【価格帯別60ブランド!】おすすめのメンズビジネスシューズまとめ

スポンサーリンク
パラブーツのシューズの画像BUSINESS
スポンサーリンク

革靴、何を買っていいのか迷いますよね。

コスパに優れるブランドから最高級品まで、ビジネスシューズ&カジュアル向けレザーシューズをリリースするブランドを一挙にまとめました。

スポンサーリンク

まずは購入前に靴の基本をおさらい

パラブーツのシューズの画像

出典:https://www.theshoesnobblog.com/

よい靴がなぜ高いのか、一見同じに見えるシューズにはどのような違いがあるのか、確認しておきましょう。

ここでご紹介するのはあくまで一部分ですが、基本となる部分です。※これから購入される方を対象にしているので、既にご存知の方は読み飛ばしてください。

靴の製法

靴の製法はおおまかに分けて3種類、とだけ覚えておけばOKです。靴本体とソール(底)をどう張り合わせているかで手間や価格、履き心地などが変わります。

① グッドイヤーウェルト製法

靴の本体部分とソールを直接縫い付けておらず、コバと呼ばれる部品でそれらを繋ぎ合わせています。特徴としてはソール交換がし易く長く愛用できる、また靴内部の素材が足型に変形し、履くほどに馴染むという一方、部品が多いので重くなりますし、購入時はかなり固いです。しかし耐久性はこの製法が最も優れています。

② マッケイ製法

靴の本体部分とソールを直接縫い付けてある製法です。購入時でも比較的履きやすく、軽い半面、水が内部に侵入しやすくなります。

③ セメント製法

靴本体とソールは縫い付けず、接着剤などで装着しています。この場合耐久性がなく、一度剥がれてしまうと修復は難しくなるので、基本的には使い捨ての靴が多くなります。一方で縫い目がないので雨の日に靴の中に水が浸入しにくいです。

①②の製法にはそれぞれ(機械式・手縫い)があり、手縫いの方が一般的に価格が高く、質がいいとされています。

靴の中でも最も高価なのはハンドソーンウェルデッド製法ノルベジューゼ製法といったものです。

また、上記で説明したようにそれぞれの製法によって善し悪しがあるので、高いものが必ずしも自分にフィットするものかどうかは測ることが出来ません。ぜひ色々なブランドに触れてみて、お気に入りの一足を見つけてみて下さい。

黒い皮靴の画像

本記事では価格帯別に世界のシューズブランドの特徴をご紹介していきます。下は1万円台から上は20万円越えまで。

ブランドによってはビジネスからカジュアルにも使える様々なシューズをリリースしているので、ON・OFFともにお買い物の参考にして頂ければと思います。

※価格は購入方法などによって変わるため、一例です。

※「★」マークをつけたものはおすすめです。

スポンサーリンク

1万円~3万円(税別)(6ブランド)

コストパフォーマンスを重視した価格帯です。この価格帯だとセメント製法が多いですが、なるべくお気に入りの一足を大事に履きたい方は、マッケイやグッドイヤー製法の靴を選ぶのがおすすめです。

REGAL(リーガル)

REGALの靴を履く男性の画像

出典:https://shoes.regal.co.jp/

1902年に前身である「日本製靴株式会社」を設立しその歴史が始まった日本を代表するシューズブランドです。

こちらのように3万円以下でグッドイヤー製法の靴が入手できるブランドは多くありません。

「リーガル」の名称はアメリカのシューズメーカーと技術提携を行ったところから来ています。パターンオーダーなども行っています。

REGAL 公式サイト

madras(マドラス)★

マドラス ゴアテックス製の靴の画像

出典:https://www.madras.co.jp/

元々はイタリアのシューズメーカーですが、現在は日本の会社が買収し国内に工場も持つ老舗のシューズブランドです。

多くの工程を手作業で行い、水濡れに強いGORE-TEXを採用した防水シューズなど、常に快適性を意識した靴作りを行っています。

もちろんシューズ本来のバリエーションも豊富で価格も安いので、必ず選択肢に入ってくるブランドです。

余談ですが経営者の息子は若者に人気の某有名アイドルグループの所属。

参考価格:¥26,400

通販サイト ZOZOTOWN

EDIFICE(エディフィス)

エディフィスのドレスシューズ ダブルモンクの革靴の画像

出典:https://baycrews.jp/

グッドイヤー製法のドレスシューズ ダブルモンク。グッドイヤー・ウエルト製法。

メイド・イン・ジャパンにこだわったシューズを豊富に展開するのがエディフィスのオリジナルライン。木型もオリジナルで日本人の足型を考慮しているので履きやすいと感じる方も多いかと思います。

比較的お求めやすい価格セットアップスーツも販売しているので、トータルでコーディネートできます。スウェード靴などカジュアルにスーツを楽しめるバリエーションも豊富です。

参考価格:30,800円

BAYCREW’S STORE

alfredoBANNISTER(アルフレッドバニスター)

アルフレッドバニスターの革靴の画像

出典:https://abahouse.jp/

リーズナブルな価格帯で品質の良い、日本のシューズ&小物ブランドです。

アッパーは牛革、程よくシャープでやりすぎないデザインアクセントが現代のフォーマルシーンにも合っていて、価格も比較的リーズナブル。

2万円以下でモンクシューズやローファーなども揃うのでぜひチェックしてみましょう。履き心地はやや硬いです。

参考価格:¥30,800

ABAHOUSE INTERNATIONAL Co. ONLINE STORE

THE SUIT COMPANY(ザ スーツカンパニー)

82

グッドイヤー製法の本革ストレートチップシューズで、トゥの部分に丸みがあり合わせやすいフォルム。

革質のいい生後約6カ月~2年までのキップレザーにアニリン仕上げを施し、手作業と機械工程をミックスした製法で価格は2万円(税別)以下。

スーツ専門店ならではの非常に魅力的な商品です。

参考価格:20,900円

THE SUIT COMPANY Online Shop

Zuo(ズオ)

Zuoの革靴の画像

出典:http://zuo.jp/

靴先進国イタリアのパーツメーカーとの長年の取引を通じてセレクトされる最新のパーツと木型をもとに、全て国内工場にて製造しているZuo。

日本人の足に合うように再設計されたストレートチップシューズは、定番といえるフォーマルなデザインです。オンラインショップもありますが、南青山の直営店舗にフィッティングに一度いってみるのも良いかもしれません。

参考価格:19,500円

Zuo Online Shop

Zuo 南青山店

スポンサーリンク

3万円~5万円(税別)(12ブランド)

ワンランク上のビジネス・レザーシューズが欲しいならこの価格帯です。

品質と価格以外のブランド料の上乗せもなく、相応のクオリティの商品が揃っています。

SCOTCH GRAIN(スコッチグレイン)★

スコッチグレインの革靴の画像

高品質なカーフレザーとロングノーズ、ややトゥがシャープなフォルムが人気のジャパニーズシューズブランド。

製法はグッドイヤーウェルト、靴底はイタリアで鞣されたレザーに国内工場でゴムの補強を施したトップゴムレザーソールです。

参考価格:33,000円~

SCOTCHGRAIN ONLINESTORE

COLE HAAN(コールハーン)★

コールハーンのニーランド ビット ローファー mensの画像

出典:https://www.colehaan.co.jp/

大人向けのカジュアルラインの靴で、必ずと言っていいほど候補に挙がるコールハーン。

その中でも、マッケイ製法で仕上げるしなやかなローファーは定番の一品です。

履き心地は靴底のレザーと全方位にクッション性のある中敷で、疲れない仕様となっています。

参考価格:49,000円

COLE HAAN 公式サイト

MIYAGI KOGYO(宮城興業)★

宮城興業のドレスシューズの画像

出典:https://miyagikogyo.co.jp/

世界に誇る「JAPAN MADE」を掲げている山形の人気ファクトリーブランドです。

オーセンティックな海外のシューズを木型やわずかな形状の変化で日本人に合うように製作しており、履きやすさとバランスの良いシルエットに定評があります。グッドイヤーウェルテッド製法。

シューズのデザインバリエーションも多いので優先的にチェックしたいですね。

¥50,760

宮城興業 公式サイト

FUGASHIN(フウガシン)

fugashinの革靴の画像

出典:http://fugashin.com/

その名の通り日本のシューズメイカーで、書道・茶道の感性を「風雅」と称する日本の美意識を靴作りに反映させているブランドです。

グッドイヤーウェルト製法とボロネーゼ製法にこだわった、長く愛用したい紳士のための靴を生み出し続けています。

グラデーションカラーが美しい靴が特徴です。

3万円~6万円

FUGASHIN OFFICIAL ONLINE SHOP

LOBB’S(ロブス)★

LOBB'Sのart.2150_greyの革靴の画像

出典:http://lobbs1974.com/

イタリアらしいエレガントなデザインながら、主張しすぎないスクウェアなトウが特徴で、80年代には一世を風靡したブランド。70年代創業なので靴メーカーとしてはそれほど古い歴史ではありません。

現在ではそれほど知名度がないですが、合わせやすく質の高いシューズに手に取りやすい価格が合わさり、非常に魅力的なシューズブランドと言えます。マッケイ製法で軽い履き心地です。

参考価格:39,000円

LOBB’S 公式サイト

JALAN SRIWIJAYA(ジャラン スリワヤ)★★

JALAN SRIWIJAYA(ジャラン スリワヤ)の革靴の画像

出典:http://shop.jalansriwijaya.com/

インドネシアのシューズファクトリーのオリジナルブランドで、ヨーロッパのブランド靴なども製造する名門ファクトリーです。

ハイブランドと同じ高級革を使用し、大部分を手作業で製造するハンドソーンウェルテッド製法ながら驚くほどの価格を実現しています。

コスパは世界最高峰、いい靴を安く手に入れたいと思ったら、まずはこのブランドです。 

3万円~5万円

JALAN SRIWIJAYA 商品一覧

【革靴】ジャラン・スリウァヤ コスパだけじゃない唯一無二の魅力
数あるレザーシューズメーカーの中でも、卓越した製法技術と高い革質で、世界一とも言える高いコストパフォーマンスを実現。世界を震撼させている「ジャラン・スリウァヤ」についてご紹介します。初めてのレザーシューズや、次の一足の候補にぜひ。

World Footwear Gallery(ワールド フットウェア ギャラリー)

ワールドフットウェアギャラリーのOriental ETHAN(OT3104A) の革靴の画像

出典:http://www.wfg-net.com/

世界中の靴を扱うセレクトショップWorld Footwear Gallery(ワールド フットウェア ギャラリー)のオリジナルライン。

靴に関する豊富な知識からファクトリーや素材選びにこだわり、デザインの感性などオリジナルな要素を含みつつもリーズナブルなのが特徴です。

写真のものは名門ペルフェットとのコラボモデル。グッドイヤーウェルト製法。

¥39,000

World Footwear Gallery 公式サイト

YANKO(ヤンコ)★

ヤンコのタッセルスリッポンの画像

出典:https://www.amazon.co.jp/

グッドイヤーウェルデッド製法のローファーやモンク、プレーントゥシューズを扱うスペインのシューズブランドの代表格。

ベーシックなデザインからスウェードモデルまで選択肢も幅広く、スーツスタイルで個性や自由な感性を楽しみたい方にもおすすめ。

参考価格:¥46,200

CALCE(カルセ)

CALSE ボロネーゼ製法 レザー ビット ローファー シューズ 革靴の画像

出典:https://www.bekku-homme.com/

軽く柔らかな履き心地が特徴のスペインのファクトリーブランド。

ベーシックなシューズに素材やカラーでアクセントを加えた独自のシューズや豊富なスウェードモンク・チャッカブーツなどが揃います。

参考価格:¥38,500

BEKKU HOMME 公式サイト

↓スリップオンはリーズナブル。

UNION IMPERIAL(ユニオン インペリアル)★

UNION ROYALのPREMIUM No.U1521の革靴の画像

出典:http://www.union-royal.jp/

著名ブランドの靴を数多く製造してきた名門シューズファクトリーのオリジナルライン。日本製。

グッドイヤーウェルテッド、ハンドソーンウェルテッドなど長く愛用でき素材の上質さと美しさを兼ね備えるクラフトマンシップに溢れたブランド。

こちらは名門アノネイ社製「Union Box Calf」を使用したプレミアム仕様で、ハンドソーン・ウェルテッド製法(九分仕立て) 。

参考価格:52,800円

UNION ROYAL Official Online Shop

SANDERS(サンダース)

SANDERSのBrit Chukkaの革靴の画像

出典:https://sanders.shop-pro.jp/

1873年に創業した英国の代表的シューズメーカーのひとつで、ミリタリーシューズなどの製作も手掛けているブランド。

クレープソールを使った厚みのあるソールと全体的に丸みを帯びたフォルムが特徴。カジュアル向けのデザインも多いです。

47,300円

SANDERS 公式サイト

PAUL SMITH(ポールスミス)

PS Paul Smith レザー オックスフォードシューズの画像

出典:https://www.farfetch.com/jp/

説明不要のイギリスのサー・ポール・スミスのファッションブランドです。

こちらのプレーントゥシューズはマッケイ製法により製造されており、少しトゥの部分に丸みがあることから履き心地は購入直後から抜群です。

参考価格:59,400円

Paul Smith 公式サイト

スポンサーリンク

5万円~8万円(14ブランド)

更にワンランク上のクオリティを選ぶならこのライン。3万~5万円のブランドとしっかりと吟味したうえで選びたい。

この価格帯から一見しただけですぐに上質だとわかるようになってきます。競合ブランドが多いのもこのライン。

42ND ROYAL HIGHLAND EXCLUSIVE(フォーティセカンドロイヤル ハイランド エクスクルーシブ)

42ND ROYAL HIGHLAND Exclusiveの黒い革靴の画像

出典:https://42nd-onlinestore.com/

日本人に合う靴をコンセプトに、約30年前よりスタートした国産のブランド。日本人職人の丁寧な手作業によるハンドソーンウェルテッド製法は、独特で魅力的な表情を現出させ、ビジネスをより有利にするアイテムとなるかもしれません。

通常ラインはより価格が安く品質も良い、コストパフォーマンスに優れたシューズメーカーの代表格。

参考価格:¥59,400

42ND ROYAL HIGHLAND 公式サイト

CARMINA(カルミナ)★

カルミナの靴の画像

出典:https://www.carminashoemaker.com/

創業以来100年以上の成長の歴史を持つ、スペインで屈指のシューズブランドです。

結婚式や式典にもよく似合う外見の高級感や華やかさはもちろんですが、カーフライニングを用いるインソール、極上の履き心地にも注目したい一品です。

ラスト(木型)についても詳しく掲載している同社の公式サイトもぜひご覧ください。

参考価格:72,600円

カルミナのブーツの画像

出典:https://www.carminashoemaker.com/

※少し話が逸れますが、一生もののブーツも見つかるかもしれません。

参考価格:132,000円

CARMINA(カルミーナ) 公式サイト

タイトルとURLをコピーしました