美しすぎる「Maximo Riera」の動物チェア、座ってみたいけど非常に高い

スポンサーリンク
LIFESTYLE
スポンサーリンク
2

https://instagram.com/

スペイン北部のアストゥリアス出身の同名デザイナーにより設立され、30年以上芸術活動を続けているデザインスタジオ「Máximo Riera」。

世界中のデザイナーを始めとしたプロフェッショナルが集結し、注文を受けてから製作を受ける高級チェアとして富裕層の間では知られた存在になっています。

 

https://instagram.com

https://instagram.com

制作におおよそ12週間、日本までの輸送に45日前後。高密度ポリウレタンやレザーなどのファブリックを用いた動物モチーフのチェアはどれも非常に美しいのですが、お値段もなかなかのもの…一部商品をご紹介していきましょう。

 

 

THE OCTOPUS CHAIR

95

表面の質感まで見事に再現されたタコの1人用チェア。

レザー製なので椅子部分ではなくタコの方にももたれ掛かる事が出来そうです。

 

9,158,400 円(税込)

 

 

THE RHINO CHAIR

4

https://instagram.com

 

サイがデザインされたチェア。

 

10,346,400円(税込)

 

大台に乗ってしまった価格です。

 

 

THE ELEPHANT CHAIR

96

こちらはゾウです。高さが2m以上あり、正面から見ると正に小ゾウそのもの。エレガントな佇まいと背もたれの凹凸が身体を優しく包み込んでくれそう。

 

14,137,200 円(税込)

 

 

他にも様々な動物たち

97

 

98

 

ここまでのクオリティとなるとユニコーンやドラゴンなど、架空の動物のデザインも見てみたくなります。

日本の通販サイトでも取り扱っています。

 

出典・HP:http://maximoriera.com/

MUSE TOKYO.com

 

タイトルとURLをコピーしました