オトコの最重要課題 「口臭」を簡単に予防する方法まとめ

UPDATE

いくら髪型がキマっていても、服装がオシャレでも、仕事が出来ても、「口臭」があるとすべてがぶち壊し…なんてことになり兼ねません。正しいケアをしてさわやかな身だしなみを心がけたいところです。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

まずは手軽にできる口臭チェックから

親しい友人でさえなかなか指摘できない口臭問題。みんななんとなく感じていて自分だけ気付けない…こんな悲しい事があるでしょうか。

まずは自分でチェックしてみましょう。

 

舌の色をチェック

口臭の元の主な原因の一つが、舌の汚れ。舌苔(ぜったい)と呼ばれる、白い汚れが付着していたら要注意。

通常の舌は綺麗なピンク色のはずです。よくかき氷を食べると舌が青くなったりしますよね。

舌には非常に成分が付着しやすいのです。

↑こういった舌磨き用ブラシを通常の歯ブラシと別に購入しましょう。数百円程度ですよ。

 

歯間ブラシを使う

こういった歯間ブラシを使って歯の間の汚れ(プラーク)を取り、ニオイを嗅いでみましょう。悪臭を放つようだと口臭のサインです。

 

口臭測定器を買う

口臭レベルが数字で出てしまう無慈悲なアイテムです。こちらは体重計で有名なタニタ製のもの。値段も2000円程度ですので安いものです。

この値段ならニンニクやアルコールの後の口臭なども測ってみても面白いですね。仲が良ければ友人の口臭も測ってみちゃいましょう!

口臭測定器一覧(Amazon)

 

口臭の予防方法まとめ

ここからは口臭の予防方法です。

 

汗をかく、水を飲む

血液中に溶け込んだ悪臭の原因となる成分は、尿や汗と一緒に輩出されます。長風呂や運動、水分補給を心がけましょう

 

ブレスケアを使用する

カプセルタイプで胃の中で溶けるタイプがよいです。コンビニで売っています。口臭は口だけでなく、胃の中に残った食材が原因の場合もあります。

 

唾液を出す体操をする

口臭の原因は唾液が少ない事も大きな要因。緊張や集中、睡眠時の呼吸により口の中が乾いているのです。

体操の仕方は、

 

①食べ物を噛んでいるときのように、歯を上下で何度がカチカチとする

 

②口を閉じ、舌で口の中の皮膚や歯をなめまわす

 

これだけで食事をしている時のように唾液が分泌され、口臭が軽減されます。簡単で効果もバツグンなのでオススメ。

 

朝に舌磨きを行う

口臭が一番キツイのは朝。このタイミングで歯磨きと同時に舌磨きを行いましょう。

しかし歯ブラシで舌を磨くと痛め、味覚が落ちる原因となります。舌磨き用ブラシを別途買いましょう。安いです。

また、舌磨きは朝の1回でOKです。やりすぎると同様に舌を痛めます。

 

親しらずを抜く

親しらずは歯磨きがしにくい奥歯に斜めや横向きに生えています。磨き残しによる歯周病や虫歯の原因となり、口臭の根源になっている事もあります。余裕があれば抜いてしまったほうがよいです。

 

口内の乾燥を避ける

上でも述べましたが、口内が乾燥している事が口臭の大きな原因のひとつ。常に乾燥している状態は避けましょう。

緊張や不安があると口はかわきやすくなります。

リラックスを心がけ、乾いているなと感じたら唾液を出すストレッチか、水分補給、ガムやアメなどを使いましょう。

 

かなり残念な印象を与える口臭。最低限のエチケットを守り出来るオトコになりたいですね。

 

SHARE THIS ARTICLE

RELATED POST

LATEST NEWS

2017.10.16

極寒フィッティングルームも! CANADA GOOSE日本初の旗艦店が千駄ヶ谷にオープン

2017.10.10

コムデギャルソン×コンバース 100周年を記念したChuck Taylorが発売予定

2017.10.06

【10/7発売】SUPREME×STONE ISLAND2017 コラボアイテム一覧

2017.10.05

2017年-18年最新! 最新&最注目のメンズスニーカー20選

2017.09.21

隈研吾がデザインした絶景カフェ「COEDA HOUSE」が熱海にオープン

2017.09.19

2017-18秋冬 ハイエンドブランドのメンズアウター23選