【夜遅くに泳ぎたい】東京都内の深夜営業しているプールまとめ

スポンサーリンク
LIFESTYLE
スポンサーリンク

夜にいきなり泳ぎたくなった!日中忙しいので夜運動したい!そんな方のための東京ナイトプール情報をご案内します。

フラっと準備をせずに訪れて水着レンタルが可能な場所もありますが、必要な道具や会員登録の有無については訪れる前にリンク先のホームページよりご確認下さい。

夏季限定のプールイベントや会員制スパなどもご紹介しています。

スポンサーリンク

夜遅くまで営業

深夜まで営業してはいないものの、仕事帰り、サークル帰りでも行きやすい、比較的遅くまで営業しているプール付きジムなど。

コナミスポーツクラブ各店舗

コナミスポーツクラブ

都内各店舗で展開するコナミスポーツクラブは23時頃まで利用が可能で、プールもあります。

店舗によって施設や料金は異なりますが、ビジターは大体2500円前後で1日どの設備も使い放題です。

立川、蒲田、渋谷、池袋、銀座、恵比寿など充実した店舗数。

店舗一覧

ジェクサーフィットネスクラブ(池袋ほか)

都内各所にあるフィットネススタジオ。中でも池袋はとても綺麗です。

アフター6会員9,174円などのメニューがあります。平日は23時まで。

公式サイト

ティップネス(各店舗)

都内各店舗にあるフィットネススタジオ。平日は23時ころまで利用できます。

通いやすい場所に多く存在し便利です。

公式サイト

新・港区スポーツセンター(芝浦)

2014年12月にオープンしたばかりで綺麗です。

区外者は800円、港区に通勤したり通学している人は500円で利用できます。ジャグジー付の充実の設備で22時半まで営業。

東京都港区芝浦1丁目16番1号 (みなとパーク芝浦 3~8階)

→JR田町駅東口徒歩5分

公式サイト

豊富なマシン、プール、シャワー完備。定番の「東京体育館(千駄ヶ谷)」

スポーツの公式大会なども度々行われる、千駄ヶ谷駅・国立競技場駅すぐの東京体育館内にあるフィットネスエリア。

25mと50mの2種類のプール、ランニングなどの有酸素系マシン、ベンチプレスなどの大型マシンに分かれた2つのトレーニングルームのほか、シャワールーム、マッサージチェア、有料マッサージやエステルームなども完備する東京の定番区営ジム。。

東京体育館トレーニングルーム

追加料金なしで2時間半600円のリーズナブルな価格で利用できます。駐車場は60分100円。

平日は23時まで営業しています。

住所:〒151-0051 東京都渋谷区千駄ヶ谷1−17−1

営業時間:平日:9:00~23:00/土曜:9:00~22:00/日曜・祝日:9:00~21:00

料金:600円

公式サイト

景観が魅力の公共スポーツセンター「池袋スポーツセンター」

池袋スポーツセンター

ランニングマシン・エアロバイクなど有酸素運動系マシンが33台、筋力アップのためのマシンを20台揃える豊島区の区営スポーツセンター。

高層階に位置しているのでトレーニング中の眺めも絶景で、特に11階にある25m×4コースの温水プール&ジャグジーが絶景で人気。エアロビクスやヨガ、ピラティスのクラスも開催している開放感あるスタジオも足を運んでみたい。

住所:豊島区上池袋2-5-1 健康プラザとしま 9階

営業時間:午前8:30~午後10:00/日曜 午前8:30~午後9:00

料金:400円

公式サイト

2010年リニューアルしたばかりの公共ジム「墨田区総合体育館(錦糸町)」

墨田区総合体育館(錦糸町)4

予約不要・登録不要の公共系ジムの中でも比較的新しく設備が非常に充実しているのが、錦糸町にある墨田区総合体育館。2010年オープンなので館内はとても綺麗で充実したトレーニングを楽しめます。

充実した機材をそろえるトレーニングルームは2時間500円、プールも同様に2時間500円で利用できます。そのほか大型アリーナやフットサルコート、アーチェリー施設、カフェなど個人・団体利用を問わず使うことが出来ます。

墨田区総合体育館(錦糸町)

墨田区総合体育館(錦糸町)2

墨田区総合体育館(錦糸町)3

住所:東京都墨田区錦糸4-15-1

営業時間:9:00〜22:30

駐車料金:30分ごとに平日100円・土日祝日200円

料金:500円(プール・ジム別料金)

公式サイト

タイトルとURLをコピーしました