スーツスタイルでセンスの悪い印象を与えてしまいがちなNG項目8つ

スポンサーリンク
バツ印のラインの画像BUSINESS
スポンサーリンク

ビジネスマンの戦闘服でもあるスーツは、着こなし方次第によって、その人の魅力を10倍にもする可能性も秘めていますが、ちょっと間違えると1/10にもしてしまうものです。

現代社会は特に「人は見た目が9割」なんてフレーズも出回っているこの時代。まずはあなたの素敵な中身を見てもらう前に、見た目でネガティブな印象を与えてしまって損していないか、ちょっと目を向けてみましょう!

スポンサーリンク

チェックしておきたいNG項目

柄が多い

スーツやネクタイの柄が多い画像

例えば

  • ブロックチェックのスーツにギンガムチェック、さらに小紋柄のネクタイ…
  • ストライプのスーツにストライプシャツ、ストライプネクタイ…

などなど、柄を取り入れすぎて、ごちゃごちゃした印象になっていないかチェックしてみましょう。

スーツ、シャツ、タイの組み合わせで、基本は柄が2つまでが良いでしょう

下手をすると「目がチカチカする」とか「柄の人」という印象になってしまいます。

モノトーンすぎる

Global styleの「ブラック(黒)スーツ・ダークスーツの着こなしとシャツの合わせ方」の画像

出典:global-style.jp

黒のスーツについては、最近はビジネスでも着用して違和感のないものが増えましたし、クールな印象を与えるブラックスーツは、若年層を中心にビジネスでも使う方が多くなってきました。

しかし、ここで一点注意が必要です。例えば柄のない白シャツに黒ネクタイなどは弔事を連想させますよね。またその他にもシャツやネクタイもモノトーンだったりすると、やはり違和感が出てしまいます。

ですので、上の画像のように、合わせるシャツやネクタイには、カラーや柄のものをチョイスするようにしましょう。

※海外ではまだ冠婚葬祭のイメージが強く、ビジネスシーンでのブラックスーツには違和感が出ます。また、ご年配の方の中にも、基本的にビジネスには黒スーツはNGの方が多くいらっしゃいます。

ネクタイの剣先が長い・短い

ネクタイが長い場合の画像

ネクタイの先はベルトが隠れるか隠れないかぐらいがべストです。それより短いと貧相に見えますし、長いと逆にだらしなく見えます。

ネクタイのディンプルがない

スプレーモのHPのディンプルの画像

出典:supremo.jp

ネクタイにディンプル(窪み)をつけるのは紳士のマナーとされており、これがあるとしっかりと意識が行き届いている印象を与えます。

できていない人が多いため、しっかりマスターできれば逆に差をつけることができますよ。

また、シャツの襟が大きすぎないか、緩すぎないかも同時にチェックしたいところです。

【社会人必見】ネクタイの基本的な結び方を動画で復習しましょう
覚えておいても絶対ソンしないネクタイの結び方。動画を交え、基本を復習してみましょう。実は体型の違いによって、それぞれ似合うネクタイの結び方もあるんです。

サイズ合わせの簡単チェック!

洋服の青山のHP「2-4. 正しいサイズ選びが重要」の画像

出典:y-aoyama.jp

スーツのサイズがしっかりあっているかどうか確認しましょう。

以下はすべてNG項目です。

  1. 肩線の終わりと自分の肩幅にズレがある
  2. ジャケットの一番上のボタンを留めたとき、こぶしを入れるとボタンがはちきれそう
  3. 一番上のボタン(3つボタンのジャケットは真ん中)が、へそより下にある
  4. 手を横に下ろした時に、ジャケットの裾が拳より長い
  5. 親指の付け根よりジャケットの袖が長い
  6. ジャケットの袖からシャツの袖が出ない 又は 2センチ以上出ている
  7. スーツの裾が長く、靴を履くと2クッション以上になる

いまは比較的リーズナブルにオーダースーツが作れますので、既製服に不安のある方はプロに任せるのもおすすめです。

ゼニア正規認定オーダースーツ専門店【スプレーモ銀座・新宿】
スプレーモ(新宿・銀座)では、国内に約50店舗あるゼニア正規取扱店のなかで、ゼニアの総仕入品種数は断トツトップの品揃え。創業127年のオーダースーツ専門店(新宿・銀座・岐阜)です。イタリアの最高級生地『エルメネジルド・ゼニア』を使い、こだわりを凝縮した「オーダースーツ」をあなたにおすすめします。

ベルトと靴の色が違う

出典:osharenaseikatsu.info

スーツの場合にこれをやってしまうと、かなりちぐはぐになるので注意が必要です。新しい靴を買ったときに、手持ちのベルトと合わない場合も発生するので注意しましょう。

急いで出勤する時に間違えたりする方もいますよね。

スーツの一番下のボタンを留めている

日経ビジネスHPの「ジャケットのボタンはいくつ留める?」の画像

出典:business.nikkei.com

スーツは、2つボタンでも、3つボタンでも、もともと一番下のボタンは留める事を想定していません。留めてしまうと、ウエストのシェイプが崩れ、ボックス型のシルエットになり、垢抜けない印象になってしまいます。

シャツの襟がやたらに高い

paulie「ビジネスで避けるべきワイシャツ8選 – ダサいと思われないシャツの選び方」の画像

出典:paulie.jp

ドゥエボットーニシャツと呼ばれる、襟の高いタイプのシャツを代表として、襟があまりに高いシャツは、スーツその他のアイテムと比較して主張が出てしまう場合があります。

ジャケットと合わせるとなで肩に見え、ややナルシストな印象になることもあり、また首元だけ浮いてしまうので注意が必要です。


いかがでしたでしょうか。項目自体はボリュームが少し多いですが、これらの項目をちょっと意識すれば変えられる場合が多いので、ご自身の着こなしを、改めて見直す良い機会にしてみてください。

タイトルとURLをコピーしました