

 

KATSUYUKI KODAMA(カツユキ コダマ)

ミラノとパリでのプレゼンテーションで高い評価を得た、日本人デザイナーによるバッグおよびレザー小物ブランド。

2012年から本格スタートし、パリから商品を発表。逆輸入という形で日本での展開を開始し、現在は自社工場で日本人の職人によって作られるという品質・デザインに並々ならぬこだわりが感じられることでも知られています。

 

 

 

大容量バックパックはフロント、メイン、バックの3ハウス構造で、背面には4層の芯を使用し、背中あたりが良く、しっかりとした構造で型崩れを防止しているなど、高いデザイン性だけではない使い勝手の良さも高評価。

日本各地のセレクトショップのほか、伊勢丹などの百貨店でも取り扱われています。

 

参考価格:¥73,440

公式サイト

 

 

 

TUMI(トゥミ)

特に男性ビジネスマンからの支持が厚い、アメリカを代表する鞄メーカー。元々アメリカ軍向けに耐久性のあるミリタリーバッグなどを納入していた歴史もあり、耐久性や摩耗性に優れ、多くのポケットや独立したPCスリーブなど、機能面でも様々なメリットがあるのが特徴。

 

 

世界を飛び回るビジネスマンのほか、アーティストやDJなど多方面から支持されているので、ビジネスを主戦場としている人に特にオススメ。

鞄を頻繁に買い替えない人なら、学生さんも奮発して買ってしまっても良いのかな、と思います。

実はレディースの展開もあり。

 

 

参考価格:¥118,800

公式サイト

 

 

 

 

Felisi(フェリージ)

百貨店やセレクトショップにおける取り扱い定番のイタリアを代表するバッグメーカー。

特にビジネスバッグが絶大な人気を誇るほか、やや小ぶりなサイズ感でオンオフ問わず使えるレザーリュックも展開しています。

 

 

革のキメが細かいのでカジュアルすぎず、合わせるファッションを選ばないのも特徴。

 

 

参考価格:¥100,440

公式サイト

 

 

 

 

MCM(エムシーエム)

1976年に創立され、世界の旅行愛好家のための高級革製品を提供し続ける、ドイツのグローバルラグジュアリーブランド。
上質な素材に機能性と特徴的なモノグラムデザインを兼ね備え、ビヨンセ、ジャスティン・ビーバーなど海外セレブを中心に愛用者多数。

 

Basic BackPack Medium ¥106,920

 

完全にカジュアル寄りになりますが、意外と合わせるファッションを選ばないので使い勝手も良いですよ。

 

公式サイト

 

 

 

 

DIESEL(ディーゼル)

イタリアを代表するカジュアルファッションブランドDISEL(ディーゼル)もレザーバックパックの展開が豊富。「LEATHER BEAT」と呼ばれる上質で光沢感のあるオールレザーのバッグシリーズを展開しています。

 

ニューイヤーバックパック ¥48,600

 

できるだけシンプルに、無駄をそぎ落としたソリッドなデザインは着こなしをクールに演出してくれるはず。価格も比較的手を出しやすい。

 

公式サイト

 

 

 

 

GALLERIANT(ガレリアント)

日本人デザイナーの手がける「クラシックモダン」をコンセプトとした革製品ブランド。

こちらはゴートレザーの質感も美しい3wayバッグで、バックパックのほかサイドの持ち手でビジネスバッグに、ショルダーを付ければ肩掛けも可能な使い勝手のいいアイテム。比較的制限の少ない職場であればビジネス利用も全然OKだと思いますね。

 

バックパック ¥38,880

 

公式サイト

 

 

 

Dr.Martens(ドクターマーチン)

レザーシューズ、ブーツが永遠の定番ともいわれるDr.Martens(ドクターマーチン)オリジナルのレザーリュック。

ブーツと同じくイエローステッチを使用しているので、靴と合わせてコーディネートするとよりオシャレになりそうです。

 

ミニ ブランド レザー バックパック 24,840円

 

正方形のこちらのタイプのほか、いくつかのバリエーションが展開されています。メンズレディース問わず使えるデザインですね。

 

公式サイト

 

SHARE THIS ARTICLE

RELATED POST

LATEST NEWS

2017.10.16

極寒フィッティングルームも! CANADA GOOSE日本初の旗艦店が千駄ヶ谷にオープン

2017.10.10

コムデギャルソン×コンバース 100周年を記念したChuck Taylorが発売予定

2017.10.06

【10/7発売】SUPREME×STONE ISLAND2017 コラボアイテム一覧

2017.10.05

2017年-18年最新! 最新&最注目のメンズスニーカー20選

2017.09.21

隈研吾がデザインした絶景カフェ「COEDA HOUSE」が熱海にオープン

2017.09.19

2017-18秋冬 ハイエンドブランドのメンズアウター23選