今すぐ直したい恥ずかしいビジネスマナーNGワード集

UPDATE

ついつい使って恥をかいてしまったり、周りを不快にさせてしまうビジネス上のNGワードをご紹介。正しく覚えておけば余計な気も遣わずに済みますね。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

評判を落とす、敬遠されるNGワード

 

◆「どちらでもいいです」

やる気なさそう、俺(私)の話なんてどうでもいいのか…と思われてしまうNGワード。

「判断が難しいですね」、「あなたの判断した方なら私は信頼できます」「今すぐに結論出すのは難しいね」

といった言葉遣いの方が無難です。

相手を信頼する気持ち、もしくは議論をもう少し煮詰める方向で話した方が相手も前向きになれます。

 

◆「知ってましたか?」「わかりましたか?」

やや上から目線で相手によっては不快感を感じてしまうワード。

「ご存知でしたか?」「ここまではご理解いただけましたか」と、もう少し丁寧な言い回しに。

 

◆「したつもりだったのですが…」

言い訳っぽく自分の非を認めない傾向にある人がよく使ってしまうキーワード。

結局、出来ていなかった事は事実ですから、あれこれ言っても相手は聞いているのさえうんざりしてしまいます。

「私の勘違い(ミス)でした」と、素直に認めてリカバリーに努めた方が断然周りとの信頼関係も築けます。

 

◆「了解です」

了解というのは、認めるというニュアンスがあります。上司が部下に対して使うのはOKですが、逆はNG。

「承知しました」「分かりました」がベター。

 

◆「〇〇になります」

なりますとは、物事が〇〇になる、という表現。

例えば、「受け付けはあちらになります」も、日本語の正しい使い方としては間違っています。

「あちらです」「あちらでございます」が正しい使い方。

 

◆ご苦労様です

目上の人に対して使うのはNG。「ご苦労」は、上の人から下へのねぎらいの言葉という印象があります。

 

◆すみません、から入る(依頼や誘いを断るとき)

例えば飲み会や食事に誘われた時、「すみません、予定が入っているんです」というパターン。どうしても断りの言葉が先に出ると拒否する気持ちが強い印象になります。「ありがとうございます!ただ今日は予定が入っておりまして…」と言うのがベター。

 

◆よろしかったでしょうか?

飲食店やコンビニなどでもでよく耳にすることが多いこのワード。押しつけがましい印象があり不快感を覚える人は多いです。結構多くの人が使っていると思いますが、初めて了解を取るのに過去形を用いるのは「?」です。了承することが前提のように感じるのでよくありません。

 

◆ご利用できません

これもよく耳にするワードです。「できません」が敬語になっていないため、キツい印象を与えます。「ご利用になれません」「ご利用いただけません」が正解。

 

◆とんでもございません

「とんでもない」で1つの言葉です。「とんでもないです」、「とんでもないことです」が正しい表現。

 

◆お座りください

犬に「お座り!」というように、割と近い友人や動物に対して使う言葉です。お客様に使うのはNG。「お掛けください」が正解。

 

◆伺っていますか?

伺うは謙譲語のため、自分が先方に「伺っております」というなら正解。相手に対して確認する際は「お聞きになりましたか?」と尊敬語を。

 

今更聞けない敬語のマナー

SHARE THIS ARTICLE

RELATED POST

LATEST NEWS

2017.10.16

極寒フィッティングルームも! CANADA GOOSE日本初の旗艦店が千駄ヶ谷にオープン

2017.10.10

コムデギャルソン×コンバース 100周年を記念したChuck Taylorが発売予定

2017.10.06

【10/7発売】SUPREME×STONE ISLAND2017 コラボアイテム一覧

2017.10.05

2017年-18年最新! 最新&最注目のメンズスニーカー20選

2017.09.21

隈研吾がデザインした絶景カフェ「COEDA HOUSE」が熱海にオープン

2017.09.19

2017-18秋冬 ハイエンドブランドのメンズアウター23選