【特徴は!?】有料版の「YouTube Red」ついにリリース。音楽や映画が利用し放題に

スポンサーリンク
LIFESTYLE
http://techcrunchjp.files.wordpress.com
スポンサーリンク
http://techcrunchjp.files.wordpress.com

http://techcrunchjp.files.wordpress.com

かねてより噂のあったYouTubeの有料サービスが、ついに時期も含めて正式発表されました。

月額9.99ドルで音楽・映画・テレビ番組を利用し放題、YouTube内の動画を広告なしで閲覧できるサービスとしてリリースされるようです。

動画見放題・音楽聴き放題サービスを各社が展開する中、追随する形となりました。

他のサービスとどう違う?

046

最近増えている定額制のサービスですが、YouTubeは他のサービスとどう違うのか。

それはGoogleが運営しているという所にあります。

Googleは既に音楽の聴き放題サービスGoogle Playを導入していますが、「YouTube Red」に加入すると、どちらのサービスも同時加入した事になります。

つまり、映画やテレビ番組、映像コンテンツと音楽が、1つの料金体系で聴き放題・見放題になるという、他のサービスにない強みが生まれるんですね。

AWAやLINE MUSICは音楽のみ、Netflix、huluなどは音楽がありません。Amazonプライムは音楽もありますが年会費制ですね。

日本版はこれから

74

http://gogotsu.com

日本でのサービスは本国アメリカでリリースされる10月28日以降となります。

「YouTube Red」は専用のアプリなどは持たず、これまでのYouTubeの中にRedのメニューが追加されるようなイメージだそうです。

また、映像コンテンツはオフライン時にも再生できるよう、ダウンロード&保存機能を備えているとのこと。

iOSでも利用できるようですが、アップストア経由で課金するため、月額12.99ドルと若干高くなっています。

今後はGoogleオリジナルの映像コンテンツをリリースしたり、様々な展開を行っていくとアナウンスされていました。

日本版の展開もラインナップ等、気になりますね。

参考出典:TechCrunch Japan

タイトルとURLをコピーしました