【知ってると超便利?】話題の最新アイデア生活雑貨 6選

スポンサーリンク
LIFESTYLE
http://image.space.rakuten.co.jp
スポンサーリンク
スポンサーリンク

便利グッズを活用して、さらに快適に生活しよう

知っておくとますます日常生活が便利になる、ちょっと嬉しくなる最新の日用雑貨。各メーカーがしのぎを削り、様々な工夫を凝らしたアイテムが日々リリースされています!

今回は話題のものを一部ご紹介!

いつでも使える「携帯ウォシュレット」

携帯ウォシュレットの画像

出典:https://www.amazon.co.jp/

もうウォシュレットが通常トイレに設置されていることが多い、特に都会に住む方々にお聞きします。海外旅行やキャンプ等の際、出先に「ウォシュレットはあるかな。」ってちょっと考えるようになっていませんか?

トイレにウォシュレットが付いていない可能性が高い場所に行くとき、保険としてこれを持っていきましょう。単3電池1本と水で、ウォシュレットに慣れてしまった普段の生活と変わらない快適さが担保されます。

携帯ウォシュレットの画像

出典:https://www.amazon.co.jp/

落としても割れない柔らかコップ「shupua (シュプア) 」

http://image.space.rakuten.co.jp

出典:http://image.space.rakuten.co.jp

各方面で話題の「割れないグラス」のような、シリコン製のコップ。完全な透明で強度を維持しながら作るのは実は今まで技術的に難しかったらしく、ようやく実現した商品だそうです。

ウイスキーや普段の飲み物も安全に楽しめるほか、電子レンジで使えるのでホットワインなど飲み物をサッと温めることもできます。

↓見た目は完全にガラスです。

http://appstars.jp

出典:http://appstars.jp

専門店のようなビールが飲める「menu ビアフォーマー」

menu ビアフォーマー ビールをおいしくする泡立て器 4690239の画像

出典:https://www.amazon.co.jp/

缶ビールなどを、このビアフォーマーにちょっとだけ入れてボタンを押すと、電動で泡立ててくれるマシーンです。残りのビールをグラスに注ぎ、泡を上から乗せれば、専門店でしか味わえないような、クリーミーで香り高いビールが楽しめます。

「リモカ」留守中のペットを見守る、カメラ&給水+おやつマシン

リモカの画像

出典:http://www.remoca.jp/

外出先からスマホアプリで簡単に自宅やペットの様子が見れるほか、給水機能やおやつポケットを装備している便利アイテム。なかなか家に帰れないタイミングなどにとても重宝します。

リモカ
安心ペットモニター「リモカ」のオフィシャルサイトです。 remocashop.jpからremoca.jpにURL変更になりました。

水に濡らさずお風呂で読書!アイデア商品「ユウブミ~湯文~」

本を濡さず読書!完全防水ブックケース [ユウブミⓇ~湯文~] YB-4N の画像

出典:https://www.amazon.co.jp/

浴槽にゆったり浸かって、疲れを癒したい人のための便利グッズです。

ケース内のホルダーに本の四隅を固定し、ケース下の指サックからページをめくれるので、本を濡らさずに読書を本格的に楽しめるアイデア商品です。

スマホも鍵もバッグも、もう無くさない!便利な「キーファインダー」

キーファインダーEvershop Key finder 探し物発見器 忘れ物探知機 落し物防止 取扱説明書付き (キーファインダー) キー 探す アラーム なくしもの発見器 の置き忘れ 鍵 タグ 紛失防止 鍵探しキーホルダー 音の出るキーホルダー 鍵 なくさない キーホルダー の画像

出典:https://www.amazon.co.jp/

日常生活で「あれ、鍵はどこだっけ?」といったことは良くありますよね。

鍵や財布、バッグにつけておけば、見当たらないときに送信機のボタンを押すだけで、ビープ音を鳴らすことができ、すぐにどこにあるのかがわかります。

お出かけ前に焦ることや、盗難や置き引きの防止にも使えます。

いかがでしたか?ちょっと値が張るものもありますが、便利なものから、あると嬉しいグッズまで、日用雑貨は日々進化していますね。

これからも逐一ご紹介していきます!

【リラックス】メンズバスタイム 疲れを癒すおすすめのお風呂グッズ8選
毎日シャワーだけで済ましてしまうメンズに提案!たまにはゆっくりお風呂に浸かって、リラックスしてみませんか?温泉じゃなくても楽しめる快適なお風呂生活。のぼせないように、くれぐれも注意しましょう!
タイトルとURLをコピーしました