すべてわかる入門編 ヘッドホンの選び方とおすすめ商品、サイトのまとめ

スポンサーリンク
LIFESTYLE
スポンサーリンク
スポンサーリンク

ヘッドホンの基本的な構造

ヘッドホンの構造解説

すべての名称を覚える必要はありませんが、ヘッドホンごとに特色が出るのがこれらの個々のパーツの作りです。

高いものほど音質はもちろん、細かい可動域や着け心地なども良くなる傾向があります。

 

主に以下だけ覚えておけば大丈夫です。

 

・ハウジング

この部分の材質によって出る音にも変化があります。金属だと硬い音に、木材だと柔らかい音になる傾向があります。

 

・イヤーパッド

やわらかく耳を包み込んでくれるものがいいですね。この部分は消耗が激しいため交換が出来ます。

 

・プラグ

スマートフォンや一般的な音楽再生機器にそのまま挿すことの出来ない、大型のタイプもあるので注意。

プラグが大きい方がより多くの情報を伝えられるため、高価なヘッドフォンを中心にみられるタイプです。

 

スポンサーリンク

ヘッドホンを選ぶ時の最重要ポイント

細かい部分はひとまず置いておき、最重要の選び方のポイントを解説します!

 

かけ心地の確認

今では楽天やアマゾン、専門オンラインショップなど、ヘッドホンを取り扱うネットショップは数多くあるので、購入に困ることはまったくありませんよね。しかし、かけ心地はヘッドホンを選ぶ上でもかなり重要な要素なのです。

なぜかと言うと、ほかの電子機器や端末などはスペックや仕様がわかればそれでOKですが、ヘッドホンは身に着けるものだからです。

洋服や靴、帽子などと同じジャンルと言えます。頭の形に合わずにすぐにズレてしまったり、痛みを感じたり、違和感を感じることがあるのです。

高価なものの方がもちろん配慮されていますが、必ずしもそれだけでは測れない要素なので、出来れば試着をおすすめします。重さも重要だと思います。

直接店舗でかけた状態で数歩歩いてみたり、軽くジャンプしてみましょう。

 

密閉型かオープン型か(必ずチェック)

オープン型ヘッドホン

これは必ずチェックしておきましょう。ヘッドホンのパッケージに記載があると思います。

たまに電車内で盛大に音漏れしている人っていますよね?音量が大きすぎか、選び方を間違えています。

その理由は、それぞれの特徴の違いにあります。

 

・開放(オープン)型
音を密閉せず外に逃がすので、広がりのある音が聞こえます。
音漏れがあるので外での使用は適していません。

 

・密閉(クローズ)型
音が漏れないよう密閉されているので音の広がりが弱くなります。
反面、解像度が高く細かい音まで聞こえやすくなります。

 

安価なヘッドホンにオープン型が多い傾向です。

 

見た目でヘッドホンの形状がオープンか、密閉か見分けることは難しいです。

ウェブ上で選ぶ時も必ず確認しましょう。

 

オープン型は、近所迷惑にならないよう、室内で大きい音を楽しむ用です。(主な用途として)

 

スポンサーリンク

ヘッドヘッドホンの形状

大きく分けて2種類あります。へアスタイルにコダワリのある方はこのあたりもチェック。

 

オーバーヘッド型

オーバーヘッド型ヘッドホン

http://image.rakuten.co.jp/kadenrand

一般的にみなさんがイメージされるヘッドホンの種類です。

頭に乗せて固定するタイプですね。

 

ネックバンド型

ネックバンド型ヘッドフォン

http://image.itmedia.co.jp/

耳にかけるタイプのヘッドホンです。

髪型は乱れないメリットがありますが、耳にかけるだけなのでズレやすかったり装着感は安定しにくくなります。

このあたりは試着してみて確認してみるのもよいと思います。

 

スポンサーリンク

用途・機能別

使用シーンを考えながらヘッドホンを選びましょう!!

 

室内向け

室内向けヘッドホン

http://www.phileweb.com/

長時間でも快適に使用できるよう大型のパッドがついています。

音質重視かつ、音の広がりもあるオープン型のヘッドホンが主流。

外で着用すると音漏れが発生します。

 

 

ワイヤレス

ワイヤレスヘッドホン

Bluetoothや赤外線を使ったケーブル不要のヘッドホン。近年はBluetoothが主流ですね。

邪魔なコード類がないのはかなり嬉しいですよね。高音質なものも多いので選択肢には必ず入ってくるかと思います。
近くにBluetooth製品があると音が途切れる場合もあります。

 

DJ用ヘッドホン

DJ用ヘッドフォン

 

音楽制作現場で原音を忠実に出すことを目的としている、モニターヘッドホンの一つの種類。
クラブなど大音量の環境下でも聞き取れるよう、低音重視の音質、ハウジング回転などDJ仕様になっています。

 

片耳ヘッドホンDJ用

こういった片耳だけのタイプもあります。

 ノイズキャンセル

BOSEノイズキャンセルヘッドホン

https://www.bose.co.jp/

周囲の騒音をカットして、音楽を聞こえやすくする機能があります。

ただ、当然完全にシャットダウン出来るわけではなく、あくまで聞こえにくくなるという程度です。

人間の声は結構聞こえます。

なお、新幹線の中はノイズキャンセリング機能があってもそれほど効果はありません。

これは新幹線の発する音(高速による金属同士の摩擦)の周波数が関係しているようです。

 

スポンサーリンク

 ヘッドホンブランド紹介

音質だけでなく、デザインは選ぶ際に重要な要素になりますよね。一部のみご紹介します。

 

audio-technica

オーディオテクニカヘッドホン

 

日本を代表するオーディオ機器メーカーです。イヤホンからヘッドホンまで非常に多くの種類があります。

 

beats by dr.dre

dr dreヘッドホン

https://www.beatsbydre.com/

 

人気アーティスト、dr.dreの監修するブランド。ファッション性も高く、よく目にします。

 

BOSE

BOSEヘッドフォン

http://gqjapan.jp

 

本格的なサウンドが特徴的なスピーカーの代表的ブランド。

 

DENON

DENONヘッドホン

https://www.denon.jp/

 

創立100年を超える日本のオーディオメーカーの老舗。

 

AKG

DENONヘッドホン

http://livedoor.blogimg.jp

 

世界中のレコーディング・スタジオや放送局などで使われるプロフェッショナル・ブランド。

 

スポンサーリンク

おすすめ商品

話題性と音質、デザインなど高次元のパフォーマンスの3種類をご紹介。

 

※画像をクリックすると商品詳細が確認出来ます。

※価格は変動の可能性もあります。

 

Beats Solo³ Wireless 20,800円

長らく人気のBeatsのワイヤレス最新モデル。

いわゆる廉価版ですが、シーン選ばず使えます。スマホとの接続もバッチリ。

自然に音楽にのれる重低音が魅力です。

AKG K240 MKII 17,138円

ドイツの老舗メーカーAKGの定番シリーズK240の最新型。

プロのレコーディングシーンでも多数使用されている、いわゆるど定番。

音質はかなりフラットで低音好きには少し物足りないかもしれませんが、どの帯域もバランス良く聴こえます。

Parrot Zik2.0 約4万6千円

未来のヘッドフォンと言われるのがこちらの商品。スマホアプリと連携して、音質を好みに変えられるという驚愕の仕様。

また、ハウジング(ヘッドフォンの外側)をなぞることで通話や音楽の停止、再生、ボリューム調整なども行えます。

まさに最先端のテクノロジーが詰まった逸品です。もちろんノイズキャンセル&ワイヤレス。

 

・動画もyoutubeにいくつか上がっています。

 

Panasonic RP-HTX80B 6,064円

RP-HTX80B

家電メーカーの大御所、Panasonicからこちらもロングランセールスの最新モデル。

レトロ調のビジュアルに対して、サウンドは極めて今時のハイファイサウンド。

どんな服装にも合わせられて、おしゃれアイテムとしても活躍してくれます。

タイトルとURLをコピーしました