サラリーマンが国からお金を受け取る方法

スポンサーリンク
MONEY
スポンサーリンク

税金を取り戻す方法はこんなにも!

※年度や地方自治体によって変わります。

※節税方法は沢山ありますが、今回は内容を絞っています。

資格取得

010

雇用保険に加入していることを条件に、さらに一定の基準を満たすと講座修了後に費用の20%、最大10万円を受け取ることができる。

英会話や簿記など、スキルアップ出来る講座が対象なのが嬉しいですね。

教育訓練給付制度

株で損したお金

011

株の売買損益は他の株と合算できる。例えばA株で100万円儲けた場合、20万円が税金として徴収されるが、B株で50万円の損失があれば、利益は50万円として、税金は10万円で済む。負け分は3年分まで遡れる。稼いだ分だけ税金がかかるのは当たり前かもしれませんが、嬉しいですね。

生ごみ処理機

012

自治体によってさまざまだが、生ごみのリサイクル推進のため積極的に行われている。購入金額の半分が助成金としてもらえるところも。

家事が楽になり、一人暮らしでも嬉しいですね。

親を扶養家族に入れる

013

同居していなくてもOK。扶養控除で税金を取り戻す事ができる。親族であることと、親の収入が103万円以下であることが条件。

すまい給付金

014

2014年から始まった制度。年収510万円以下で住宅ローンを組んだ場合、10万円~30万円ほどが補助され振り込まれるので、ぜひ活用したい。

医療費

015

目安として年間10万円ほど医療費に使った場合、医療費が控除され税金が戻ってくる。対象範囲は多く、禁煙治療や処方箋のない市販の薬も控除対象に含まれるのは驚き。是非領収書を取っておこう!

家賃補助

016

通常、企業からもらう家賃補助だが、会社の福利厚生としてない場合、一定の条件で家賃の一部を受け取ることができる(単身世帯で約1万円など)

お財布の厳しい人にはとてもありがたいですね!

タイトルとURLをコピーしました