【トレーダーが解説】仮想通貨・ビットコインとは? 基礎知識や投資方法など

スポンサーリンク
LIFESTYLE
スポンサーリンク

仮想通貨に投資する

ここからは仮想通貨への投資について簡単にご説明していきます。「トレーダーが解説」とか言っておきながら、私はほとんど寝かせているだけですが。

現在の状況を見ると、大きな下落を挟みながらも、各仮想通貨は右肩上がりに上昇し続けると思われます。

大きなトラブルが起きない以上、モノやサービスのやり取りに仮想通貨を使うシーンが増える、というのは可能性として大いに考えられるうえ、銀行やATMのようなお金を使うために払わなければいけない余計なコストがかからないからです。あと、これからSBIやGMOなど、これまで株やFXを提供してきた会社が次々と参入するから。

「①投資として盛り上がりながら、②使いやすいように整備され社会にゆっくりと浸透していき、③やがて多くの人が利用するサービスになる」というのが仮想通貨の未来なのかなと。あとは日本の財政や経済が破たんすることも大いに考えられる(というか避けられない?)ので、5年先10年先はとんでもない価値になっているかも知れません。

とはいえ、投資としてはあくまで余剰資金で行うのがベスト。需要と供給以外、株みたいに価値の裏付けがありませんから。

仮想通貨の投資手法

仮想通貨への投資方法には以下のようなものがあります。だいたい株と同じ。

1.短期トレード

仮想通貨は現在のところボラティリティ(価格の上下)が非常に高く、短期トレードに向いてます。安く買い、高く売る。

ビットコインは直近1か月で約12万円、イーサリアムは直近1か月で約3万6千円の値幅があります。しかもそれほどの値動きがありながら、底値は上がっているという印象もあり、投資熱も過熱中。

2.長期保有

将来的な仮想通貨の普及を見越せば、現在の価格はまだまだ安い、という考えのもと長期保有するのもあり。

余剰資金でやれば相場に振り回されることもないはず。

3.アービトラージ

国内外で仮想通貨を取り扱う取引所はさまざまありますが、それぞれ別々に取引を行っているので、買値や売値には開きがあったりします。複数の取引所のアカウントを取得し、取引所ごとの価格差で稼ぐのがアービトラージ。

4.証拠金取引

FXのように元本にレバレッジをかけた取引(証拠金取引)が可能です。例えば10万円を元手に、レバレッジを10倍にする。このとき、仮想通貨の価格が10%上がれば、10万円が儲かる(100万円で取引していることになるため)。

反対に、10%値下がりすると、元本を失う(10万円の取引で10%下がれば、1万円の損で済む)。

分散投資の観点から、そしていろんな通貨に触れ、それぞれの通貨の詳細を知ってみるという意味でも、複数の仮想通貨が買えるcoincheck(コインチェック)がオススメです。

仮想通貨の投資商品としての特徴は?

1.ボラリティが高い

前項でも述べたように値動きが株の比較にならないほど大きい。このため現時点ではデイトレで結構儲かりやすい。

2.価格の裏付けがない

株価の場合、ある程度企業の業績に合わせて変動しています。例えばちょっと値を下げたとしても、適正価格より下がることは少ない。一方仮想通貨の場合、値段を決めるのは「買いと売りの数」だけ。つまり値段に根拠はなく、上がるときは上がりつづけ、いったん不安が広がればどこまでも下がり続けて価値がなくなる可能性がある。

3.手間もお金もほとんどかけず始められる

例えば1 円分(約 0.00000347 BTC)からでも投資ができ、株やその他の投資に比べ圧倒的に始めやすい。なおかつ口座開設も楽。

株・投信・FX・各種積み立てと比べてもかなり始めやすいのが仮想通貨です。一方でリスクや今後の推移については未知数。(2017年8月1日の「ビットコインハードフォーク問題」だけはチェックしておきましょう)

仮想通貨投資をする上での注意点

1.分散投資

ビットコインを始め、イーサリアムやリップルなどの仮想通貨の価格上昇は目覚ましい。ですが、投資の基本はリスク分散。

例えば現在の値動きなら、投資金額をほぼ等分して色んな仮想通貨を買ってみるのも方法の一つ。値上がり・下がり率によって配分を変えてみたりしてみるのも良いでしょう。長期保有分と短期トレード分で予算を分けるのも手。

2.取引所をよく確認する、2段階認証を設定する

日本最大手のbitFlyer(ビットフライヤー)coincheck(コインチェック)のほか、上場企業の取引所などでアカウントを作るのが望ましいです。また、面倒ですが毎回のログインで2段階の認証があるよう設定すること。不正ログインの保証対象外になってしまう場合もあるので、お忘れなく。

3.よくわからない仮想通貨は買わない

「新しい仮想通貨がリリースされて、投資すれば儲かります!」と謳った詐欺が登場しているようです。

信頼できる通貨であればそのうち取引所で取り扱われるようになるので、あくまで仮想通貨は取引所で買うようにしましょう(※一部、「ICO」という形で未公開の仮想通貨への投資を募る動きもありますが、これも必ずしも安全なものとは言えません。)

4.税金については最寄りの税務署などに確認する

「仮想通貨法」の制定により、現時点で仮想通貨はモノ=資産と見なされています。

物品と購入する際は資産の譲渡にあたり、消費税は発生しません。また、利益が出た場合は50万円以上で確定申告をする必要があります。(ただじ、取引所から銀行へお金を送金しなければ利益とはみなされません。つまり100万円の利益が出たとして、2年間で50万円以下ずつ出金すれば非課税です。)

こういった税制や法令に関しては今後変わっていく可能性もあるので、逐一情報収集しましょう。

ビットコイン投資で参考になるサイトやアカウントのまとめ

ビットコイン投資をする上でチェックしておきたいサイトやSNSアカウントを記載しています。

Bitcoin日本語情報サイト  仮想通貨関連の最新ニュースや過去のデータまで掲載。投資家はチェック必須

BTCN|ビットコインニュース  こちらも仮想通貨関連のニュースサイト。情報も早いので逐一チェックしたい

墨汁うまい(BokujyuUmai) 「日本最速の情報」を自称する仮想通貨関連の情報アカウント

大石哲之ブログ コンサルティングや会社設立を経たのち仮想通貨の様々な事業に携わる人のブログ

CryptoCurrency Market Capitalizations  各仮想通貨の時価総額の推移やランキングがチェック可能

ニシカズの仮想通貨、ゲス戦略特区!    デイでの仮想通貨取引をブログで発信。わかりやすい

妄想175@投資も人生も自己責任

以上、仮想通貨に関するまとめでした。あくまで余剰資金で、この新しい金融システムの誕生をたのしみたいですね。

日本で一番簡単にビットコインが買える取引所 coincheck bitcoin

興味を持たれた方は、取引所のご登録もお忘れなく。

タイトルとURLをコピーしました