日本のCDシングル歴代売上ランキングTOP10(2000年代編)

スポンサーリンク
ENTERTAINMENT
スポンサーリンク

 

もうご存じではない若い方もいるかもしれませんが、携帯MDプレイヤーの登場や着うた、音楽ダウンロード配信、無料のプロモージョンビデオ視聴や楽曲ダウンロードなど、音楽業界を取り巻く環境は、2000年代で大きく変わりました。

 

今回はそんな2000年代を象徴するシングルCD売上ランキングをご紹介します。

10年以上経った2020年現在は新型コロナ感染症による大変な時期で、カラオケは特に十分な注意が必要ですが、ちょっと知っておけば、ご一緒したときに目上の方のテンションが少し上がるかもしれません。

 

 

10位 今夜月の見える丘に B’z(2000年) 112.8万枚

B'z「今夜月の見える丘に」の画像

木村拓哉さん主演のドラマでも社会現象となった、B’zの伝説の名曲です。

 

9位 PIECES OF A DREAM CHEMISTRY(2001年) 113.1万枚

CHEMISTRY「PIECES OF A DREAM」の画像

テレビ東京の歌手発掘オーディションに合格してデビューしたケミストリー。

なお審査で惜しくも落ちてしまった方たちで結成したユニットがEXILEというのは結構有名です。

 

8位 恋のダンスサイト モーニング娘。(2000年) 122.9万枚

 モーニング娘。「恋のダンスサイト」の画像

モーニング娘は誰派か?という話題は小中高生の鉄板ネタでした。

 

7位 らいおんハート SMAP(2000年) 128.4万枚

草なぎ剛氏主演の伝説のドラマ「フードファイト」主題歌。

 

6位 M 浜崎あゆみ(2001年) 131.9万枚

浜崎あゆみ「M」の画像

浜崎あゆみさんはエイベックスとともに一時代を築きましたね。今聴いてもいい曲です。

 

5位 SEASONS 浜崎あゆみ(2000年) 136.2万枚

浜崎あゆみ「SEASONS」の画像

女子高生が当時カラオケで歌いまくってました。

 

4位 Love, Day After Tomorrow 倉木麻衣(2000年) 138.5万枚

倉木麻衣「Love, Day After Tomorrow」の画像

名探偵コナンの主題歌からブレイク。

 

3位 Can You Keep A Secret? 宇多田ヒカル(2001年) 148.4万枚

宇多田ヒカル「Can You Keep A Secret?」の画像

宇多田ヒカルさんの楽曲はどれも素晴らしい。

 

2位 Wait&See ~リスク~ 宇多田ヒカル(2000年) 166.2万枚

宇多田ヒカル「Wait & See ~リスク~」の画像

MVが当時の渋谷を映し出してて懐かしいです。

これで当時17歳。

 

 

さあ、第1位は・・・・・・

いきますよ?

 

 

 

 

1位 世界に一つだけの花 SMAP(2003年) 210.8万枚

SMAP「世界で一つだけの花」の画像

1位はSMAPの「世界に一つだけの花」でした。

カラオケでは少し歌が苦手でも歌いやすい曲として絶大な支持を受けています。

 

 

音痴を直す方法とカラオケで歌いやすい曲

タイトルとURLをコピーしました