【14種類を解説!】知っておきたい、革靴の種類と選び方

UPDATE

男なら避けて通れない革靴の道。革靴の種類とデザインの特徴、カジュアル、ビジネスどちら向きかなど、まとめて紹介していきます。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

スーツだけでなく、休日のカジュアルファッションでも使われるメンズの革靴(レザーシューズ)。

どんな種類があるか改めて考えてみると、何種類くらい思い浮かぶでしょうか。

 

本記事ではスーツに合わせる靴、カジュアルファッションに合わせる靴を問わず、メンズの革靴の種類を総まとめしつつ、それぞれの靴のデザイン的特徴や利用シーンなどを解説していきます。

 

厳密にはここに挙げたもの意外にも種類があるのですが、かなり細かな分類になるので、基本だけ抑えられれば問題ないでしょう。

これからスーツを着る機会が増える方、どんな靴を買おうか迷っている方の参考になれば幸いです。便宜上革靴そのものの型とデザインを一緒にして紹介しています。

 

 

まずは基本を!外羽根式と内羽根式

革靴(外羽根と内羽根)

休日にも履きこなしやすいものか、スーツにだけ合わせておいた方が良いのか、最も印象を分ける革靴のポイント「内羽根か?」「外羽根か?」についての解説です。

これ、微妙な違いに思えるのですが、そもそもそれぞれルーツが全く異なるんですね。

 

 

外羽根式

革靴(外羽根)

「外羽根式」はシューレースホール(靴紐を通すところ)が靴本体に被さるようになっている状態のことを挿します。

紐を取ると羽根のようにヒラヒラするので「外」羽根という感じで覚えておけば問題ないですね。

これによって靴の印象に躍動感が出るので、ややカジュアルな印象になります。合わせるボトムやファッションスタイルを選ばないのはこちらのタイプです。

元々は軍隊用の靴がルーツです。

 

 

内羽根式

革靴(内羽根)

「内羽根式」はシューレースホールが甲の部分の革と繋がっている靴のことを指します。

紐をほどいても靴の履き口側しか動きません。このため「内」羽根と言います。

こちらはフォーマルな印象なので、冠婚葬祭などのシチュエーションにも対応できます。カジュアルなボトムに合わせる場合はややカッチリした印象になります。先端がシャープなタイプだとよりドレス感が増すので、カジュアルファッションには不向き。

スコットランドの王族が作らせた貴族靴がルーツです。

 

 

革靴の種類

ここからは革靴の種類を総ざらいしていきます。スーツで使う場合は最低2足は必要になるかと思いますが、汎用性の高いものを1つ、好みのデザインのものを1つ選ぶと、よいでしょう。

 

 

プレーントゥ

革靴(プレーントゥ)

シューズのトゥ(つま先)に装飾が全くないのがプレーントゥシューズです。紐靴なので内羽根、外羽根どちらもあり、カジュアル・ビジネス両面で使う事が出来るバランスのいいタイプです。シンプルな分奥が深く、革質や靴自体のフォルムの美しさが浮き彫りとなりやすくなります。

ドレスでもカジュアルでも使い回す場合、丁寧に選びたいところです。

 

 

▪ポイント  飾り気がない分、革質やつくりの良し悪しやモロに出るのがこのタイプ。

 

 

ストレートチップ

55

http://zozo.jp/

甲の部分からつま先にかけての場所に、ストレートに切り替えしの線が入ったデザインがストレートチップです。

ドレスシューズの基本で、冠婚葬祭に最も適していると言われるのがこのタイプ。

 

 

▪ポイント  スーツに合わせる革靴の最初の一足は、これにしておけば間違いなしです。

 

 

ウイングチップ

革靴(ウイングチップ)

甲の部分からつま先にかけての場所に、W(ウイング)に切り替えが入ったのがウイングチップ。

つま先の模様は「メダリオン」と言い、穴1つ1つは「ブローグ」と呼びます。ウイングチップでブローグやメダリオンがないタイプは珍しいですね。

 

 

▪ポイント  起毛素材やチェック柄などと合わせ、スーツにクラシカルな雰囲気を出したい時に適しています。

 

 

サドル

57

靴中央の靴紐を通す付近にかけて、馬の鞍(サドル)のように革を切り返したのがサドルシューズです。

この部分だけ素材や革の色を変えたデザインが多いですね。遊びの入った靴なので、カジュアル寄りです。

 

 

▪ポイント 革靴の中では比較的カジュアルなタイプで、合わせるファッションを選ばない。

 

 

Uチップ(Vチップ)

革靴(Uチップ)

靴の甲の部分がU字かV字に切り替えられているのがこちらの靴です。カジュアルにもビジネスにも使える汎用性の高い靴と言えるでしょう。

V字に近くなるほどつま先もシャープになり、ドレッシーな印象になります。最近ではUの方が人気だと思います。

 

 

▪ポイント  Uチップはオンでもオフでも使いやすい。

 

 

シングルモンク

革靴(シングルモンク)

元々修道士が履いていた靴がルーツなのがモンクシューズ。ベルトと金属製のバックルでシューズのフィット感を調整します。

トゥが丸みを帯びていて、飾り気のない写真のようなタイプが最も一般的です。ブーツになっているタイプもあります。

足に馴染んでくるとストラップを外さずスリップオンのように履くことができ、紐の煩わしさもないので使い勝手がかなりいい靴です。

 

 

▪ポイント オンオフ問わず、革靴の中でも使い勝手は随一です。

 

 

 

ダブルモンク

革靴(ダブルモンク)

ベルトと金属バックルがダブルになったタイプ。シングルより華やかな印象になります。

スラックスのほかジーンズにも相性がいいのでオンオフ問わず大活躍出来るでしょう。最初にデザインしたのは、かの有名なイギリス靴ブランドの「ジョン・ロブ」。

スーツに合わせられる靴の中では最もカジュアルと言えるでしょう。

 

 

▪ポイント  シングルモンクより華やかでドレッシーな印象になります。

 

 

 

ホールカット

革靴(ホールカット)

革のつなぎ目がかかと部分にしか見えず、1枚革で出来ているのがホールカットシューズです。

飾り気が一切ない、という点では最もドレッシーな靴と言えますが、逆に目立つためフォーマルかカジュアルか位置づけが難しい、面白い靴と言えるでしょう。革質の良し悪し、製造技術が問われるため、靴メーカーとしても自信を持っていないと販売できない靴と言われています。

 

 

▪ポイント  スーツ、カジュアル着どちらにおいてもフィット感や洗練された着こなしが求められる

 

 

ローファー

革靴(ローファー)2

スリッパのように履ける靴との事で、「怠け者」を意味する名称がついたのがローファーの由来。コインを挟めるストラップがついているので、コインローファー、ペニーローファーなどとも呼ばれます。

カッチリしたスーツには合わないので、ジャケパンなどに合わせるのが定番の着こなし方です。カジュアルファッションではパンツのデザインや太さを選ばずマッチします。

 

 

▪ポイント  スーツに合わせる場合はジャケパンに。

 

 

 

ビットローファー

60

http://zozo.jp/

ローファーの上に馬具を模した金属をあしらったのがビットローファーで、この金属で高級感を出そうとGUCCI(グッチ)が最初に発表したのが始まり。

基本的にはカジュアルなアイテムなので、スーツに合わせている人はほとんど見かけないですね。

 

 

▪ポイント  カジュアル着に合わせるアイテム。高級感を逆手にとり、古着と合わせたりするのもGOODです。

 

 

 

タッセルローファー

革靴(タッセルローファー)

ローファーの上に革製の紐が付いたのがこのタイプ。タッセルは写真のように小ぶりのものと、シューズの甲全体をヒゲのように覆う2タイプがあります。

 

 

▪ポイント  ローファーの中ではフォーマルなのでスーツでもいけるでしょうが、ほぼ合わせる人はいないでしょう。

 

 

▼最近ではスニーカータイプも多いですね。

62

http://zozo.jp/

 

 

ヴァンプ

革靴(ヴァンプ)2

http://zozo.jp/

全く飾り気のないローファーをヴァンプシューズと呼びます。甲の部分からつま先に掛けてシャープに曲がっていくシルエットのため、セクシーでどこか野性味あふれる印象があります。ローファーよりも足を包む部分が大きい(高い)のが特徴。

 

 

▪スーツではあまり合わせず、カジュアル向きで着こなしの難易度がやや高め。

 

 

 

チャッカブーツ

革靴(チャッカブーツ)2

ブーツもスーツに合わせるものだけ載せておきます。

チャッカはプレーントゥシューズがそのままブーツになったようなデザインのもの。パンツの裾から自然にスラッと伸びるシルエットが足を美しく見せてくれます。

業界にもよりますが、ブラウンのチャッカブーツはネイビーとグレーのスーツにも抜群に合い、デニムにもフィットするので1足あるととても便利です。

スウェード製のものがオシャレなので、オススメです。スウェードは実は普通のレザーシューズより雨にも強いので、しっかりとお手入れすれば長く愛用できますよ。

 

▪ポイント  オンでもオフでも、美脚に見える万能靴。

 

 

サイドゴア

革靴(サイドゴア)

靴の両側がゴムになっていて脱ぎ履きし易いのがサイドゴアブーツです。足を入れる時に靴を傷めないよう、後ろのレース部分に指を入れて引っ張りながら履きます。

こちらもカジュアル・ビジネス両面で使える万能靴です。

 

▼サイドゴアよりも高さがないタイプは「サイドエラスティックシューズ」と呼びます。

63

http://zozo.jp/

 

 

まとめ

 

▪最初に買うなら? ストレートチップは一足持っておきたい。+モンクかUチップがおすすめです。

 

▪秋冬は? チャッカブーツかサイドゴアを買い足すのはいかがでしょう?

 

▪カジュアルとフォーマルで分けるなら!?

→フォーマル ストレートチップ、

 

→カジュアル サドル、ローファー、ヴァンプ

 

→両方 プレーントゥ、ホールカット、ウイングチップ、Uチップ、モンク、サイドゴアブーツ、チャッカブーツ

 

 

画像出典:http://www.frame.jp/

 

SHARE THIS ARTICLE

RELATED POST

LATEST NEWS

2017.07.20

BALMAIN×Beats(バルマン×ビーツ) コラボヘッドフォン&イヤフォン

2017.07.19

ユニクロ×J.W. アンダーソン 2017秋冬 メンズ&レディースアイテムが公開

2017.07.18

Comme des Garcons Homme Plus ×NIKE 2017秋冬 ダイナソーAF1が登場

2017.07.14

THE NORTH FACE × JUNYA WATANABE の17年秋冬コラボウェアが発売スタート

2017.07.13

スーツに合わせるNMD? 名門ヘンリー・プールとアディダスによるコラボモデルが登場

2017.07.13

リーボックのAlien Stomper(エイリアン スタンパー)に新色2カラーのセットが登場