【開けてみた】青山フラワーマーケットの「究極の花」を贈る新サービス・THE FLOWER

スポンサーリンク
LIFESTYLE
スポンサーリンク

2

選ばれた者だけが生産を許される、イングリッシュローズ「ダーシー」をご存知でしょうか。

「日本バラ切花品評会」にて史上初の通算4度受賞し、皇室へバラを献上したこともあるという、杉本ばら園の「ダーシー」の中から更に厳選した特級品の「ダーシー」を産地直送で1日20本限定でお届けしてくれるサービスが、2015年10月より開始されました。

これは、青山フラワーマーケットが厳選した「究極の花」をお届けする新サービス「THE FLOWER by Aoyama Flower Market」の第1弾。

今回このギフトセットを頂く機会があったので開封してみます。

高さ70cmのボックスに

IMG_3603

産地から直送されるボックスは高さ70cm×幅12cm×奥行12cmとかなりのインパクト。

高級感と品のある箱で届けられます。

IMG_3605

▪セット内容

IMG_3607

・バラ「ダーシー」
・フリーペーパー/ポスター(裏表)
・ポストカード3枚
・フレッシュフラワーフード(切花鮮度保持剤)
・お手入れカード
・メッセージカード
オリジナルメッセージカードには希望のメッセージを印字することも可能なようです。

フレッシュフラワーフードは水に希釈することで花の寿命を長引かせてくれるもの。

写真がアレですが花瓶に挿してみると非常に美しい…鮮やかな色合いで部屋が華やぎます。

ほのかに甘い香り。

IMG_3650

ダーシーの魅力

2

ダーシーはイングリッシュローズの一種で、デヴィッド・オースチン社に認められた生産者のみに生産が許されていています。その魅力の一つは咲き進むにつれて花の色が変化していくところ。

蕾の頃は明るいクリムゾンで、開花するにつれラズベリーレッドへと変化します。ロゼット型へ完全に開花すると、花の中心に魅力的なゴールドの雄しべの房がのぞき、花の色は豊かなパープルの色調へと深みを増していきます。また、開花とともにとても軽やかなフルーツの香りが漂います。

「杉本ばら園」

今回の「ダーシー」を栽培しているのは滋賀県にあるバラの栽培農家。

デヴィット・オースティン社からイングリッシュローズの正当な栽培農家として認められています。

バラの生命力と向き合った栽培方針で、茎・葉・花」の三位一体にこだわり、日本一のバラを決める品評会「日本バラ切花品評会」で史上初の通算4度の受賞をしているそう。

究極のバラ「ダーシー」のギフトセットは1セット3000円(税別)。

とっておきのギフトにいかがでしょうか?

■「THE  FLOWER」
http://theflower.aoyamaflowermarket.com/

タイトルとURLをコピーしました