【キャリーバッグ】おすすめブランドを一挙紹介!個性派~ハイエンド

スポンサーリンク
スーツケース(キャリーバッグ)を持つ男性の画像LIFESTYLE
スポンサーリンク

短期出張から長期の海外渡航まで、旅行時に必ず必要になるのがキャリーバッグ(スーツケース)です。

一見、どれも同じに見えてしまうので、レンタルで十分、最低限使えれば十分、という方もいれば、ファッションと同じく、納得したものを購入して長く愛用したい、という方もいらっしゃるかと思います。

本記事では、キャリーバッグの基礎知識から選び方、定番&高級ブランドまで、まとめてピックアップします。意外に奥が深くて、1個買っても、必要ないのに2個目、3個目が欲しくなるんです…。

スポンサーリンク

キャリーバッグの選び方(基礎知識)

渡航予定に合ったサイズを選ぶ

短期の出張や旅行であれば、基本的には機内持ち込みの可能なサイズのキャリーバッグを選ぶのが無難です。特に海外の空港では、キャリーバッグの扱いが雑なことが多いため、預け入れることで破損や大きな傷ができてしまう…という可能性も。

その点、機内持ち込みであれば、家を出てから渡航先まで、自分で管理できるので非常に安心です。また、渡航先の空港に到着してから荷物を受け取る手間を省けるのも大きなメリットです。

荷物でいっぱいになっているスーツケースの画像

出典:http://www.backpackerguide.nz/

機内持ち込み可能なサイズと荷物重量

  • 航空機が100席以上の場合

① たて・横・幅の3辺の合計が115cm以内(かつ、各辺が55cm×40cm×25cm以内)

② 総重量が10kg以内

  • 航空機が100席未満の場合

① たて・横・幅の3辺の合計が100cm以内(かつ、各辺が45cm×35cm×20cm以内)

② 総重量が10kg以内

 ※重量の制限等、一部例外もある(LCCでは7kg以内の場合も)ので、必ず搭乗予定の航空会社で予め確認しておきましょう。

⇒機内持ち込みタイプのキャリーバッグを買う場合、小物をすぐに取り出せるよう、ポケットが外側に付属したタイプがオススメです。

キャリーバッグの容量の目安

短期渡航であれば、機内持ち込み可能なキャリーバッグを選ぶのも一つの手ではありますが、大は小を兼ねるという言葉もあるとおり、将来、もっと長期の旅行や滞在があるかも知れません。購入の際は、自分の今後の数年くらいのライフスタイルに合ったサイズを選ぶのも良いかもしれません。

宿泊数とキャリーバッグの容量の目安は下記のとおりです。

  • 1~2泊 : ~40L
  • 3~4泊 : 45L~59L
  • 5日間~1週間 : 60L~74L
  • 1週間~10日間 : 75L~84L
  • 10日間~2週間 : 85L~94L
  • 2週間~ : 95L~

一方、キャリーバッグが大きすぎると、航空会社から超過料金を請求されることがあります。機内持ち込み、預け入れ荷物ともに、各航空会社で規定が異なり、たびたび許容量も変化するので、特に「ちょっと多いかも」と思われる方は、最新情報を調べたり直接問い合わせすることをオススメします。目安としては超過するごとにだいたい1万円~2万円程度です

キャリーバッグの種類

快適に旅行や出張を過ごすために考慮したいのが、それぞれ特徴を備えたキャリーバッグの種類。

本記事ではこれを、以下の4タイプに分けてご紹介します。

  1. ハードタイプ
  2. ソフトタイプ1
  3. ソフトタイプ2
  4. マチ広タイプ

1.ハードタイプ

一般的なキャリーバッグでイメージされるこちらのタイプ。

多くはポリカーボネイトなどの素材でできており、衝撃に強く、荷物を保護する能力が高いのが特徴です。より硬いアルミなどの材質になればなるほど、保護能力も高くなると同時に、高級感のある質感になる傾向があります。

ハードケースのキャリーバッグの画像

出典:https://www.gittigidiyor.com/

ソフトタイプ1

ポリエステルやレザーなどでできたキャリーバッグのタイプです。

外側にポケットが付属することが多く、保護能力よりも利便性を追求していることが多いのが特徴です。一方でハードタイプよりは衝撃に弱く、機内持ち込みの許容範囲内で作られたものが大半です。

[サムソナイト] スーツケース ジャニック スピナー66 80.5L 66cm 3.7kg 89125 国内正規品 メーカー保証付き

出典:https://www.amazon.co.jp/

ソフトタイプ2

スポーツタイプのドラムバッグや、バックパックにそのままキャスターが付属したようなキャリーバッグです。

こちらも外側にポケットが付属するなど、利便性が高い一方で、「2.ソフトタイプ1」よりもさらに衝撃に弱くなります。メリットとしては、軽量かつ荷物がない時に小さく畳めることから、場所を取らないという面を持ち合わせることが多いです。

パタゴニア patagonia ダッフル バッグ スーツケース キャリーバッグ ブラック 黒ホール ウィールド 49381 ブラック 黒 [並行輸入品]

出典:https://www.amazon.co.jp/

マチ広タイプ

キャリーバッグのマチに十分な長さがあるタイプのことです。

マチが広いことで、縦と横の長さがそれほどなくても大容量を収納できる(=航空会社の超過料金となるサイズを回避できることも)ほか、ヘルメット、特殊な機材、置物など、通常のスーツケースでは収納できないものを持ち運べるのもメリットのひとつと言えます。

[リモワ] キャリーバッグ 923 TOPAS 32L 4輪 2-3日 機内持ち込み可 55 cm 4.6kg Silver [並行輸入品]

出典:https://www.amazon.co.jp/

TSAロックの有無

ロック式ダイアルのあるキャリーバッグの画像

出典:http://www.suitcase-mania.net/

預け入れ荷物のチェックが特に厳しいアメリカ(グアムやサイパン、ハワイ含む)では、米国連邦航空省運輸保安局(TSA)が、乗客の許可なくキャリーバッグを開ける場合があります。

このため一般的には、スーツケースは開錠したままにしなければなりませんが、万が一施錠したままの場合、鍵やキャリーバッグ自体を破損させて中身を調べることになります。これを回避できるのが特殊ツールを使用して開錠できる「TSAロック」で、スーツケースを施錠したまま検査に出すことが可能になります。

直近でアメリカへの渡航がないとしても、TSAロックがあると便利でしょう。

一方で、TSAロックがなくても別売りでバンドタイプ、南京錠タイプの販売も行われています。上で紹介した「3.ソフトタイプ2」のキャリーバッグの場合も基本的にTSAロックがないので、南京錠タイプなどを購入しておくと便利です。

スポンサーリンク

おすすめのキャリーバッグブランドまとめ

ここからはキャリーバッグのおすすめブランドをご紹介していきます。

American Tourister(アメリカンツーリスター)

日差しの中で戯れる男女とキャリーバッグの画像

出典:http://www.americantourister.jp/

機能的で豊富なカラーバリエーションが人気の、1933年アメリカ生まれのキャリーバッグおよびビジネスバッグブランドです。

ハードケースを中心として、ミニマルなデザインやPOPなカラーリングのキャリーバッグが揃い、創業80年以上を誇る歴史に裏打ちされた十分な品質も魅力。同じくキャリーバッグの世界的ブランドであるサムソナイト社の子会社として、よりリーズナブルな商品展開を行っています。

キャリーバッグはどこが作っているのかよくわからないノーブランドものも多いですが、キャスターが壊れたりなんてことも多いので、しっかりとした品質の、このあたりの価格帯から選ぶのがオススメです。

アメリカンツーリスター - American Tourister
1933年にアメリカで創業した「アメリカンツーリスター」は、より丈夫で、より機能的で、より美しいデザインを目指し続けてきました。世界40ヶ国以上で愛されてきた品質を、日本のツーリスト達にお届けいたします。アメリカンツーリスター オフィシャルサイトはこちら。

Herschel Supply(ハーシェル サプライ)

ハーシェル・サプライのTrade Luggage | Carry-On Largeの画像

出典:https://herschel.jp/

2010年にカナダのバンクーバーで創業した、バックパックを中心として、シンプルかつスタイルを選ばないバッグ作りで人気のブランドです。

若者からセレブまで愛用する普遍的なデザインが魅力のハーシェルでは、「TRADE LUGGAGE」と題してシンプルなデザインのキャリーバッグを展開。リュックなどによく見られる、ものを引っ掛けるための「||」が施されているのもこのブランドならでは。縦長のシルエットも他にあまりなく魅力あるデザインです。

ハードタイプのほか、ソフトタイプの展開も豊富。カラーバリエーションの豊富さが嬉しいですね。

ハーシェルサプライのHighland Luggage | Carry-Onの画像

出典:https://herschel.jp/

Travel

EASTPAK(イーストパック)

EASTPAK イーストパック TRANZSHELL L 75L EK75F ハードケース スーツケース キャリーケース キャリーバッグ TSAロック 海外旅行 出張 高耐久 5泊~7泊用

出典:https://www.amazon.co.jp/

EASTPAK(イーストパック)は1960年にアメリカで創業したバッグブランドです。

コーデュラなどのタフな素材を初めてリュックに採用し、そのコストパフォーマンスの高さから学生を中心に高い人気を誇ったほか、軍隊向けのナップザックやダッフルバッグなども制作してきた由緒あるこのブランド。

一般的にデザインバリエーションが少ないキャリーバッグにおいて、奇抜なプリントやカラーリングがあるのも特徴です。写真上のタイプで容量75L。

[イーストパック] キャリーバッグ スーツケース キャリーケース 機内持ち込み Tranzshell Sサイズ 32L トロリーバッグ トラベルバッグ EK73F 008 363

出典:https://www.amazon.co.jp/

こちらは発泡体とファブリックを合成させた特殊な素材をボディに採用した、ハイブリッドタイプのキャリーバッグ。容量32Lで1泊~2泊用です。

バッグを探す | EASTPAK
EASTPAK

CRASH BAGGAGE(クラッシュバゲッジ)

crashbaggage の ラグナブルー M / CB162-14 の画像

出典:https://crashbaggage.jp/

キャリーバッグといえば雑に扱われ、傷やヘコミ、汚れがつくもの…そんなデメリットを見事に逆手に取ったのがイタリア・ヴェネチア生まれのデザイナーであるフランチェスコ・パヴィアがスタートしたラゲッジブランド「CRASH BAGGAGE(クラッシュバゲッジ)」。

crashbaggage の 機内持ち込みサイズのS/M/Lの3つのラインナップ の画像

出典:https://crashbaggage.jp/

加工の絶妙さにより、凹みがありながらあくまでデザインだとわかるのも巧いところ。ドレスウェア、ストリートウェアなど、ファッションにこだわりのある方に特にオススメのデザインですね。

コンサバティブなデザインが多いキャリーバッグの中で唯一「遊び」があるブランドだといえるでしょう。

クラッシュバゲージ公式オンラインショップ | CRASH BAGGAGE | OnlineShop
あの話題のイタリア発スーツケースブランド、「クラッシュバゲージ(CRASH BAGGAGE)」 公式オンラインショップです。クラッシュバゲージのスーツケースは個性的で斬新なボコボコの凹みデザインがオシャレ世代を魅了し人気を集めています。さらに、丈夫で軽いのもオススメの理由です。

Samsonite(サムソナイト)

サムソナイトの公式ページの画像

出典:https://www.samsonite.co.jp/

言わずと知れたキャリーバッグ(スーツケース)界のトップブランド。

1910年にアメリカで創業し、その歴史は100年以上。激しい衝撃や摩耗にも耐えうる強靭な耐久性が売りで、60年代から世界トップブランドに君臨し続けています。現在はイギリスに本社を構え、ファッションブランドとのコラボレーションやトラベルバッグのOEMなども手掛けています。

超軽量から大容量、また個性的なデザインやハイエンドライン等、様々なモデルがあるので、選ぶのに正直迷います。もちろんサイトを眺めているだけでも楽しいです。

innovator (イノベーター)

[イノベーター] スーツケース 機内持込サイズ ベーシックモデル INV48T 保証付 38L 55 cm 2.7kg

出典:https://www.amazon.co.jp/

北欧スウェーデン生まれのライフスタイル・ブランド。

スウェーデン国旗をイメージしたキャリーバッグが人気商品で、LOFTなど雑貨店の定番商品です。クロスの部分がボディと同色のよりシンプルなデザインのタイプ、カラーリングが異なりノルウェー、フィンランドの国旗風のデザインもあります。

元々は1969年にデンマークで開催された家具フェアで出店したチェアからスタートし、シンプルなプロダクトと耐久性や機能性など、合理的なモノ作りへの評価が高いブランドです。

innovator Official Site | BEYOND BOUNDARIES
1970年代。それは、それまでの大量生産、大量消費のライフスタイルから、人々の意識が大きく変わっていった時代。高度成長がもたらした生活のあり方に、多くの人が疑問を持ち始めた時に、スウェーデンで生まれたのが、innovatorでした。

Proteca(プロテカ)

Protecaのキャリーバッグの画像

出典:https://store.ace.jp/

国内スーツケースのトップブランド、ACE(エース)社が提供する日本製キャリーバッグのオリジナルブランドです。

高い品質と日本らしい細かな部分への配慮が行き届いた作りが魅力的。たてよこ360度、どこからでも開けられる便利なスーツケース「360T」が人気商品。

プロテカの360Tの紹介画像

出典:https://store.ace.jp/

Protecaのポケットレイアウトの画像

出典:https://store.ace.jp/

縦と横、どこからでも開けることができますし、立てた状態のままでも中身が取り出せるポケットレイアウトになっているのも嬉しいポイントのひとつです。

利便性は間違いなくナンバーワンなのではないでしょうか。

Proteca(プロテカ)公式サイト [エース日本製スーツケース]
一歩先を、歩く。スーツケース・キャリーバッグを中心としたトラベルブランド「プロテカ-Proteca-」は、日本ならではのアイデアや感性を活かしてつくられる、次世代のスーツケース。日本製の高い品質と、プロテカにしかない独自の高機能を搭載。ハードスーツケースは三年保証付き。

MILESTO(ミレスト)

 MILESTO UTILITY ハードキャリー キャビンサイズサイドストッパー付クリア&オーガナイザーセット

MILESTO(ミレスト)は国内で人気のライフスタイル雑貨を手がけるイデア・インターナショナルのオリジナルブランド。

「”毎日を旅するように暮らす”大人たちへ心地良い旅支度を提案する」本ブランドでは、軽妙洒脱なトラベルアイテムを中心に提供し続けています。

ブランド10周年を記念して数量限定で生産された、大胆にもスケルトンボディの「MILESTO UTILITY」の「10TH ANNIVERSARY LIMITED EDITION」にも注目が集まっています。ポリカーボネート製の本体に、TSAロックや静音キャスター等、機能も充実しており、スタイリッシュな小旅行が楽しめそうです。

MILESTO UTILITY ハードキャリー キャビンサイズサイドストッパー付クリア&オーガナイザーセット
MILESTOブランド10周年を記念して、人気のハードキャリーのクリアモデルを数量限定生産!大胆かつスタイリッシュなスケルトンのボディには、サイドに「10TH ANNIVERSARY LIMITED EDITION」のプレートをさりげなくあしらいました。付属のリバーシブルオーガナイザーで見せる旅支度をお楽しみください。...

TIMEVOYAGER(タイムヴォイジャー)

タイムヴォイジャーのキャリーバッグたちの画像

出典:http://www.timevoyager.jp/

新潟・長岡市の包装紙メーカー「安達紙器工業」が展開する、木材パルプ由来の自然素材「バルカナイズド・ファイバー」を使用したキャリーバッグブランド。このデザインや紙由来の素材と、多くの点でイギリスの「グローブトロッター」と共通点があります。

タイムヴォイジャーのキャリーバッグたちの画像2

出典:http://www.timevoyager.jp/

グローブトロッターと比べ、4輪キャスターで使い勝手がよく、ほとんどの商品が機内持ち込み可能なサイズです。手作業によって作られるディティールは、同ブランド所有者でも満足できるクオリティで、特徴的なスケートボードのトラック&ウィールを採用し、滑らかな機動力も魅力のひとつといえます。

▼「Premium Ⅱ」には小物が収納できる小物蓋も。クオリティはかなり高いです。

タイムヴォイジャーのキャリーバッグpremium2の画像

出典:http://www.timevoyager.jp/

http://www.timevoyager.jp/standard2.html

▼「Premium Ⅰ」には小物専用蓋がないですが、スッキリしていますね。

BRIEFING(ブリーフィング)

BRIEFINGのキャリーバッグの画像

出典:https://www.briefing-usa.com/

1998年にアメリカでスタートし、ミル・スペックに準拠した本格仕様の耐久性、マルチポケットなどの機能的なディティールがありながらタウンユースにも活用できる、本格バッグブランド。

最近はハードタイプのキャリーケースが主流です。

キャリーケース | 商品一覧 | BRIEFING OFFICIAL SITE | ブリーフィング公式サイト
キャリーケース | 商品一覧 | BRIEFINGは、1998年にミル・スペックに準拠した真の“ミリタリズム-”を追求し、卓越した機能美を持つラゲッジレーベルとして開発されました。BRIEFINGのモデル ラインナップは、洗練された様々なシーンを想定し、どのようなスタイルにもフィットできるように開発されています。

TUMI(トゥミ)

TUMIの ショート・トリップ・パッキングケースの画像

出典:https://www.tumi.co.jp/

1975年にアメリカで操業され、BRIEFING(ブリーフィング)と同じくミルスペックの高い耐久性と利便性で双璧をなすブランド。

デザインとしてはこちらのほうがよりシックで、特に写真上の同ブランド初のアルミ製ケース19 DEGREE ALUMINUM(19 ディグリー アルミニウム/55L¥132,000)は要チェック商品です。

ショート・トリップ・パッキングケース|トゥミ公式サイト | TUMI
19 DEGREE ALUMINUM ショート・トリップ・パッキングケース

MONTBLANC(モンブラン)

モンブランのキャリーケースの画像

出典:https://www.montblanc.com/ja-jp/

ドイツ発祥の筆記具メーカーであり、万年筆が世界的に人気のMONTBLANC(モンブラン)もキャリーバッグを展開しています。現在はスイスを拠点とするリシュモングループの傘下で、MONTBLANC(モンブラン)は社名ではなくあくまでブランド名です。

キャリーバッグはポリカーボネート製のブラック、ネイビーのシンプルなカラーパターンで、ブランド定番の星形マークが目印。ホイールケースにアルミニウムのトリムを採用し、衝撃からキャスターの破損を防ぐ作り。

最もリーズナブルな機内持ち込みタイプ(容量:37L)で¥68,200。

高級スーツケース、バッグ
Montblanc®のスーツケースやバッグが揃った公式オンラインストアで、様々なモデルやサイズをお求めいただけます。安心のお支払いシステムでショッピング。

BURTON(バートン)

バートンのキャリーバッグの画像

出典:https://www.amazon.co.jp/

ウィンタースポーツ関連のウェアが定番のBURTON(バートン)はソフトタイプのスポーツ利用に便利なキャリーバッグが豊富です。荷物が整理しやすい仕切りポケットの配置やTSAロック対応もBURTON(バートン)の魅力のひとつです。

現在も続いている日本のストリートウェアブランド、NEIGHBORHOOD(ネイバーフッド)とのコラボレーションでは以前、キャリーバッグも展開していました。今後についても期待しましょう。

【バートン公式】キャリーオンラゲッジ(キャリーバッグ / キャリーケース)の通販 | BURTONオンラインストア
キャリーオンラゲッジ(キャリーバッグ / キャリーケース)商品一覧。会員登録で初回送料無料。平日13:00までの注文で当日発送。ブランド誕生から約40年にわたり、革新と進化を続けるスノーボード&アウトドアのトップブランド。
スポンサーリンク

⇒次ページではハイエンドな8ブランドをご紹介!

 

タイトルとURLをコピーしました