【価格帯別60ブランド!】おすすめのメンズビジネスシューズまとめ

BUSINESS
スポンサーリンク

World Footwear Gallery(ワールド フットウェア ギャラリー)

93

世界中の靴を扱うセレクトショップWorld Footwear Gallery(ワールド フットウェア ギャラリー)のオリジナルライン。

靴に関する豊富な知識からファクトリーや素材選びにこだわり、デザインの感性などオリジナルな要素を含みつつもリーズナブルなのが特徴です。

写真のものは名門ペルフェットとのコラボモデル。グッドイヤーウェルト製法。

¥39,960

公式サイト

YANKO(ヤンコ)★

yanko

グッドイヤーウェルデッド製法のローファーやモンク、プレーントゥシューズを扱うスペインのシューズブランドの代表格。

ベーシックなデザインからスウェードモデルまで選択肢も幅広く、スーツスタイルで個性や自由な感性を楽しみたい方にもおすすめ。

¥49,680

公式サイト

CALCE(カルセ)

96

軽く柔らかな履き心地が特徴のスペインのファクトリーブランド。

ベーシックなシューズに素材やカラーでアクセントを加えた独自のシューズや豊富なスウェードモンク・チャッカブーツなどが揃います。

¥37,800

取扱サイト

↓スリップオンはリーズナブル。

UNION IMPERIAL(ユニオン インペリアル)★

98

著名ブランドの靴を数多く製造してきた名門シューズファクトリーのオリジナルライン。日本製。

グッドイヤーウェルテッド、ハンドソーンウェルテッドなど長く愛用でき素材の上質さもわかるクラフトマンシップに溢れたブランド。

こちらは名門アノネイ社製「Union Box Calf」を使用したプレミアム仕様で、ハンドソーン・ウェルテッド製法(九分仕立て) 。

49,680円

公式サイト

SANDERS(サンダース)

http://archstyle.tv

http://archstyle.tv

1873年に創業した英国の代表的シューズメーカーのひとつで、ミリタリーシューズなどの製作も手掛けているブランド。

クレープソールを使った厚みのあるソールと全体的に丸みを帯びたフォルムが特徴。カジュアル向けのデザインが多いです。

43,000円

公式サイト

5万円~8万円(17ブランド)

更にワンランク上のクオリティを選ぶならこのライン。3万~5万円のブランドとしっかりと吟味したうえで選びたい。

この価格帯から一見しただけですぐに上質だとわかるようになってきます。競合ブランドが多いのもこのライン。

Alfred Sargent(アルフレッド サージェント)★

alfredo

シューズの聖地・イギリスのノーザンプトンで創業したシューズブランドAlfred Sargent(アルフレッドサージェント)。

以前からフランスの靴メーカーのシューズを手掛けており、イギリスらしい端正な靴作りにフランスらしい上品さを加えた新作コレクションなどもリリースしています。

69,800円 (税込)

公式サイト

42ND ROYAL HIGHLAND EXCLUSIVE(42NDロイヤル ハイランド エクスクルーシブ)

95

ブランド20周年を迎えて展開される、日本人職人による大部分を手作業で製造するシューズライン。

通常ラインはより価格が安く品質も良い、コストパフォーマンスに優れたシューズメーカーの代表格。

¥59,400

公式サイト

BOLLINI(ボリーニ)★

SONY DSC

イタリア・ミラノのファクトリーブランドで、手作業による工程を加えたイタリアらしい遊び心が加わったシューズ作りが特徴です。

こちらのシューズはソールの返りが良く、軽くて履きやすいマッケイ製法と、耐久性の高いグッドイヤーウェルト製法の両者の特徴を生かしたブラックラピド製法で作られています。

¥56,160

参考サイト

CAMPANILE(カンパニーレ)

101

イタリアのクラフトマンシップをベースに、トレンドを加味した少し遊び心のあるシューズ製作がこのブランドの特徴。

とにかく革の質がよく、手触りや眺めた時の質感が素晴らしいブランドです。

公式サイト

Carlos Santos(カルロス サントス)

102

クラシックなシューズスタイルが人気のポルトガルのシューズメーカーです。

ツヤがありエレガンスなテイストのシューズが多い。

公式サイト

タイトルとURLをコピーしました