都心からも日帰りで行ける! ハイコスパの絶品舟盛り「真鶴 うに清」

スポンサーリンク
GOURMET
スポンサーリンク

都心から日帰りで海を目指すドライブとなると江の島や湘南エリアに行きがちですが、海の幸が美味しい、神奈川県の真鶴もオススメです。

グルメな人達が遠方からわざわざ訪れるという、活きたままの伊勢海老や鯛の舟盛り定食(活け造り)が味わえる「うに清(せい)」さんに行ってきました。

真鶴

真鶴は神奈川県足柄下郡にある港町。普段都会で過ごす人にとって、潮風とレトロな雰囲気が心地よい小さな町です。

都心からは約1時間半~2時間ほど。小田原、箱根、熱海、湯河原などが近く、お食事やドライブと一緒に温泉も楽しめますよ。

うに清さんは東京からだと東名を通り厚木ICで小田原厚木有料道路に乗り、西湘バイパス石橋ICから国道135号を直進したところにあります。目の前は海なので海水浴も楽しめますし、ほぼすべての席がオーシャンビューです。

真鶴うに清料理写真 (8)

メニューはこの通り6種類から選ぶ形になります。「定食」となっていますが上の4つのコースはすべて舟盛り。料金は1名料金なので2名で行くとこの倍の料金になります。船盛は2名で訪れる場合、別々には出来ずどれか1つを選ぶことになるので注意。

うに清メニュー

ランチとしてはお高い値段設定ですが、ボリュームや出てくるネタを考えると都心でこの料金はまず難しいでしょう。

一番下のグレードの舟盛り(松)で活魚にあわび、生さざえ、生うに、鯵のたたき、煮魚or焼き魚のほか、ごはんや漬物、お味噌汁が付きます。

このほか、単品のメニューも充実しているので、コースは抑えめにして一品料理を楽しむのもいいかも。

今回は上から2番目の磯料理・鶴(一名¥6,200円)にしました。

最初はサザエのつぼ焼きが2つ来ました。このほかにサザエと「しったか」という貝を煮たものが来るので、楽しみながら舟盛りを待ちます。

真鶴うに清料理写真 (7)

サザエと格闘しているうちに舟盛りが到着しました。

真鶴うに清料理写真 (2)

写真だとわかりにくいのですが、かなりのボリュームです。

鯛や伊勢海老は登場後3分~5分くらいはピチピチ動いています。超新鮮。

身が引き締まり食べごたえのある鯛は20切れ以上ありました。鶴(一名¥6,200円)コースではこの鯛から平目への変更も可能です。

ウニはシーズンによりますが8月~9月は北海道のエゾムサラキウニ。信じられないくらい甘くておいしい。

真鶴うに清料理写真 (5)

クセのない生サザエやアワビも歯ごたえ抜群。伊勢海老もプリプリです。

真鶴うに清料理写真 (4)

ワサビは練りとすりおろしの2つ。鯵のたたきはショウガやネギと混ぜ合わせ、醤油をかけてごはんの上に乗せると最高です。

真鶴うに清料理写真 (3)

伊勢海老のオニガラ焼きは活け造りの海老とはまた違い、柔らかな食感と絶妙な塩加減、ミソの味わいが濃厚。

真鶴うに清料理写真 (6)

活き造りの伊勢海老を食べた後は無料でお味噌汁にしてくれます。このタイミングでごはんとアユの塩焼きも提供されました。

真鶴うに清料理写真 (1)

魚のお造りがかなりのボリュームなので、熱々のお味噌汁の中に入れたりして食べると、また味も食感も変わって美味しいですよ。

お会計は2名で約14,000円。ランチにしてはなかなかのお値段ですが、普段見たこともないほどのボリュームの舟盛りと、自然豊かな真鶴の景色に大満足間違いなし。お腹がいっぱいになったら箱根や湯河原で温泉に浸かって帰れば最高の1日です。各地から人が訪れるので、不安な方は事前にご予約を。

真鶴 うに清 (うにせい)

神奈川県足柄下郡真鶴町真鶴1162

<バス>JR真鶴駅より【箱根登山バス】ケープ真鶴行き7分、「里地」バス停すぐ。

真鶴駅から2,132m

予約可:0465-68-1276

営業時間:11:00~19:00

定休日:木曜

平均予算:¥5,000~¥5,999(ランチ)/¥2,000~¥2,999(ディナー)

食べログ

タイトルとURLをコピーしました