【48ブランド】メンズのおすすめブーツジャンル別まとめ

UPDATE

古今東西のブーツのブランドをまとめてピックアップしています。コストパフォーマンスに優れるものから最高峰の一流メゾンまで掲載。次の一足のご参考になれば幸いです。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

 

3.伝統のアメリカンブランド4選

アメカジ・フレッピーファッションにも相性抜群なアメリカンワークブーツブランド。

 

WHITE’S BOOTS(ホワイツブーツ)

「キング オブ ブーツ」と称される、アメリカンワークブーツの最高峰ブランドです。南北戦争以前から100年以上ハンドクラフトにより製法され、厳しい審査を通過したレザーのみが使用されています。

 

 

特殊な太い糸で職人が縫い合わせたソールとアッパー部分の耐久性は世界最高とも言われています。

ロングブーツのほか、高めのヒールが足長効果のあるショートブーツも人気商品。古き良き伝統のアメカジを愛する大人の方に。

 

参考価格:¥84,240

通販サイト

 

 

 

CHIPPEWA(チペワ)

1901年、製紙業が盛んなアメリカのウィスコンシン州で設立した伝統的なブーツブランド。

木材を切り出して運ぶ伐採人たちの足を完璧に保護するためのブーツがルーツで、分厚く、非常に堅牢性に優れているのが特徴です。

 

 

やや細身のフォルムでジーンズとの相性も抜群ですが、購入時はまるで鉄板のように堅く、靴擦れと戦いながら少しづつ育てていく硬派な逸品。

古着屋などでちょうどいい柔らかさになったものを探す方も多いそうですが、非常に耐久性があるので新品から少しづつ育てて長年愛用するのもいいですね。

 

参考価格:¥40,824

通販サイト

 

 

 

WESCO(ウエスコ)

1918年にアメリカのオレゴン州で設立されたワークブーツの最高級メーカー。

決して安くはない価格ではあるものの、職人による手作業で155もの工程を経て作られるコダワリのブーツのクオリティは他のブランドでは出せない仕上がり。

大量生産をせず質のみを追求し、246℃の高温に40分耐え抜いた実験の逸話でも有名です。カスタムオーダーが可能なため、1から自分だけのブーツを作成できます。

 

参考価格:¥88,000円

公式サイト

 

 

 

 

REDWING(レッドウイング)

ワークブーツの定番ブランドとして長く愛される、1905年アメリカ発祥の伝統のシューズブランド。

 

高品質のレザーや抜群の耐久性、軽さに定評があるほか、アウトソールとボディの間にコルクを挟み、履く人の足型によって沈み込むことで自分だけの履き心地になる「コルクソール」でも有名。

定番のアイリッシュセッターは多くのセレクトショップで見かけますね。新品は履き心地がかなり固く、はじめは着用に苦労することが多いです。長年愛用して味を出していくのが楽しみのひとつ。写真の「アイリッシュセッター」のほか、「ベックマン」などが定番モデル。

 

参考価格:¥35,640

通販サイト

 

 

4.デザインで選ぶ10ブランド

特徴的なデザインで選びたい、人気のデザイナーズブランド。

 

banal chic bizarre(バナルシックビザール)

banal chic(シンプル・上質)とbizarre(奇抜)をかけ合わせた造語が由来のファッションブランドです。

一見シンプルながらジップ使いや奇抜なカラーリングなど一癖あるモードなブーツのラインナップ多数。こちらは両サイドにジップが施されている事により、ショート、ロングの2WAYで使えるブーツ。

 

ほとんどのシューズのヒールが高いのも特徴です。

 

 

参考価格:¥58,320

通販サイト

 

 

 

YEEZY(イージー)

世界的アーティストであるアメリカ人のカニエ・ウエストとアディダスが協業で展開するシューズ及びアパレルブランド。

定番のブーツはまるでスニーカーのような軽量性と履きやすさで、ブーツへの固定概念が覆るような作りです。

 

 

デニムパンツやスウェットパンツ、ジャージなどをインする着こなしが人気です。

 

参考価格:¥57,672

通販サイト

 

 

 

HENDER SCHEME(エンダースキーマ)

ナチュラルな風合い&色合いのヌメ革を用いたシューズや革小物が人気の日本のデザイナーズブランド。

ハイクオリティな作りと素材、他にはない独自のデザインが国内のみならず海外でも高い評価を得て、世界的に商品展開されています。

 

 

グッドイヤーウェルト製法により手入れをしながら長年愛用できるブーツが揃っています。

 

参考価格:69,120 円

公式サイト

 

 

 

MIHARA YASUHIRO(ミハラヤスヒロ)

日本人デザイナーの三原康裕氏が手掛ける人気アパレルブランド。

特にハンドメイドの凝った加工と履き心地のよいシューズの知名度が高く、ファッションにこだわりのある人たちに支持されています。

 

国内各所の旗艦店や大型百貨店などで展開されています。

 

参考価格:¥68,040

公式サイト

 

 

 

OFF-WHITE(オフ ホワイト)

建築会社勤務やスタイリストを経てブランドを立ち上げたアメリカ人デザイナー、ヴァージル・アブローによって2014年に設立されたファッションブランド。2014年スタートながら瞬く間に世界的に人気となり、近年最も成功したファッションブランドのひとつ。

 

 

 

洋服のデザインと共に、ハイキングブーツをリデザインしたボリュームあるブーツや、ドクターマーチンとのコラボレーションなど、シューズデザインにも非常に定評があります。

 

参考価格:¥78,840

通販サイト

 

 

 

 

O.X.S(オーエックスエス)

1991年の創業からイタリアに本拠地を構えるシューズブランド。ユーズド加工が施されたブーツやスニーカーを多くリリースしていて、そのデザイン性の高さから非常にコアなファンを獲得しています。

 

 

インパクト抜群なペイント加工のブーツは日本で被る事はほとんどないのではないでしょうか。

 

参考価格:¥ 55,282

公式サイト

 

 

 

JULIUS(ユリウス)

2001年に日本人デザイナーが設立した、世界的に知名度のあるモード系のアパレルブランド。

アンダーグラウンドなイメージの黒を基調としたファッションアイテムとともにシューズもブラックやホワイトなどモノトーンを使ったデザインがほとんどで、メンズでは数少ないロングブーツも毎年リリースしています。

 

 

参考価格:84,240 円

通販サイト

 

 

 

UGG(アグ)

ムートンブーツの代表的なブランドとして知られる、気持ちのいい履き心地がウリのオーストラリア発祥のシューズブランド。

天然のシープスキンは非常に柔らかく柔軟性に優れ、履き心地はどこまでも快適。

 

 

自然に湿気を逃してくれる素材の特徴もあり、実は夏でも快適に着用することが出来るんです。

 

参考価格:¥23,760

通販サイト

 

 

 

 

VISVIM(ビズビム)

VISVIM

世界中を旅した日本人デザイナー、中村ヒロキが手掛ける世界的知名度を誇るシューズブランド。

既存のワークブーツにはない快適な履き心地や通気性など機能性を備えつつ、各国での旅の経験にインスパイアされたという独特のエスニックなデザインが特徴です。

 

 

クッション性の高いソールは抜群の履き心地を提供してくれます。

 

参考価格:¥58,000

通販サイト

 

 

 

 

MOON BOOT(ムーンブーツ)

日本ではほとんど見かけない、非常にレアなイタリアのブーツメーカーです。スノーブーツのような大ぶりで分厚いフォルムが特徴で、カラーリングやデザインも非常に豊富。

 

 

こちらはスターウォーズのストームトルーパーをデザインしたブーツ。価格帯はだいたい1万円~3万円以下。人と被らないファッションを楽しみたい方は要チェックです!

 

参考価格:¥ 19,824

通販サイト

 

 

続いてオールデンやトリッカーズなど、スーツにも合わせられる人気ブランドを一挙ご紹介していきます!

 

SHARE THIS ARTICLE

RELATED POST

LATEST NEWS

2017.07.26

8/5発売! adidas Originals × Alexander Wang シーズン2

2017.07.25

Casbia x Champion(カスビア×チャンピオン)のラグジュアリーなコラボスニーカー

2017.07.24

イギリスの新鋭 MURA MASAのデビューアルバムが配信中

2017.07.20

BALMAIN×Beats(バルマン×ビーツ) コラボヘッドフォン&イヤフォン

2017.07.19

ユニクロ×J.W. アンダーソン 2017秋冬 メンズ&レディースアイテムが公開

2017.07.18

Comme des Garcons Homme Plus ×NIKE 2017秋冬 ダイナソーAF1が登場