常時100型近くが揃う「無地Tシャツ」専門WEBショップ「tshirt.co.jp」

スポンサーリンク
FASHION
スポンサーリンク

オシャレな人こそ颯爽と着こなす、無地Tシャツ。ポケット付きがいいか、丈は短めか長めか、生地は厚手か薄手か、着こなし方やその人の好みによって色々と欲しいものは分かれるもの。

anvil(アンヴィル)、Hanes(ヘインズ)、ユニクロのパックTなど、最近人気の無地Tシャツですが、国内の様々なメーカーのものも含めて常時100型近くの無地Tシャツを取り扱うWEBショップ「tshirt.co.jp」。

せっかく高いものを買ったのに乳首が透ける…価格の割に品質が悪い…そんなTシャツの悩みを抱えたことのある方は、ぜひ一度チェックしてみてください。高級ブランドはありませんが、卸値価格のコスパ◎なカットソーが揃っていますよ。

27

↑実は2015年末までは東京・中目黒に店舗があったのですが、惜しまれつつも閉店。

現在はWEBのみになり、直接触って着心地や素材感を確かめてから購入する事が出来なくなってしまい残念なものの、そのバリエーションの豊富さが嬉しいのは確かです。

7

取り扱いはTシャツ一つとってもベーシックなシルエットからスリム、ドライブレンド、Uネック、Vネックなど様々。

ポロシャツやスウェット、パーカーも取り扱っているので、ベーシックなユニクロはサイズ感が今一つ…なんて方にもおすすめです。

8

例えば「United Athle」のものは45種類のカラーリングを用意。価格も千円前後です。

取り扱うブランドも老舗制服メーカーが展開するユニフォームウェア(学園祭などでチームTを作るところ)から、90年近くの歴史を誇る国内のカットソーメーカー、定番のChampion、Anvil、Hanes、American Apparelなどほぼ卸売り価格て購入できるのも嬉しいところ。

セレクトショップやブランドの3千円~5千円の価格帯の無地Tシャツを買うなら、こちらをまずはチェックしたいですね。

9

7.1オンスでタフさと適度なゆとりがあるMAXIMUMのポケット付きカットソー(875円)がオススメです。

>オンラインショップ

タイトルとURLをコピーしました