「いつも同じ服」なんて言わせない!最低限ワードロープに入れておきたい着まわせる服まとめ

UPDATE

着まわしやすくて、役に立つ、最低限ワードロープ(衣装室・クローゼットのこと)に入れておきたいファッションアイテムをまとめました。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

着まわしやすい定番アイテム

「いつも同じ服着てる!」なんて思われないように、最低限着まわせるファッションアイテムをご紹介していきます。

なるべくお金をかけずにコーディネートしつつ、日によってガラっと雰囲気を変えられる便利なファッションアイテムたちです。

 

 

ノンウォッシュのデニム

http://www.rato.co.jp

レザーシューズ、スニーカーなど何にでも合うノンウォッシュデニムは定番中の定番。1本は必ず持っておきたいところ。

ノンウォッシュデニムのいいところは、「安物でも見た目があまり変わらない」点にあります。

加工物や色落ちしたジーンズは値段によって全然クオリティが違いますからね。

 

 

◆選ぶポイント

・中途半端なサイズは避ける!

のっぺりした印象になるので、サイズは気をつけたい。基本的には細めのサイジング。

ブランドは中途半端なものを買うならユニクロがベターです。ストレッチが入って動きやすく、細身で形も綺麗です。

ただ、結構伸びるので、試着したときとしばらく履いた時で全然違って見えることもあります…きついくらいのサイズを買う方があとあと調度よくなります。細身の人はレディースでも全然OKだと思います。

ユニクロは商品によって伸び方も違うので、店員さんに確認してみるのがベストです。

https://etoffe.net

↑こんな風に細身のものをくるぶし上でカットしてもOK。3000円くらいで買えるユニクロならそれほど勿体なくないはず。

 

◆コスパ良好ブランド

ユニクロ、GU、ザラ、コーエン、WE GOなどファストファッション系、ビューティー&ユースなどきれいめのセレクトショップ

 

 

グレーのスラックス

http://img.fashion.dmkt-sp.jp

いつもデニムばかりという人はグレーのスラックスがオススメ。

黒いジャケットやレザーにも合うし、ベージュやネイビーのアウターやパーカーにも合います。

グレーのパーカーと合わせて眼鏡を掛ければ草食系の雰囲気イケメンを演出できるかも知れません(笑)

 

グレーは基本的に何の色にも合い、春先や夏も重くならないので是非欲しいアイテムです。

特に最近のユニクロのスリムトラウザーはストレッチが効いていて柔らかく、かつ程よく細身、シワも付きにくいマストアイテムです。

 

 

◆選ぶポイント

こちらも基本的には細身推奨ですが、やや太めかつ裾も長めにして、トップスをタイトにするのもカッコイイですね。

 

◆コスパ良好ブランド

ユニクロ、TOP MAN、ZARA

 

青のVネックニット、Tシャツ、パーカーなど

(マルカワジーンズパワージーンズバリュー) Marukawa JEANS POWER JEANS VALUE ニット セーター メンズ Vネック カシミアタッチ 無地 秋 冬 6color M ロイヤルブルー

青はさわやかさやクールさを与えてくれるアイテム。デニム系の服以外で青を着用する人はあまりいないので差をつけられると思います。

ユニクロでは青のVネックのニットセーターも売ってますし、セレクトショップや楽天などでも検索をかければすぐ見つかります。

黒×黒の組み合わせが多い人は、中に青色を入れてみては如何でしょうか??

H&Mは多彩な色のTシャツやパーカーを販売していて、サイズも細かく安価なのでオススメ。

 

 

ダウンベスト

ダウンベストのいいところはコーディネートの幅が広いところ。シャツでも、パーカーでもニットでも行けますし、レザージャケットやテーラードジャケットの上に羽織ってもカッコイイと思います。体温調節がしやすいのもいいですね。細身のものを選んだ方がよいです。

http://www.beamsshopblog.jp

 

 

◆オススメブランド

ビームス、シップスなどセレクトショップ系のもの、FEDELITY、ロッキーマウンテン

 

 

レースアップのレザーシューズ(黒)

合わせるパンツやファッションの系統を選ばないので是非1つ持っておきたいアイテムだと思います。

サイドにジップがついたブーツ型のものがカッコイイと思います。脱ぎ履きも楽ですしね。

 

◆選ぶポイント

・ソール(靴底)と本体の色が同じ色の方が馴染みやすい

・尖ったデザインのものはウケが悪いので避ける

・チェック柄や色の切り替えし、スタッズなど装飾のついた物は買わない方が無難

 

◆オススメブランド

カミナンド(コスパ随一)、パドローネ、セレクトショップオリジナル系、ブッテロなど

 

 

ショート丈の白シャツ

http://www.mensfashion-skyocean.com

http://www.mensfashion-skyocean.com

スーツに合わせるようなものではなく、「シャツにインしない短い丈」のものは1枚欲しいところ。

画像のようにさわやかに一枚だけでも着れますし、インナーにタンクトップを合わせたり、テーラードジャケットやレザーの下に着ることも出来ます。

 

◆選ぶポイント

・丈が短いこと

・襟がパリっとしていないこと

・襟が高くないこと

・乳首が透けないかどうか

あまりパリっとしたデザインだとフォーマルなものを無理やり合わせたような印象になり、垢抜けなく見えてしまいます。

襟が高いものはホストっぽくなり、首元にボリュームが出るため腕や身体が細く貧相に見える事があります。

 

 

白スニーカー

トレンドですし、合わせる洋服を選ばないので是非一足持って置きたいアイテムです。

安いものでもあまり見た目が変わらないのもポイント。安価でいつもと違った印象を与えてくれます。

写真のようなローカットで細身の靴がオススメです。ハイカットやバスケシューズのようなものはは足元がゴツくなりバランスが悪くなったり、脱ぎ履きが面倒です。

真っ白な靴は良くも悪くもコーディネートから浮いてしまう事があるので、面積が小さいローカットの方が馴染みやすくなります。

スラックスや短い丈のパンツと合わせるとかっこいいですね。

 

こちらの記事もぜひ→白スニーカーのオススメブランド

 

 

レザーやビーズのブレスレット

http://img01.naganoblog.jp

着回しと言うよりはあると嬉しい小物ですね。さりげなく着用できるかつ、アクセントカラーになるものが1つあるといいと思います。

例えばファッションには「メイン」「サブ」「アクセント」という色遣いの定番のテクニックがありますが、ブレスレットは「アクセント」として有効になります。モノトーンな服なら赤や青が生えますね。もちろんシックな色合いのブレスレットでも全然OKです。

左手に時計、右手に細めのブレスレット、なんかだとバランスがいいかもしれません。

 

 

◆選ぶポイント

ブレスレットのデザインはファッション全体のテーマ(傾向)に合ったものがいいと思います。

デニムやネルシャツのようなカジュアルな感じならコンチョや羽根、ターコイズがあしらわれているなどカラフルなもの。

シンプルな着こなしには軽いワンポイントになるような存在感の強くないもの。

スーツならシンプルな革製でシルバーのポイントがあるものなど。ただ、DRIPS的にはスーツにブレスレットはあまりよいとは思えません。結構雑誌なんかではコーディネートが紹介されていますが、スーツは腕時計だけでいいような気がします。

また、何重にも巻くタイプのブレスレットはヴィジュアル系っぽくなりがちだと思います。

 

如何でしたでしょうか。

SHARE THIS ARTICLE

RELATED POST

LATEST NEWS

2017.10.16

極寒フィッティングルームも! CANADA GOOSE日本初の旗艦店が千駄ヶ谷にオープン

2017.10.10

コムデギャルソン×コンバース 100周年を記念したChuck Taylorが発売予定

2017.10.06

【10/7発売】SUPREME×STONE ISLAND2017 コラボアイテム一覧

2017.10.05

2017年-18年最新! 最新&最注目のメンズスニーカー20選

2017.09.21

隈研吾がデザインした絶景カフェ「COEDA HOUSE」が熱海にオープン

2017.09.19

2017-18秋冬 ハイエンドブランドのメンズアウター23選