忘れてない?名刺交換の7つのマナー

BUSINESS
スポンサーリンク

初対面は、人と人との間でのその後の印象を最も左右する場面。

特にビジネスの場では、一度与えた印象を覆すのは難しくなってくるもの。

今まで当たり前のように名刺交換を行っていた方も、うっかり見落としていた点がないか、確認しておこう。

名刺交換の手順

7つのマナーの前に、名刺交換の前に最低限の手順を確認しましょう!

・訪問時の確認

企業を訪問する前に、名刺を切らしていないか確認しましょう。

予備の名刺を常備しておけば安心です。こちらから出向いたのに名刺がないというのは相手に失礼になります。

ただ、わざと忘れて後日届けると言う高等テクニックを使う営業マンもいるよう。これはもう、やり方次第。

・名刺は目下から渡す

営業の場合は取引先より前に渡す!

もし上司が同行していた場合は上司が先に名刺交換を行い、その後自分が行います。

名刺交換は必ず立ち上がり、相手と向い合って行いましょう。胸の高さに名刺を持ち、表を向けて両手で差し出します。
この時相手が差し出した高さを見ていれば、相手よりも低く差し出すことで立場を表すことができます。

受け取りの際は「頂戴いたします」と添え、「○○様ですね」と確認しておくとよいでしょう。

もし相手が先に出した場合は、受け取った後に「申し遅れました」と一言添えて自分の名刺を渡します。

最近は同時交換もよく行われます。

右手で自分の名刺を差し出し、左手は相手の名刺を受け取ります。左手は名刺入れの上に相手の名刺を乗せる形で受け取ってもかまいません。

・交換した後

名刺交換した後は、テーブルの上に名刺入れを置き、その上にいただいた名刺を乗せます。自分から見て左側の位置に置きます。
複数いただいた場合は、位の高い方の名刺を名刺入れの上に置きます。

・名刺管理

名刺管理は社会人の基本。スマホでの管理だと楽ですね。

Eight – 無料の名刺管理アプリ・名刺認識リーダー
カテゴリ: ビジネス
現在の価格: 無料

名刺交換の7つのマナー

名刺交換時は以下の7つのマナーに気をつけます。

面倒ですが、型さえ覚えてしまえば面倒な気を遣わずに済みます。

●テーブル越しに名刺交換をしないこと
●名刺は必ず名刺入れから取り出す
●名刺入れの取り出しに時間がかからないところに入れておく
●受け取る際は、ロゴや文字に指が乗らないようにする
●相手が差し出した高さより自分は低くする
●同時交換の場合は一瞬自分が触れるのを後にする
●相手の目の前で名刺にメモを書いてはいけない

社内に帰った後は、名刺管理アプリや、名刺の裏にその人の特徴などを書いておくと、あとでどんな人だったか思い出しやすくなります。

どんどん増えていきますからねー名刺は。

参考になれば幸いです。

タイトルとURLをコピーしました