ディズニーランド&シーが新エリアの開発を発表!「アナ雪」の北欧モチーフなど

UPDATE

東京ディズニーリゾートを運営するオリエンタルランドグループがテーマパーク事業の今後の展開を発表!

スポンサーリンク

スポンサーリンク

http://www.hochi.co.jp

http://www.hochi.co.jp

東京ディズニーリゾートを運営するオリエンタルランドグループは4月28日、2015年3月期の決算発表と同時に東京ディズニーランドとディズニーシーの新構想を発表しました。

 

その内容は、ディズニーランドでは「ファンタジーランドの再開発」をコンセプトに面積を現在の2倍に拡大、東京ディズニーシーでは、ロスト
リバーデルタの南側の拡張用エリアに、8 つ目の「新テーマポートの開発」を検討しているというもの。

今後10年間で5000億円レベルの投資を行っていくそうです。

 

注目の新エリアは3つ。いずれも2017年度以降のオープンを予定しているそうです。

 

「アナと雪の女王」エリアが登場!

映画・主題歌共に大ヒット。世界中で大ブームとなった「アナ雪」の新エリアがディズニーシーに登場。

舞台である北欧をテーマにしたエリアになるそうです。

アナ雪モチーフの新アトラクションやレストランなども増設し、現在の「アラビアンコースト」と同等の面積になる模様。

 

「美女と野獣」、「ふしぎの国のアリス」エリア

tdr-new-area2

(c)Disney

 

東京ディズニーランドでは、現在のファンタジーランドを大幅改装。「美女と野獣」「ふしぎの国のアリス」をテーマにした新エリアとして運営してく方針とのこと。これにより現在のファンタジーランドは約2倍の大きさになります。

『ふしぎの国のアリス』をテーマとしたエリア (c)Disney

(c)Disney

こちらが「不思議の国のアリス」をテーマにした新エリア。

 

http://blog.so-net.ne.jp

現在のファンタジーランド。「イッツ・ア・スモールワールド」などもリニューアルするそうです。

結構古いままなイメージでしたからね。

 

昨年はユニバーサルスタジオジャパンの大躍進もあり、オリエンタルランドの2015年3月期の決算は売上高・営業利益など軒並み減益。(前年は30周年イヤーでしたが)

今後の展開にさらに注目ですね。

 

▼オリエンタルランドの新構想資料はこちら(PDF)

 http://www.olc.co.jp/news/olcgroup/20150428_04.pdf

SHARE THIS ARTICLE

RELATED POST

LATEST NEWS

2017.10.16

極寒フィッティングルームも! CANADA GOOSE日本初の旗艦店が千駄ヶ谷にオープン

2017.10.10

コムデギャルソン×コンバース 100周年を記念したChuck Taylorが発売予定

2017.10.06

【10/7発売】SUPREME×STONE ISLAND2017 コラボアイテム一覧

2017.10.05

2017年-18年最新! 最新&最注目のメンズスニーカー20選

2017.09.21

隈研吾がデザインした絶景カフェ「COEDA HOUSE」が熱海にオープン

2017.09.19

2017-18秋冬 ハイエンドブランドのメンズアウター23選