【気になる雑学】実は犯罪になってしまう日常のシーンが結構あった!

スポンサーリンク
LIFESTYLE
スポンサーリンク

やば!コレって犯罪だったの!

逮捕の瞬間

普段の、何気ない行動が原因で、ある日警察から・・・そんな事態を避けるために確認しておきましょう!

スグに罰せられるような事は少ないですが、要注意ですよ。

自転車で歩道を走る

自転車

自転車は道路交通法では「軽車両」です。

道路標識の「自転車歩道通行可」があるところ以外では、車道を走らなければいけません。車とぶつかりそうで危ないシーンって結構ありますけどね。

お酒を飲んで自転車に乗る

乾杯

これは結構有名かも知れません。職務質問や検問で見つかると罰せられます。

特に夜は自転車で走行していると呼び止められやすいので注意。しかも、5年以下の懲役又は100万円以下の罰金と、かなり罪は重いです。

実際に罰せられることも結構多いので注意しましょう。ちなみに押して歩くのは犯罪になりません。

酔ってフラついて道を歩く

酔っ払い

実はダメ!

「歩行者が道路において、酒に酔つて他の交通の妨害となるような程度にふらつくこと」道路交通法76条にて禁止されています。

オフィス・ファミレス・喫茶店で充電

充電

充電を想定(許可)していない場合はダメ。

会社の電気は会社の為に使用しなければいけないから窃盗罪。会社が使用する電力を横領していると考えられます。厳密には電気窃盗罪と言う。他にもファミレスやカフェ、喫茶店、カラオケ等でも許可を得ていなければ同じ。

多く貰ったお釣りを申告しない

返さないと、刑法246条の詐欺罪になります。

落とし物を拾って自分の物にしてしまう

「元の持ち主の占有を離れた物」とみなされ、それを黙って自分の物にしてしまうと、遺失物等横領罪(刑法254条)です。

警官のコスプレ

警察官のコスプレ

警察官以外の人が警察官のコスプレをして、屋外で警察官のフリや、警察の者ですと名乗ることは、軽犯罪法1条にて禁止されている。友人の家の室内でパーティなどの際は大丈夫です。屋外でのコスプレは注意が必要です。これは自衛官や消防士なども同様。

隠れんぼ中に勝手に家に帰る

隠れんぼ

なんと、「探し出すまで帰れない」という事で、監禁罪にあたる場合も。

寝ている友人に落書き

肉の落書き

暴行罪になります。

暗証番号を解き他人の携帯を見る

携帯の暗証番号

実はこれを罰する法律はないそう。損害賠償請求はあるかもしれませんが。

如何でしたでしょうか?あまり気にしなくてもいい事もありますが、万が一、という事もありますからね。

タイトルとURLをコピーしました