便利すぎると話題の新型ミニ財布「ハンモックウォレット」を試してみた

BUSINESS
スポンサーリンク

勤務中のランチタイムや近場への外出、バーで身軽になりたい時など、日常のちょっとしたシーンで便利なミニ型財布の需要がジワジワ高まっている昨今。

「薄い」、「コンパクト」がキーワードのミニ型財布ですが、最近話題なのがデザイン特許を取得したハンモック構造の財布、「Cartolare(カトラーレ)
」。というもの。ご存知でしょうか?

コイン収納部が浮き上がる「ハンモック構造」

31

一般的な二つ折りの財布の場合、カードポケットやコインケース、コインケースを閉じるためのフタ、間仕切りなど、様々なパーツで構成されているのでどうしても厚みが出てしまいます。

一方でハンモックウォレットの場合、カードポケットがついた本体とコイン収納部分の2つのパーツだけなので、コインやお札を収納しても厚さが2cm以下という、無駄なくコンパクトなサイズを実現しています。

34

そして最大の特徴といえるのが、一般的な二つ折り財布にはない、小銭の取り出しやすさです。

コイン収納部分の視認性がいいので小銭を確認しやすく、スムーズな出し入れを実現しています。

35

本革ハンモックウォレット 13,500円 (税込)

という事で、実際に届いたものを使ってみました。

カラーは5種類展開

IMG_4483

ハンモックウォレットのカラーバリエーションはブラック、ダークブラウン、ダークグリーン×グリーン、キャラメル、ネイビー×カーキの5種類。

今回はベーシックなブラックをチョイスしました。本革なので質感も高級感があります。

IMG_4502

名刺入れと比較。右がハンモックウォレット。2つ折りの財布ではなく、名刺入れとの比較ですよ!かなりコンパクトなのがわかるかと思います(幅82mm × 奥行19mm × 高さ93mm)。

開く

IMG_4485

外側はハリのある厚手の革に、お札を収納するための同素材の仕切り付き。コインを収納する内側はしなやかで柔らかい革と、2つのパーツで異なる革を使用しています。

お札やコインを入れてみる

IMG_4488

お札の出し入れは非常にスムーズ。コインは収納部分が大きく開く構造になっているので、「わざわざこの蓋を閉じたり閉めたりするのは面倒かな…」と思っていましたが、財布の開閉に応じてスムーズに蓋が開く(閉じる)ので、コインの出し入れもスムーズです。

結構使うのにコツがいるのかと思っていましたが、財布を開く→コインを出し入れする→財布を閉じるという当たり前の動作が自然に行えるのがいいです。最初だけちょっと慣れが必要ですが。

スーツ内ポケにももちろん入ります。

IMG_4505

収納力も嬉しい

IMG_4520

名刺入れとほぼ変わらないサイズなのにかなり収納力があるのにもビックリ。

・お札10枚

・カード6枚

・小銭20枚

これだけ入れてもしっかり閉じるので、日常はもうこの財布だけで十分生活できます。

本革で日本で職人が仕上げているのに13,500円 (税込)と価格も魅力的です。

実際に使ってみた動画なども掲載されているので、更に詳しくチェックしたい方は公式サイトをご覧ください。

イタリアンレザーや更にミニサイズの商品も

イタリアンレザーを使用した艶のあるタイプや、更に小型の3つ折りタイプ、レディース、スペシャルカラーエディションなどもあります。

イタリアンレザーエディション 17,900円 (税込)

36

三つ折りコンパクトタイプ 17,280円 (税込)
32

コンパクトなサイズで手への馴染みもよし、収納力もよしで、ヘビロテ必死なハンモックウォレット。

日常使いからイベント、パーティなど大きなものを持ちたくないシーンにも大活躍しそうです。

プレゼントにも是非いかがでしょうか。

提供:カルトラーレ オンラインショップ

タイトルとURLをコピーしました